空飛ぶ稲/川辺 舞

ひょぅっ、空を飛ぶ稲。
べちゃっ、服に飛ぶ泥。

汚れることに、なんだか高揚感。

じとり、湿度上がる麦わら。
ぎらり、温度上がる背なか。

痛む腰に、なんだか達成感。

ばくり、炊きたての飯をほおばり
にやり、思わず目が合って、笑い合った。

同じ田の泥にまみれ、同じ釜の飯を食う。
ずっと昔から、そうだったかのように。

ここでは、背伸びなんかしなくていい。
ハイヒールなんてはかなくていい。
長靴を履いて、泥にまみれていい。

汚れたら、小川の水をかけてくれる人がいる。
おなかが空けば、米を食えと言う人がいる。

疲れても、帰ってこいと言ってくれる人がいる。

あの山が、あの田んぼが、あの人が、私を待ってる。

   
作品リストに戻る
ページのトップへ戻る