ヘルプの使い方 

 Mathematica で新しいことを学んだり,わからないことを調べたりするには,「ヘルプ」がたいへん重宝する.これがあれば市販の参考書はいらないと言ってもいいほどである.メニューバー(これ↓)の「ヘルプ」を選択すると、

ヘルプの項目一覧(これ↓)が出てくるので,一番上の「ヘルプ...」を選ぶと

以下のヘルプのウィンドウが現れる.

 そこには「組み込み関数」「アドオンとリンク」等の大項目のタブが並んでいる.それらを押すとさらに細かい項目が下部に表示される.それぞれの大項目は以下のような説明を表示するためのものである.赤字のものはこれからよく使う.

組み込み関数 Sin, Sort, Plot など関数毎の詳しい説明がある.
アドオンとリンク 特殊なパッケージの説明がある.
Mathematica ブック 同名の書籍と同じ内容がオンラインで読める.非常に便利.
Getting Started/デモ 簡単な入門とデモがある.
フロントエンド キーボードショートカットや2次元式の入力など,ある程度慣れてきたときに知っておくと便利な情報がある.余裕があれば読むとよい.
マスター索引 文字通り全索引が載っている.これは「組み込み関数」や「Mathematica ブック」で項目を探しきれないときに便利.

 とりあえず三角関数の sin の使い方を調べてみよう.「組み込み関数」タブを押し,「表示」ボタンの左側の余白に sin と入力して(このように↓) ENTER キーを押すと,

以下のような説明文が現れる.

 最初は関数 Sin(Mathematica に組み込まれている関数はすべて大文字で始まる)の Mathematica における定義が詳しく載っている.しかしこれでは実際どのように使うかがよくわからない.そのために「参照セクション」の右にある青い字のリンク「1.1.3」「3.2.6」が役に立つ.これらを押すと,Mathematica ブックの第 1 章 1.3 節,第 3 章 2.6 節にジャンプしてくれる.「1.1.3」の方が入門編で,「3.2.6」が上級編である.

 そこで,「1.1.3」の方を押してみよう.すると,表示が以下のように変わる.

上の大項目のタブは「Mathematica ブック」に変わっており,その下の目次の欄には本の目次の該当するところが出ている.なお,先ほどの組み込み関数のヘルプに戻りたければ,「戻る」ボタンを押せばよい.

 今は本文の一部しか見えていないが,適宜ウィンドウを大きくしたり,下にスクロールすれば実際の使用例や詳しい説明を読むことができる.下にスクロールしていくと以下のような Sin に関する説明が出てくる.

面白いのは説明中の例自身を修正・実行できることである.たとえば
 In[9]:=Sin[Pi/2]
のところを
 In[9]:=Sin[Pi/4]
に修正して,SHIFT+ENTER により実行しよう.すると以下のような結果を得ることができるのである.

では,ヘルプの練習として課題 2 をやってみよう.


トップページ