論文・講演



招待講演


  1. 日本磁気学会・第47回光機能磁性デバイス・材料専門研究会 および 電気学会・光・熱・電気との相互作用を活用した高機能磁気デバイス技術調査専門委員会「スキルミオン技術の基礎と応用」
    題目: スキルミオン結晶中のスピン波伝播を活用したリザバー型情報処理素子の理論実証
    (長岡技術科学大学 東京サテライトキャンパス+オンライン, 2023年1月27日)


  2. ISSPワークショップ「カイラル物質科学の新展開」
    題目: 磁性強誘電体におけるキラリティとダイナミクス
    (東京大学柏キャンパス物性研究所+オンライン, 2022年12月24日)


  3. 日本物理学会2022年秋季大会 領域5,3,4,8シンポジウム「光・テラヘルツ駆動スピン量子物性」
    題目: 光による磁性制御(理論)(10aS2-3)
    (東京工業大学(大岡山キャンパス)+オンライン, 2022年9月10日)


  4. 12th International Conference on Metamaterials, Photonic Crystals and Plasmonics (META2022)
    題目: Dynamical Magnetic Phase Transitions in Spin-Charge Coupled Systems
    (Palacio de Congresos, Spain, Torremolinos, 2022年7月19-22日)


  5. 日本物理学会第77回年次大会(2022年) 領域7シンポジウム「分子性結晶のトポロジカル物性への展開」
    題目: α型有機塩における光誘起トポロジカル相転移(理論)(18pS11-6)
    (岡山大学(津島キャンパス)/岡山理科大学→オンライン, 2022年3月18日)


  6. International Conference on Frustration, Topology, and Spin Textures (ICFTS2021)
    題目: Dynamical manipulations of topological magnetism with light and microwave electromagnetic fields
    (神戸ポートアイランド国際会議場, 2021年12月22日)


  7. 理化学研究所セミナー
    題目: Reservoir computing with spin waves in magnetic skyrmion crystal
    (オンライン, 2021年12月15日)


  8. International Conference on Condensed Matter Physics (CONMAT2021)
    題目: Theory of Magnetism-Induced Negative Thermal Expansion in Inverse Perovskite Antiferromagnets
    (オンライン, 2021年10月20日)


  9. The 11th International Conference on Metamaterials, Photonic Crystals and Plasmonics (META 2021) ``Chirality, magnetism, and magnetoelectricity: Separate phenomena and joint effects in metamaterial structures"
    題目:Theory of Photoinduced Spin Polarization in Spin-Orbit-Coupled Systems
    (Warsaw ポーランド→オンライン, 2021年07月20-23日)


  10. The 10th International Conference on Metamaterials, Photonic Crystals and Plasmonics (META 2019) ``Chirality, magnetism, and magnetoelectricity: Separate phenomena and joint effects in metamaterial structures"
    題目:Microwave-Active Dynamics of Magnetic Skyrmions under Application of a Tilted Magnetic field
    (Lisbon ポルトガル, 2019年07月23-26日)


  11. The 4th International Conference ``Nanomagnetism and spintronics" (Sol-SkyMag 2019)
    題目:Microwave-Induced Dynamical Phenomena of Magnetic Skyrmions
    (San Sebastian, Gipuzkoa スペイン, 2019年6月25日)


  12. The 5th International Worskhop on Topological Structures in Ferroic Materials (TOPO2019)
    題目:Microwave-driven dynamics of magnetic skyrmions
    (Prague-Pruhonice チェコ共和国, 2019年6月17日)


  13. The 19th Japan-Korea-Taiwan Symposium on Strongly Correlated Electron Systems (JKT19)
    題目:Dynamical Phenomena and Device Functions of Magnetic Skyrmions
    (早稲田大学西早稲田キャンパス, 2019年1月11-13日)


  14. 新学術領域「J-Physics:多極子伝導系の物理」Tropical Topical Meeting「カイラル磁性体EuPtSiの電子物性--研究の現状と今後の展開--」
    題目:空間反転対称性の破れた磁性体における磁気スキルミオン
    (琉球大学50周年記念館, 2018年12月14日)


  15. EDTM (Electron Devices Technology and Manufacturing Conference)2018「Symposium on Frontier Researches of Functional Oxide Devices and Materials」
    題目:Dynamical Phenomena and Device Functions of Magnetic Skyrmions
    (神戸市アリストンホテル, 2018年3月16日)


