「ジュピター」

人物…清水 英一さん 文責…長谷川 玲奈

 村の人との交流会の中で私達は、前回も仲良くしていただいた農家の清水英一さんのお話も伺ってみました。清水さんは教育長として卒業式などで演説をするなかなか偉い方であるはずなのにいつも私たちに気さくに話しかけてくださいます。今回はそんな清水さんと、夜の交流会を踏まえて二日目のお昼にお話を伺いました。昼食の時間、いつもどおりとりとめのない会話を楽しんでいたのですが、ふとした瞬間、「昨日の歌はどうですか」と聞いてみたら清水さんはしんみりした表情になり、「泣きそうになったよ」と答えたのです。私たちは昨夜、村の方々にサプライズとして「ジュピター」という曲をプレゼントしました。その曲は、南三陸町の震災紹介ビデオの歌に使われており、村の方々にとって大きな意味を持っている曲であり、真摯に胸に迫ってきたのでしょう。私達の拙い歌で喜んでいただいたのかと思うと本当に嬉しかったと同時に、震災のことや福島のことを忘れてはならないと心に誓いました。

 

   
見出しに戻る
ページのトップへ戻る