リテラシー史研究会 調査、研究会 会誌「リテラシー史研究」 データベース 連絡用掲示板 メーリングリスト 関連記事 連絡先
リテラシー史研究会
 リテラシー史研究会は、近代において読み、書くという行為がいかに形作られ、変化してきたのか、という関心のもと、関連する研究や調査、史料の保存、整理、公開を行ってゆくことを目的としています。
 出版やメディア史、言語教育や読書環境の歴史、地域リテラシーの問題等、リテラシーの歴史に関わる多様な問題を考えてゆく場としたいと考えています。文学、教育学、歴史学等、分野を超えて学生や研究者が参加し、調査、研究スキルを高め、リテラシー史についての研究、調査の促進をはかってゆきます。
 早稲田大学和田敦彦研究室が事務局、及び責任者となっていますが、早稲田大学のみならず他大学の大学院生や卒業生も参加しています。上記の問題に関心のある方であればどなたでも研究会の活動への参加を歓迎いたします。

リテラシー史研究会ポスター(pdf) ダウンロード、プリントアウト、配布自由です。(7.6MB

調査、研究会

 基本的には毎月1回程度の調査、研究会を行います。現在は以下のような活動を行っています。場所や日程については、連絡用掲示板に適宜掲載されます。

・高美書店史料調査
・財団法人日本力行会蔵書調査
・早稲田大学図書館所蔵史料調査
・会誌の編集、発送業務、及び合評会
・海外日本語蔵書史史料調査
・懇親会

会誌「リテラシー史研究」
 近代において読み、書くという行為がどのように形作られ、変化してきたのか、という歴史への関心を共有しつつ、関連した研究、資料紹介等を幅広く行うための雑誌です。読書や書物の文化史、あるいは読者をとりまく出版環境、流通の歴史、言語教育・教材史やメディア史など、リテラシーの形成や変化にかかわる幅広い問題をとらえてゆきます。また、こうしたリテラシーの歴史に関わる史料の保存、整理、紹介についても考えゆける場としたいと考えています。
 2008年1月に刊行を開始し、年に1回発行してゆきます。会では、会誌に掲載する原稿を募集しています。どなたでも投稿可能ですが、採否に関しては事務局にお任せください。なお、『リテラシー史研究』は、各号発行の1年後にオンライン版として公開されますので、執筆者は事前にその旨、ご了承下さい。
目次
連絡用掲示板
 調査、研究会の連絡や出欠確認から飲み食いのお誘いまで幅広く活用してください。研究会への質問、広報や関係者近況などもどうぞ。携帯からの閲覧、投稿も可能です。
メーリングリスト
 この研究会では、メンバーどうしの連絡のために、メーリングリストを用意しています。一度に研究会関係者にメールを流したい場合に使ってください。登録制なので登録希望者は管理人までご連絡ください。この研究会に関心をお持ちの方ならどなたでも登録可能です。また、アドレスの変更や登録解除の際にはご連絡ください。
連絡先
早稲田大学和田研究室
関連サイト

和田研究室ホームページ

高美書店史料調査のページ

日本力行会史料調査のページ

(C) Atsuhiko Wada, Waseda University, 2007
関連記事
権並恒治「和田敦彦教授UBC訪問記」(『バンクバー新報』(2008年2月14日号、18-19頁)、転載許可修得済)
会誌「リテラシー史研究」オンライン版
 会誌『リテラシー史研究』は、最新号発行時に、その前号までの会誌をデジタル化して公開しています。第3号発行時には、第1号、第2号はオンラインでの閲覧が可能となっています。早稲田大学リポジトリから閲覧できますので、ご利用下さい。
 リテラシー史研究会データベース
会誌『リテラシー史研究』掲載の論に関連するデータベース(総目次、文献目録等)を公開しています。書誌データに関する論が会誌に増えてきたことを受けて、なるべくそれら書誌データの解題や意味づけ、データのサンプルを会誌で発信し、全体のデータはこのサイトで提供しています。