研究内容

結晶中の電子は、電荷の自由度スピンの自由度軌道の自由度などが複雑に絡み合っており、
その結果、集団として予想もつかない多彩な振る舞いを示します。
特に、強相関電子系と呼ばれる一連の新物質においては、新しい物理が発現する大きな可能性が秘められています。
私達の研究室では、
(1)新物質開発 と (2)物性測定による物理の解明 の両面から
新しい物理の開拓を目指しています。
すなわち、自らの手で新物質をつくりつつ、それに摂動(電場、磁場、光など)をかけて応答を見ることにより、
そこで起こっている現象を探るわけです。

 具体的なテーマは以下の通りです。





+ (1)   電荷整列とそのドーピングによる融解現象
+ (2)   磁性と誘電性が結合した系における“magnetocapacitance”効果
+ (3)   新しい希薄磁性半導体の開発
+ (4)   乱れた系の相転移の複素比熱測定
+ (5)   R-RAM 電場誘起抵抗変化とメモリー効果の研究
+ (6)   磁場下での分光測定
+ (7)   アモルファス酸化物薄膜のFET
+ (8)   スピネル型遷移金属酸化物のラマン散乱
+ (9)   層状構造酸化物における新物質開発
+ (10)   強磁性や強誘電性を併せ持つmultiferroic薄膜の研究




Go to index