店田廣文ホームページ

 
 

2020年3月末をもって、早稲田大学を退職しました。

2020年4月以降は、店田廣文ホームページとして、これまでの活動実績と、ゼミ卒業生情報、ゼミ同窓会、これからの諸々の活動について、掲載していきます。


 1987年の所沢キャンパスの人間科学部開設と同時に設立された店田廣文研究室では、1991年3月から2020年3月まで、30期生までの卒業生を輩出しました。同研究室では、アジア社会を対象とする教育研究を中心に、新潟、長野、埼玉各県の都市農村調査、マレーシアのマラヤ大学学生意識調査、日本への留学生調査の他、日本・マレーシア・ベトナムでの少子高齢化調査などの他、2000年以降は、戦中期日本のイスラム研究や、日本におけるムスリム調査や全国のモスク(イスラム礼拝所)調査、地方自治体の多文化共生政策、帰化ムスリムの調査などを実施しました。

 2020年4月以降も、戦中期日本のイスラム、現在のイスラムやイスラム教徒、そして、エジプト関連の研究活動の成果を、少しずつまとめて行く予定です。こうした研究活動とは別に、諸々のボランティア活動も実施する予定です。コロナ禍のため、なかなか思い通りには動けず、また諸々の活動も少ないですが、徐々に、活動を始めつつあります。

 2020年度には、多民族多世代社会研究所の報告書として、「帰化ムスリム調査報告書 2020年」および、「世界と日本のムスリム人口 2019/2020年」の2つを作成しました。ご関心をお持ちの方は、ご連絡ください。

 2021年度もコロナ禍のため、フィールド調査による調査研究を行うことは難しく、文献や統計データによる分析を考えましたが、取りあえず、日本のムスリム人口の2020年度末までの推計を別途報告書で刊行しました。下記の 滞日ムスリム調査プロジェクトのウェブページ(https://imemgs.com)をご覧下さい。

 2022年度もコロナ禍は続いておりますが、少しは変化がありそうです。新たな仕事というより、これまでの資料のデジタル化や、報告書の公開など、ウェブページを利用した活動を考えています。その他、具体的な成果が得られましたら、随時、報告させていただきます。

 

  滞日ムスリム調査プロジェクトのウェブページ(https://imemgs.com)は、ひとまず更新が完了して、仮に公開中です。まだいろいろと更新したい部分はありますが、新しいウェブページとして公開しています。これまでの主な調査報告書や、私の個人的な論文などもダウンロードできるようになっています。引用・参照等された場合は、その旨、明記してご利用下さい。宜しくお願いいたします

 連絡先は、従来通りの以下のメールアドレスとなります。


 今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。

                                     店田廣文

                      htanada(a)waseda.jp

                                    ( @に変換してメール下さい)


お知らせ:ハンガリーの女子大学生が日本のイスラム教徒に関する論文を作成中です。日本人のイスラム・ムスリム認識に関するアンケートを実施しています。無記名でGoogle formでの回答です。ご関心のある方は御協力下さい。

アンケートは、以下のURLをクリックして下さい。(2022年2月26日掲載)


https://forms.gle/NXgiFLpXJJhxBSxE6



付記:このホームページ自体も、相変わらず、更新作業中です。従って、各ページの写真や資料など、未整理のまま掲載しているのが現状です。徐々に整理していますので、ご了承下さい。(2022年4月9日現在)

Tanada Hirofumi (Professor Emeritus、Waseda University)