2004年度総合講座


環境論の課題と実践
「水俣」 を感じる/伝える




各回レジュメをクリックすると認証ダイアログが開きますので教室授業でお知らせしたID,パスワードを入力してください

第1回レジュメ

第2回レジュメ


第3回レジュメ


 
ワークショップとは……

講義など一方的な知識伝達のスタイルではなく、参加者が自ら参加・体験して共同で何かを学びあったり造り出したりする創造のスタイル。「参加」「体験」「グループ」がキーワードとなる学習法。
双方向的、全体的、ホリスティック(全包括的)な「学習」と「創造」の手法をいう。
(中野民夫『ワークショップ』、2001、岩波新書)


NHKスペシャル「15歳・心の軌跡」(2003年11月8日放映)

『TOMOKO AND MOTHER』

ユージン・スミス、アイリーン・スミス『写真集 水俣』……

ユージン・スミスは1918年アメリカ生まれ。妻アイリーン・スミス=1950年東京生まれ。ユージンは世界的に有名な写真家で、1971年から74年まで、アイリーンと水俣に住み、精力的な撮影活動を展開した。アメリカに帰国後の1975年にHOLT社より英語版の『MINAMATA』を出版。この前後に日本
各地で写真展を開催する。
日本版は1980年に三一書房より刊行された。ユージン・スミスは1972年1月におきた五井事件によって負傷し、その折の怪我がもとで、1978年10月に他界した。




病気の発生と発症のメカニズムについて

はじめに……

今回の資料は、水俣病センター相思社より提供を受けている。水俣病センター相思社とは、1974年に設立された、水俣病患者および関係者の生活全般の問題について相談、解決にあずかるとともに、水俣病に関する調査研究ならびに普及啓発を行うことを目的とする法人である。
http://ww7.tiki.ne.jp/~t-hirotsu/soushisha/Soshisha_panphlet.htm)。


また、水俣病関連の資料を10万点以上収蔵する、世界最大のアーカイブでもある。
(http://www.soshisha.org)。



金井研究室トップに戻る