  16. 第5回豊田理研ワークショップ「スピン秩序の動的光制御」
    題目:磁性強誘電体が示す電場励起マグノンと光・マイクロ波現象
    (トヨタ産業技術記念館, 2017年10月19-20日)


  17. 第78回応用物理学会秋季学術講演会特別シンポジウム「物質中のトポロジー:応用にどのように結びつくのか?」
    題目:トポロジカル磁気構造が拓く新しいスピントロニクス
    (福岡国際会議場, 2017年9月7日)


  18. International Workshop on Topological Structures in Ferroic Material
    題目:Dynamical Phenomena of Magnetic Skyrmions
    (Leeds University, Leeds, UK, 2017年8月8-10日)


  19. 豊田理研ワークショップ「キラル対称系の電磁応答」
    題目:磁気スキルミオンが示す電気磁気現象
    (トヨタ産業技術記念館, 2016年11月18-20日)


  20. 日本HDD協会(IDEMA)ヘッドディスク部会ワークショップ
    題目:磁気スキルミオンのデバイス機能とダイナミクス
    (東京都港区, 2016年11月8日)


  21. 豊田理化学研究所・特定課題研究研究会「スピンと熱・体積機能」
    題目:磁気スキルミオンの特異なダイナミクスとデバイス機能
    (名古屋大学, 2016年8月17日)


  22. Gordon Research Conference: Multiferroic & Magnetoelectric Materials
    Invited as a chair of the multiferroic session (discussion leader)
    (Bates College Lewiston, ME, USA, 2016年8月7-12日)


  23. 電子情報通信学会磁気記録・情報ストレージ研究会
    題目:磁気スキルミオンのダイナミクスとデバイス機能
    (東北大学電気通信研究所, 2016年6月9-10日)


  24. ICSM (International Conference on Superconductivity and Magnetism) 2016
    題目: Dynamical magnetoelectric phenomena in multiferroic Mn perovskites
    (Fethiye, Turkey, 2016年4月26-30日)


  25. 第55回化合物新磁性材料専門研究会「トポロジカルなスピンテクスチャの可視化とダイナミクス」
    題目: 磁気スキルミオンが示す特異なダイナミクスの理論
    (東京大学浅野キャンパス情報基盤センター, 2016年3月11日)


  26. RIKEN CEMS Discussion Meeting ``Topological Phenomena in Noncentrosymmetric Magnets"
    題目: Dynamical phenomena of magnetic skyrmions
    (理化学研究所, 埼玉県和光市, 2016年1月28日)


  27. EMN (Energy Materials and Nanotechnology) Hong Kong Meeting
    題目: Dyamics of magnetic skyrmions in multiferroics
    (Eaton Hotel, Kowloon, Hong Kong, 2015年12月9-12日)


  28. 日本磁気学会第205回研究会/第56回スピンエレクトロニクス専門研究会(共催)
    将来の磁気デバイスを担う新しいナノ磁気構造とスピン操作の可能性 ~カイラル磁性とスピンオービトロニクスが拓く新現象~
    題目:磁気スキルミオンのダイナミクスとデバイス機能
    (中央大学駿河台記念館, 2015年12月14日)


  29. 豊田理化学研究所特定課題研究「巨大負熱膨張材料を用いた革新的熱膨張制御技術の開発」第3回研究会
    題目:マルチフェロイックスにおける電荷・スピン・格子結合と熱揺らぎの物理
    (東京工業大学田町キャンパス, 2015年8月5日)


  30. International Workshop on "Topological structures in ferroic materials"
    題目:Dynamics of Skyrmions in Chiral-Lattice Magnets
    (University of New South Wales (UNSW), Sydney, Australia, 2015年5月19-21日)


  31. 59th Annual Conference on Magnetism and Magnetic Materials (MMM 2014)
    題目:Thermally Driven Ratchet Motion of a Skyrmion Microcrystal and Topological Magnon Hall Effect
    (Hilton Hawaiian Village, Honolulu, Hawaii, 2014年11月3-8日)


  32. Japan-Swiss Joint Workshop ``Trends in Theory of Correlated Materials"
    題目:Current-Driven Dynamics of Magnetic Skyrmions in Chiral-Lattice Magnets
    (Aoyama Gakuin University, Tokyo, 2014年10月6-9日)


  33. International Conference on Strongly Correlated Electron Systems (SCES 2014)
    題目:Magnon Current-Driven Dynamics of Magnetic Skyrmions in Chiral-Lattice Magnets
    (Grenoble France, 2014年7月7-11日)


