北原研究室の活動

北原ゼミ(教養演習)

毎年、秋学期に教養演習「言語情報研究X」(XにはA, B, C...など適当なア ルファベットが入る)を開講しています。登録した学生は、研究室の設備を授 業時間に限らず、その年度中自由に利用できます。演習の授業内容は音声学を 中心とした最近の研究動向のReviewですが、並行して、科学的な探求のための コンピュータスキル全般の実習を行います。以下に示すスキルが主なターゲッ トです。

  • Linuxの操作全般とネットワーク管理
  • HTML/CSS編集とWeb page作成
  • LaTeXによる論文作成
  • perl, ruby, shell, tcl/tkなどのスクリプト言語習得
  • 様々なデータベースの操作と分析
  • R, octave, gnuplotなどによる統計や数値解析
  • praat, soxなどによる音声信号処理と解析
  • E-primeなどによる心理実験

北原研究室の機材/設備

音声学/心理学実験と分析のために以下のような機材を保有しています。録音 は8-718教材編集室の防音ブースが利用できます。

  • 収音系

  • タイピンマイク: Sony ECM-T115 x 1
  • ダイナミックマイク: Roland DR-10 x 1
  • コンデンサーマイク: AKG C1000S x 1
  • マイクスタンド:
  • ヘッドセットマイク: audio-technica AT810F x 1 audio-technica AT30COM x 1
  • ミキサー: Boss BX-4 x 1
  • ICレコーダー: Roland R-09 x 8 Marantz PMD600 x 1
  • 音声再生系

  • 実験用ヘッドフォン: STAX SR-202 x 2
  • ヘッドフォンアンプ STAX SRM-212 x 2
  • 分析用ヘッドフォン: Sony MDR-Z600 x 1 audio-technica ATH-AD400 x 1 Panasonic RP-HT750 x 1
  • スピーカー ONKYO GX-20AX x 1 pair
  • その他

  • USB-audio コンバータ: IO data D2VOX x 1 Edirol UA3-D x 1
  • 騒音計: SATO SD-325 x 1
  • CD/MDラジカセ aiwa lcx-md250 x 1
  • MDレコーダ DENON DMD-M31 x 1
  • Pen tablet: Wacom PTZ-630
  • PC

  • 学生/被験者用: lenovo R60e x 3 lenovo R51e x 1 Lesance NB x 1
  • サーバー: pc-kobo ? x 1
  • 教員用: prime supermini x 1 prime ? x 1
  • バックアップ:
  • Storage: Kurobako x 3

主な研究のトピックとダウンロード可能な論文

  1. 機能負担量
    • Mafuyu Kitahara (2005) ``An estimation of the functional load from the frequency of phonological oppositions, '' slides presented in Phonology Forum 2005, Fukuoka University, Aug. 25 [PDF (281KB) ] Also see my PhD thesis below.

  2. 日本語のピッチアクセント
  3. 発話のリズムと力学
    • Bushra Zawahdeh, Keiichi Tajima and Mafuyu Kitahara (2002) ``Discovering Arabic Rhythm through a Speech Cycling Task,''
      in Dilworth B. Parkinson and Elabbas Benmamoun (eds.) Perspectives on Arabic Linguistics XIII-XIV, Amsterdam/Philadelphia: John Benjamins, pp. 39-58. [PDF (254KB)]
    • Mafuyu Kitahara, Tadao Murata and Haruka Fukazawa (2003) ``Rate induced resyllabification and sonority scale in Japanese,'' presented at the 15th ICPhS, Barcelona. [Poster: gzip-ed post script (1.5MB)] [Paper: PDF (104KB)]

  4. 最適性理論
    • Haruka Fukazawa and Mafuyu Kitahara (2005) ``Ranking paradox in consonant voicing in Japanese,''
      draft prepared for J. van de Weijer, K. Nanjo, and T. Nishihara (eds.) Voicing in Japanese, Berlin/New York: Mouton de Gruyter, pp. 105-121
      [Abstract ] [PDF (262KB)] [gzip-ed post script (127KB)]

研究のためのスクリプト、プログラム、ソフトの使いかたメモなど