作品短評: Earth from Above on the Web 文化庁メディア芸術祭受賞作品

新しい視点から地球を再発見する

Rediscovering the Earth from a New Viewpoint

2000年9月



草原真知子(メディアアート・キュレーター)
Machiko Kusahara (media art curator)


 いま、インターネットと文化を考える上で重要なことがいくつかある。その一つは、グローバルでインターナショナルなメディア、というインターネットのそもそもの性質を、どのように保持し、育てていくかということ。もう一つは、インターネットが新たな映像・音響メディアとして開花しつつある、ということだ。Earth from Above は派手な作品ではないが、この新しいジャンルにおける一級の芸術作品であるだけでなく、このようなインターネットの特質を十分理解した上で、ひとつのあり方を提示している。

 このサイトを訪れ、地球儀を回し、好きな地点から空中散歩の旅に出る。自然と人々とが織りなす地球のさまざまな表情が、ゆったりと展開する。上空からの視点は、インターネットを通じて、私たちは地球という私たちの世界を共有していることをまざまざと感じさせる。空中撮影としても稀にみる素晴らしいショットの数々が、上質のインタフェースデザインと技術力(リーズナブルなダウンロード・タイムで、ダイアルアップでも十分楽しめる)によって、マルチメディアの特質を生かした映像作品に仕上がっている。
 写真家とウェブデザイナーの仕事の見事なコラボレーションが光る。このようなウェブをさりげなく提供しつづけているスポンサーにも拍手を送りたい。

(文化庁月報掲載)



BACK