公開講演会のお知らせ  
   
         
  主催:早稲田大学教育学部  
  協力:金井景子研究室、水俣と福島を結ぶゆんたくグループ
 

学校が避難所になった日々 ー福島の経験を語ろうー

澤井史郎(いわき市立勿来第二中学校校長)

とき:  2014年1月23日(木)18:00-19:30
ばしょ:早稲田大学本部キャンパス16号館501教室

   

震災、そして原発事故が起こった福島で、学校に多くの方々が避難をされました。今回、お話いただくのは、いわき市の中学校で、先生方や地域の方々と協力し、2011年3月から5月にかけて、避難所を運営された校長先生です。
澤井先生の語りに、耳を澄ませると、そこにどんな風景が見えてくるか・・・
確かめに来てください。お待ちしています!

  澤井先生からのメッセージ
 

いつも子どもに寄り添う教師でありたいと思います。もし教師がチャレンジすることを忘れたら、子どもたちはそこから学ぶことができなくなるからです。常にチャレンジし続けたい。



一般来聴大歓迎