赤沼 哲史 教授


連絡先

〒359-1192
埼玉県所沢市三ケ島2-579-15 早稲田大学所沢キャンパス
100号館5階 530号室(研究室)、596号室(実験室)
Tel, 04-2947-6727(内線 76-3530)または04-2947-6811(内線 76-3596)
E-mail:akanuma @ waseda.jp(@前後のスペースを削除してください)

  • 早稲田大学研究者データベース
  • ORCID
  • ドイツ留学情報検索 - フンボルティアーナ紹介
  • 研究者リゾルバー
  • KAKEN
  • research-er.jp
  • J-GLOBAL

  • 略歴

    東京工業大学 理学部 生命理学科 大島・有坂研究室 卒業
    東京工業大学大学院 生命理工学研究科 バイオサイエンス専攻 大島・有坂研究室 修士課程修了
    東京工業大学大学院 生命理工学研究科 バイオサイエンス専攻 田中研究室 博士課程修了 博士(理学)取得
    理化学研究所 細胞情報伝達研究室 基礎科学特別研究員
    理化学研究所 横浜研究所 ゲノム科学総合研究センター タンパク質構造機能研究グループ 基礎科学特別研究員
    ドイツ ケルン大学 Prof. Dr. Sterner研究室 Alexander von Humboldt Foundation Fellow
    日本科学技術振興機構(JST)研究員
     兼 東京薬科大学 生命科学部 細胞機能学(現 極限環境生物学)研究室 客員研究員
    食品総合研究所 食品工学部 計測工学研究室(現ナノバイオ工学ユニット)特別研究員
    東京薬科大学 生命科学部 極限環境生物学研究室 助教
    早稲田大学 人間科学学術院 准教授
    現職 早稲田大学 人間科学学術院 教授


    2020年度担当授業

  • 環境微生物学
  • 環境生命化学実習
  • 人間環境科学概論(分担)
  • 専門ゼミI,II(極限環境生命科学)
  • 卒業研究ゼミI,II(極限環境生命科学)
  • 環境微生物学(eスクール)
  • 専門ゼミ(環境)(極限環境生命科学)(春)(eスクール)
  • 卒業研究ゼミ(環境)(極限環境生命科学)(秋)(eスクール)
  • 極限環境生物学特論(大学院)
  • 環境生物学実習(大学院)(分担)
  • 極限環境生命科学ゼミ(大学院)

  • 所属学会

  • 日本分子生物学会
  • 日本生化学会
  • 日本蛋白質科学会
  • 日本生物物理学会
  • 日本生物工学会
  • 日本進化学会
  • 生命の起原および進化学会
  • 日本地球惑星科学連合

  • 研究内容

  • 生命の起源、特にタンパク質の起源に関する研究
  • 全生物共通祖先とそれ以前のタンパク質の解析
  • タンパク質の実用化へ向けた合理的設計、進化分子工学、祖先型設計法によるタンパク質の改変
  • 熱安定なタンパク質を材料としたナノバイオ工学
  • 詳細はこちらを参照


    代表的な論文・著書

  • Ancestral sequence reconstruction produces thermally stable enzymes with mesophilic enzyme-like catalytic properties
  • Furukawa R, Toma W, Yamazaki K, Akanuma S.
    Sci. Rep., https://doi.org/10.1038/s41598-020-72418-4 (2020) Springer Nature
  • Establishment of mesophilic-like catalytic properties in a thermophilic enzyme without affecting its thermal stability
  • Akanuma S, Bessho M, Kimura H, Furukawa R, Yokobori S, Yamagishi A.
    Sci. Rep. 9, 9346, doi:10.1038/s41598-019-45560-x (2019) Springer Nature
  • Comprehensive reduction of amino acid set in a protein suggests the importance of prebiotic amino acids for stable proteins
  • Shibue R, Sasamoto T, Shimada M, Zhang B, Yamagishi A, Akanuma S.
    Sci. Rep. 8: 1227, doi:10.1038/s41598-018-19561-1 (2018) Springer Nature
  • Characterization of Reconstructed Ancestral Proteins Suggests a Change in Temperature of the Ancient Biosphere
  • Akanuma S.
    Life 7(3), 33; doi:10.3390/life7030033 (2017) MDPI
  • Reconstructed ancestral enzymes suggest long-term cooling of Earth's photic zone since the Archean
  • Garcia AK, Schopf JW, Yokobori SI, Akanuma S, Yamagishi A.
    Proc Natl Acad Sci USA 114(18), 4619–4624 (2017) PNAS
  • Robustness of predictions of extremely thermally stable proteins in ancient organisms
  • Akanuma S, Yokobori S, Nakajima Y, Bessho M, Yamagishi A.
    Evolution 69(11), 2954-2962 (2015) Wiley
  • Experimental evidence for the thermophilicity of ancestral life
  • Akanuma S, Nakajima Y, Yokobori S, Kimura M, Nemoto N, Mase T, Miyazono K, Tanokura M, Yamagishi A.
    Proc. Natl. Acad. Sci. USA 110 (27), 11067-11072 (2013) PubMed PNAS This Week in PNAS
  • 祖先型再構成タンパク質を用いた原始アミノ酸組成の探索
  • 赤沼哲史
    生物物理 59(1)、23-25 (2019) 日本生物物理学会 J-Stage
  • 耐熱性酵素の創成と好熱菌酵素の低温高活性化
  • 赤沼哲史
    ファインケミカル2月号 (2017) シーエムシー出版
  • ゲノム配列の比較から明らかになった初期生命の好熱性
  • 赤沼哲史
    地球化学 50, 199‒210 (2016) J-Stage

    ページのトップへ戻る