14th metaPhorest Seminar



チラシはこちら (pdf)

Andreas Greinerさん(アーティスト)
日時:2013年3月13日(水)16:00-18:00
場所: 早稲田大学 先端生命医科学センター(TWIns)
50号館 2F共用会議室AB
アクセス:http://www.waseda.jp/advmed/access/index.html
入場無料,事前申し込み不要

生命や生命科学の文化的・歴史的側面に関する研究者やアーティストを招き,(広い意味での)「アートにおける生命表現」や「生命科学の文化史」などに関する研究を紹介するmetaPhorestセミナー。

今回は,ドイツを基盤に活躍している新進気鋭のアーティスト,アンドレアス・グライナーさんに御登壇いただきます。グライナーさんは多岐にわたるパフォーマンス、テクノロジー・アート、メディア・アートを手掛けていますが、発光生物や微生物を用いたバイオメディア・アートの作品もしばしば手掛けておられます。グライナーさんがどのような観点からこうした作品を手掛けているのか、作品のご紹介を中心にトークしていただきます。

今回は、トーキョーワンダーサイトでのアーティストインレジデンスの参加で来日中の機会に,御登壇をお願いしました(展示はオル太、アリシア・キングとのコラボレーションで、3/9からトーキョーワンダーサイト本郷で開催中です)。

略歴:
1979年ドイツ、アーヘン生まれ。2012年ベルリン芸術大学卒業。
近年の主な活動に、"An Ageless Evening - A New World Order"(BMW Guggenheim Lab Berlin, 2012年)、"Public Abstraction, Private Construction"(Kunstverein Arnsberg, 2012)、"Berlin 2000-2011: Playing among the Ruins"(東京都現代美術館, 2012)、"Dominions"(Program_e.V.Berlin, 2011)、"Uberlebenskunst, Das Numen H2O"(House of World Cultures, Berlin, 2011)。IBB photography賞受賞(2012)、Call for futureプロジェクトへの助成 (Uberlebenskunst、The House of World Cultures, Berlin, The German Federal Cultural Foundation 、2010、2011)。アーティスト・イン・レジデンスとして、ゲーテ・インスティトゥート・サンクト・ペテルブルグ(サンクト・ペテルブルグ、ロシア、2011年)、Villa Strauli (ウィンタートゥール、スイス、2013年)など。

*本講演は,科研費 基盤研究(C)『ポストゲノム時代のバイオメディア・アートの調査研究』の支援,およびトーキョーワンダーサイトのご協力を受けています。なお,本講演では英語の通訳はつきません。

連絡先:
岩崎秀雄(metaPhorest,早稲田大学)
hideo-iwasaki (at) waseda.jp
http://www.f.waseda.jp/hideo-iwasaki/

本研究会のページ
http://www.f.waseda.jp/hideo-iwasaki/metaphorest_seminar14.html

【ご注意】TWInsの最寄り駅は,大江戸線若松河田駅です。


第1回(福原志保さん+Georg Tremmelさん(BCL, Biopresence))(2008.1.14)の参考ページはこちら
第2回(滝田順さん)(2008.9.16)の参考ページはこちら
第3回(田中浩也さん)(2008.11.25)の参考ページはこちら
第4回(林真理さん)(2009.1.17)の参考ページはこちら
第5回(Oron Cattsさん)(2009.12.3)の参考ページはこちら
第6回(Joe Davisさん)(2011.9.30)の参考ページはこちら
第7回(Juan Manuel Castroさん)(2012.4.20)の参考ページはこちら
第8回(秋庭史典さん)(2012.6.2)の参考ページはこちら
第9回(Alicia Kingさん)(2012.6.20)の参考ページはこちら
第10回(銅金裕司さん)(2012.7.11)の参考ページはこちら
第11回(米本昌平さん)(2012.7.27)の参考ページはこちら
第12回(Revital Cohenさん + Tuur van Balenさん)(2012.11.8)の参考ページはこちら
第13回(椎名亮輔さん)(2013.2.28)の参考ページはこちら