中国第二歴史档案館

近況報告

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。告知が遅くなりましたが、津田左右吉『日本の皇室』 (中公クラシックス)中野目徹編『近代日本の思想をさぐる: 研究のための15の視角』(吉川弘文館)に論考を掲載しました。ご笑覧ください。3月には北京大学にて大学院生向けの特別講義を行う予定です。とても楽しみです。

最新情報&更新情報

2019.1.29 『東京大学新聞』記事「身近なネコの意外な素顔」にてコメントが掲載されました。

2019.1.9 津田左右吉『日本の皇室』 (中公クラシックス)の解説「戦後象徴天皇の出発と津田左右吉」を執筆しました。

2018.12.15 青山学院大学で行われた青山学院大学史学科・史学会50周年記念シンポジウム「国際環境下の明治―「明治150年」の研究成果から考える“明治史”」にて「明治思想史研究―人物研究の現状と課題」を講演しました。

2018.11.30 『読売新聞』記事「動物愛護のいま(3)家畜にも健康的な環境」にてコメントが紹介されました。

2018.11.30 奈良県立畝傍高等学校にて「歴史を研究するということ」を講演しました。

2018.11.25 福井県南砺市にて行われた「松村謙三先生を伝えようフォーラム2018」において「大隈重信と政治家育成機関としての早稲田大学―松村謙三との関わりを中心に―」を講演しました。

2018.11.17 中国・中山大学で行われた国際シンポジウム「近代東アジアにおける知識移転と政治変容」にて「明治維新と政党認識―政党の「部分性」と公共性・ナショナリズムの相克―」を報告し、またシンポジウムの総括コメントを担当しました。

2018.11.14 中野目徹編『近代日本の思想をさぐる: 研究のための15の視角』(吉川弘文館)に「第4講 学校 東京専門学校と「早稲田精神」を執筆いたしました。

2018.11.11 中国・上海外国語大学で行われた「アジア・アフリカ研究の視野における日本学国際シンポジウム」にて「東アジアの動物慰霊碑―日本動物慰霊文化の影響・反発・変化―」を報告しました。

2018.11.10 佐賀新聞記事「さが維新ひと紀行(45) 大隈重信(1838〜1922) 初の政党内閣樹立」にてコメントが紹介されました。

2018.11.8 10MTV.comの記事「「思慮ある民意」はあり得るのか 政治家・大隈重信が遺したもの」にて著書が紹介されました。

2018.10.28 佐賀新聞記事「さが維新前夜(43)大政奉還と佐賀藩 内戦回避へ早期に構想」にて著書内でのコメントが紹介されました。

2018.10.13 早稲田大学春秋会にて「大隈重信―民意と統治の相克」を講演しました。

2018.7.28 中国・南開大学で行われた国際シンポジウム「明治維新与近代世界国際学術検討会」に参加し、研究報告「反欧化主義者の政党認識―東アジア的文脈のおける議会と政党」を行い、またロバート・ヘリヤー氏の報告「中国から学び、西洋に売り込む―文明開化における中国のノウハウ」のコメンテーターを務めました。

2018.6.19 『史学雑誌』127編5号特集「2017年の歴史学会―回顧と展望―」に「日本 近現代 一 総論」を執筆いたしました。

2018.5.18 早稲田大学文学部日本史コースホームページが一般公開されました。

2018.3.19 『早稲田大学史記要』49に講演録「停滞は死滅である―大隈重信の生涯と人間像」が掲載されました。

2018.3.6 『明治史講義〈テーマ篇〉』(ちくま新書)に「明治一四年の政変―大隈重信はなぜ追放されたか」を執筆しました。

2017.12.12 NHK教育テレビ『知恵泉』「大隈重信 自分は変えられる 50代からの愛され術」に出演しました。

2017.10.30 YOMIURI ONLINE(読売新聞社)内のWASEDA ONLINEに「巷に溢れる「猫の歴史」に異議あり!」と題する文章を発表いたしました。

2017.10.29 中国・南開大学で行われた第二回東アジア日本研究者協議会国際学術大会にて「明治一四年の政変再考」と題する研究発表を行いました。

2017.10.21 奈良県立畝傍高等学校にて「歴史を研究するということ」を講演しました。

2017.6.1 雑誌『文芸ラジオ』3(特集:猫というメディア)に「猫、その受難の歴史―日本近現代史のなかで―」を執筆いたしました。

2017.5.14 佐賀市大隈重信記念館で行われた「大隈祭」にて「停滞は死滅である―大隈重信の生涯と人間像―」を講演いたしました。

2017.3.15 『早稲田大学大学院文学研究科紀要』62に論文「日本統治時代台湾の動物慰霊碑―畜魂碑・獣魂碑を中心に―」を発表しました。

2017.2.28 『早稲田大学史記要』48に講演録「『大隈重信関係文書』活用のために―利用者の立場から―」が掲載されました。

2017.2.10 『大隈重信―民意と統治の相克』を中央公論新社(中公叢書)より刊行しました。