早稲田大学教育総合研究所教育最前線講演会シリーズXIX

LGBT問題と教育
現場

―  いま、わたしたちにできること ―

主催:早稲田大学教育総合研究所
共催:教育学部、大学院教育学研究科、大学院教職研究科
協力:早稲田大学教育学部金井景子研究室

日時:2014年12月20日(土)14:00〜17:00(開場13:30)
場所:早稲田大学14号館102教室
※事前予約不要、参加費無料
公式ホームページ

   趣旨: 
今年になって、「学校における性同一性障害に係る対応に関する状況調査について」(文科省)が
発表されるなど、LGBT問題に大きな注目が集まっています。
40人クラスに1人から2人はいるとされる当事者の生徒たちにどう向き合うか、
現場での本格的な対応は、始まったばかりです。
今回は、薬師実芳さん、杉山文野さんのお二人に、
実践しておられるプログラムを披露していただき、徹底討論を行います。

  講演

LGBTの子どもも過ごしやすい学校について考える
薬師 実芳(やくし みか)
NPO法人ReBit 代表理事)

ダブルハッピネス 〜辛さが2倍なら楽しさ2倍〜
杉山 文野(すぎやま ふみの)
(NPO法人ワセダクラブ ジュニアフェンシングスクールコーチ、NPO法人グリーンバード 歌舞伎町チームリーダー)

討論

司会:金井景子
(早稲田大学教育・総合科学学術院 教授)
 

  ※お問い合わせ TEL:03-5286-3838
    E-mail :IASE@list.waseda.jp
    公式ホームページ