発表論文など


こちらに最新情報があります。ご覧ください。
Researchmapサイト

修士論文(大学院)

2020年度(第1期生)

人工林内の異なる下層植生群落におけるクモ群集の特徴

卒業研究(学部)

2020年度(第5期生)

SDGs 時代のフードサプライチェーンにおける食品ロスの発生要因

佐渡島におけるトキとの共生を目的にした環境保全型農業の役割及び課題

早稲田大学所沢キャンパスB 地区湿地における水生生物の多様性と要因分析

持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けた市民参加型の未来都市形成の重要性

所沢キャンパスB 地区湿地におけるカヤネズミ(Micromys minutus)個体群動態への内的・外的要因の評価

2019年度(第4期生)

エイジングに伴う昆虫への嗜好性変化の分析

ラオス北部農山村における家畜飼育支援とその生活様式への影響評価

自然エネルギーを利用した身近な調理器としてのソーラークッカーの普及に向けた提言

幼少期の生活及び自然体験の違いが大学生の農業及び農村の理解度に及ぼす影響

J-クレジットの購入選択の要因及び均衡価格の検証

所沢キャンパス周辺に自生するジャノヒゲ(Ophiopogon japonicus)の成長特性の解明

所沢キャンパス周辺の二次林における哺乳類及び鳥類の生息状況

2018年度(第3期生)

所沢キャンパスB地区における二次林の管理状況とクモ類の多様性の関係

マツタケ生産を目的にしたアカマツ林管理についての考察

石川県能登町におけるJ-クレジット制度を活用した森林管理促進への提言

プロ野球のバット材におけるアオダモのステークホルダーによる協同管理のあり方

所沢市の森林開発の要因分析及び保全のあり方の提案

コナラ(Quercus serrata)の菌根菌との共生がその成長に与えている影響の評価

石川県能登町当目地区での地域活動における住民参加の重要性

都市と地方におけるジェンダー認識とそれぞれの地域における環境保全活動との関係

2018年度(e-schoolの第1期生)

木質バイオマス活用による地域経済の活性化と里山保全

太陽光発電普及に向けたポテンシャル分析-地域の小規模太陽光発電による地域への経済効果-

2017年度(第2期生)

気候変動による自然環境の変化に関する大学生の意識比較と変化への適応に向けての提言

電気自動車のカーシェアリングにおける環境改善効果と普及促進の提言

さつまいも畑における有機堆肥の投入有無による土壌炭素量の評価

石川県の海岸における海浜植物の分布とそれに影響を与える要因の解明

管理方法の異なる都市部の緑地帯における生物多様性の評価と保全活動の提案-代々木公園と国立科学博物館附属自然教育園を事例に-
保全生態学的観点から見た特定外来生物に指定すべき外来魚とその優先度の検討

2016年度(第1期生)

中山間地域における耕作放棄地の発生要因の解明

ラオス北部における地域住民の環境意識に関係する生活スタイルの評価

CO2 吸収源及び木材資源としての効果的なカラマツ林管理方法の提案-長野県北相木村を例題に-

中山間地域におけるの自然環境保全寄与す村留学あり方-長野県北相木村と山口県岩国市本郷を事例に-

環境配慮行動の意識喚起をテーマとするイベントが参加者の環境意識に与える影響