はじめに

+ 新しい物質が作り出す新しい物性
 

 
身の回りの物質の多くは「結晶」と言って、ミクロに見ると原子が整然と並んでおり、
その間を電子が動き回っています。結晶内の電子は、原子核から力を受けたり、
電子同士が力を及ぼしあったりする結果、集団として予想もつかない多彩な振舞いを示します。

電気が流れたり(
金属)、流れなかったり(絶縁体)、磁石にくっついたり(強磁性体)、
電気抵抗が0になったり(
超伝導体)。これらはすべて、結晶内の電子が生み出す性質の一例です。


我々の研究室では、新しい物質を作り出すことにより、電子の新しい舞台を作り出して、
その舞台の上で電子の新しい振る舞いを調べています。



Go to index