「“声”を聴く
   ~顔の見える防災教育とは?~」

              

日時: 2016年1月23日(土) 14:00~16:30(開場13:30)
場所: 早稲田大学早稲田キャンパス 16号館401教室

 どなたでもご参加いただけます。入場無料です。







 

 これまでの開催内容はこちら⇒

 2011年3月11日に発生した東日本大震災。記憶にまだ新しい未曽有の震災から、奮闘しながらも懸
命に生きて来られた皆さんが口にされるのは、「この震災の犠牲を無駄にしてほしくない」ということでした。
連続講演会シリーズ「被災地の声を聴く」は、企画者の金井景子(早稲田大学教員)と大場黎亜(教育学研究
科平成26年度修了生)が、〈現場〉で出会い、大きな刺激を受けた方々の声を直接お届けして来ました。
 講演会での出会いが契機となり、被災地の実地踏査や農業体験、大学を離れてのイベント支援などの輪も、
拡大しています。これから私たちに何が出来るか―ご来場の皆さんと一緒に考えます。

お待ちしています!!