Xwaves

 

2004/06/12

H.Kikuchi

 

Xwavesは、Entropic社により開発された音声信号処理パッケージソフトウェアESPS/waves+に含まれる音声ブラウジングツールです。以下にXwavesの使用方法について説明します。

 

1. Xwavesの起動と基本ウインドウ

%xwaves ファイル名

 

例)%xwaves 音声ファイル名(ESPS/waves+形式)

テキスト ボックス: Xwavesコントロールウインドウ
テキスト ボックス: Xwavesサブコントロールウインドウ

 

 

テキスト ボックス: メニュー

 2. 音声波形ウインドウ内の基本操作

(1) 表示位置の変更(スクロール)

(a)     任意の位置への移動            スクロールバー上で移動したい位置にカーソルをあわせマウス中ボタン

(b)     前方への移動                      スクロールバー上でマウス左ボタン

(c)     後方への移動                      スクロールバー上でマウス左ボタン

(2) メニュー表示                              マウス右ボタン

(3) 範囲のマーク                              マウス左ボタンおよびドラッグ

(4) 音声の再生

(a) ファイル全体の再生            メニュー”play entire file”

(b) 表示領域の再生                   メニュー”play window contents”

(c) マーク位置から先の再生     メニュー”play to end of file”

(d) マーク範囲の再生                メニュー”play between marks” または表示領域内でマウス中ボタン

(5) ズームイン・ズームアウト

(a)     固定倍率でズームイン        メニュー”zoom in”

(b)     固定倍率でズームアウト     メニュー”zoom out”

(c)     指定範囲を表示                   マーク後、メニュー”bracket markers”

 

 

 

 

 

3. ラベル表示・保存

コントロールウインドウのxlabelボタン を押すとxlabelウインドウが現れる。

"Label file"の位置で表示(保存)したいラベルファイル名を入力(最後に改行を忘れずに)。

なお、ラベルウインドウ内での編集操作ごとにその時点でのラベルがファイルに記録される(直前のラベルは"BAK"が付加されたファイル名で保存される)。

4. Xwavesの終了

コントロールウインドウの”quit”ボタン を押す。

 

参考:分節音ラベリング(Xwavesを用いた分節音ラベリング作業の方法についての解説)

参考:seg (分節音ラベリング用シェルスクリプト)

 


 

Copyright ©2004 KIKUCHI Hideaki All rights reserved.