中国第二歴史档案館

近況報告

日本史コース運営主任を9月に退任することになりました。ようやく重荷から解放……と思う間もなく、いろいろな締切が待ち受けています。かならずしも自身の業績として名前が残る仕事ばかりではありません。他から与えられた仕事に振り回され、本来の研究が全くできていないことが悲しいですが、頑張ります。

最新情報&更新情報

2018.6.19 『史学雑誌』127編5号特集「2017年の歴史学会―回顧と展望―」に「日本 近現代 一 総論」を執筆いたしました。

2018.5.18 早稲田大学文学部日本史コースホームページが一般公開されました。

2018.3.19 『早稲田大学史記要』49に講演録「停滞は死滅である―大隈重信の生涯と人間像」が掲載されました。

2018.3.6 『明治史講義〈テーマ篇〉』(ちくま新書)に「明治一四年の政変―大隈重信はなぜ追放されたか」を執筆しました。

2017.12.12 NHK教育テレビ『知恵泉』「大隈重信 自分は変えられる 50代からの愛され術」に出演しました。

2017.10.30 YOMIURI ONLINE(読売新聞社)内のWASEDA ONLINEに「巷に溢れる「猫の歴史」に異議あり!」と題する文章を発表いたしました。

2017.10.29 中国・南開大学で行われた第二回東アジア日本研究者協議会国際学術大会にて「明治一四年の政変再考」と題する研究発表を行いました。

2017.10.21 奈良県立畝傍高等学校にて「歴史を研究するということ」を講演しました。

2017.6.1 雑誌『文芸ラジオ』3(特集:猫というメディア)に「猫、その受難の歴史―日本近現代史のなかで―」を執筆いたしました。

2017.5.14 佐賀市大隈重信記念館で行われた「大隈祭」にて「停滞は死滅である―大隈重信の生涯と人間像―」を講演いたしました。

2017.3.15 『早稲田大学大学院文学研究科紀要』62に論文「日本統治時代台湾の動物慰霊碑―畜魂碑・獣魂碑を中心に―」を発表しました。

2017.2.28 『早稲田大学史記要』48に講演録「『大隈重信関係文書』活用のために―利用者の立場から―」が掲載されました。

2017.2.10 『大隈重信―民意と統治の相克』を中央公論新社(中公叢書)より刊行しました。

2016.12.31 『南開日本研究』2016(南開大学日本研究院発行)に「日本近代史研究的動向与若干問題」を執筆しました。

2016.11.25 『日本史研究』651に「書評 久保正明著『明治国家形成と華族』」が掲載されました。

2016.11.19 奈良県立畝傍高等学校にて「歴史を研究するということ」を講演しました。

2016.9.26 『日本思想史学』46に報告要旨「津田左右吉と早稲田大学 : 記憶と記録 (二〇一五年度大会パネルセッション)」が掲載されました(土田健次郎・小林邦久・岡本天晴各氏と連名)。

2016.7.7 中国・南開大学日本研究院にて「日本近代史研究の動向といくつかの問題」を講演しました。

2016.6.29 早稲田大学人事部主催「大学経営セミナー」にて「昭和戦前・戦中期の早稲田大学」を講義しました。