情報生産システム研究科 IPS

IPS建物

 早稲田大学大学院 情報生産システム研究科( Waseda University Graduate School of Information, Production and Systems; 略称 IPS )は、福岡県北九州市の「北九州学術研究都市」にあります。
 IPSでは、北九州市という日本の工業の一拠点として、長年にわたって引き継がれ蓄積された高度な技術やノウハウを持つ地域の特性を生かした特色のある教育・研究を進めています。
 また、IPSは、産学官が一体となった「北九州ヒューマンテクノクラスター構想」や「地域新生コンソーシアム研究開発事業」への参画など、研究成果を地域にフィードバックし新産業の創出にも貢献しています。
 IPSでは、「 情報アーキテクチャ( Information Architecture ) 」「 生産システム( Production Systems ) 」「システム LSI ( System LSI )」の3分野をトータルにとらえ、最先端の情報とLSI技術を生産システムとその管理に活用できる広く高度な専門的知識の教育・研究機関として、国内のみならずアジア・太平洋地域を含めた国際化時代に求められている専門技術者の養成を目指しています。

研究室について

「整理 ・整頓 ・清潔 ・清掃 」を「モットー」にクリーンな研究室を心掛けています。

「生産システム」分野をメインとした
 センサ・アナログ電子回路・計測工学・信号解析・統計解析法・マンマシンインターフェースの基礎と応用
特に、専門とする「設備診断技術」を基盤として、
 開発から生産、物流まで製造業の企業活動全般に関わる幅広い技術領域を研究対象としています。

↑このページの上へ

研究シーズ

研究シーズ

↑このページの上へ

研究展望

 ♦「ユビキタス・インテリジェントセンサ」
 センサの小型化や価格の低下、ネットワーク環境の急速な整備により、数千個に及ぶセンサがネットワークにつながることで新しいサービスを生み出す可能性が出てきています。ユビキタス・インテリジェントセンサは、ハードウェアが共通で、処理する内容を自由に書き換えることが可能です。
 ♦「設備診断技術」
 主に工場などの電気設備の診断監視、安全管理を主たる目的としてきましたが、ユビキタス・インテリジェントセンサを活用することにより、応用分野もさらに広がり、いろいろな方面におけるきめ細かな診断・処理が可能になり、今後急速な発展が期待されます。

↑このページの上へ