  34. 日本学術振興会「産業応用をめざした新物質機能の設計と実証」に関する研究開発専門委員会
    「電気と磁気に関する物性研究、現在・過去・未来」
    題目:カイラル絶縁磁性体における磁気スキルミオンの電場駆動・制御の理論
    (東京大学山上会館(初日)およびお茶の水セントヒルズホテル(二日目), 2014年5月17-18日)


  35. 日本物理学会第69回年次大会 第8回日本物理学会若手奨励賞受賞記念講演(領域8)
    題目: マルチフェロイックMnペロブスカイトの電気磁気現象に関する理論研究 (27aBE-5)
    (東海大学湘南キャンパス, 2014年3月27日)


  36. 2014 American Physical Society (APS) March Meeting
    題目: Theoretical Studies on Dynamical Phenomena of Magnetic Skyrmions
    (Denver, Colorado 2014年3月4日)


  37. Workshop on Current-Driven Magnetisation Dynamics
    題目: Current-driven dynamics of skyrmions
    (Weetwood Hall Conference Centre, Leeds UK, 2014年1月7-9日)


  38. 第3回強相関電子系理論の最前線‒ 若手によるオープン・イノベーション ‒
    題目: 最近のスキルミオン研究
    (和歌山県勝浦町, 勝浦観光ホテル, 2013年12月16-18日)


  39. 5th Asia Pacific Center for Theoretical Physics (APCTP) Workshop on Multiferroics
    題目: Theory of dynamical magnetoelectric phenomena in multiferroics with noncollinear spin structures
    (Singapore, Nanyang Technological University, 2013年5月22-24日)


  40. Workshop: CROSSroads of Users and J-PARC 第3回「カイラル磁性体-起源と機能-」
    題目: スキルミオンの特異なダイナミクス
    (茨城県東海村いばらき量子ビーム研究センター, 2012年12月17-18日)


  41. 第2回強相関電子系理論の最前線--若手によるオープン・イノベーション--
    題目: カイラル磁性体のスキルミオンの電気磁気・熱励起ダイナミクス
    (和歌山県那智勝浦町勝浦観光ホテル, 2012年12月13-15日)


  42. テラヘルツテクノロジーフォーラム平成23年度第2回技術検討会
    題目: マルチフェロイックスにおけるエレクトロマグノン励起とスピンカイラリティの光スイッチ現象
    (東京大学本郷キャンパス, 2012年3月21日)


  43. 2011 American Physical Society (APS) March Meeting
    題目: Dynamical Magnetoelectric Phenomena in the Multiferroic Mn Perovskites
    (Dallas, Texas 2011年3月21日)


  44. 「固体光誘起状態の非平衡ダイナミックス理論とその今後の展望」
    題目: スパイラル磁性体におけるスピンカイラリティの光スイッチの理論
    (つくば市KEK, 2011年2月16日)


  45. 日本物理学会2010年秋季大会 領域10,8,7,3シンポジウム「誘電体に潜む新しい秩序:最近の話題」
    題目: マルチフェロイックスの理論 (24aWY-7)
    (大阪府立大学中百舌鳥キャンパス, 2010年9月24日)


  46. 次世代スパコン/ナノ統合プロジェクト(情報機能・材料分野)研究会「新物質とエネルギー」
    題目: マルチフェロイック物質におけるスピンダイナミクスの数値シミュレーション
    (東京国際フォーラム, 2010年3月10日)


  47. Joint European Japanese Conference: Frustration in Condensed Matter
    題目: Competing Two Multiferroic Phases and Their Control in Perovskite Manganites
    (Ecole Normale Superieure de Lyon, France 2009年5月12-15日)


  48. 科研費特定領域研究「フラストレーションが創る新しい物性」第2回トピカルミーティング「フラストレーションとマルチフェロイックス」
    題目: マルチフェロイックMnペロフスカイトにおけるフラストレーションと電気-磁気相図の理論
    (京都大学宇治キャンパス, 2008年6月6日)


  49. 科研費特定領域「異常量子物質の創製」若手の会第三回会議「新しい物理を生む新物質」
    題目: 強相関超伝導体における軌道自由度:Co酸化物超伝導体の例
    (熱海後楽園ホテル, 2007年12月21日)


  50. 日本応用磁気学会第24回化合物新磁性材料研究会「強磁性相関を内在する超伝導体の最近の話題」
    題目: 多軌道型超伝導体NaxCoO2・yH2Oにおける超伝導と磁性相関
    (学習院大学目白キャンパス, 2007年3月2日)


  51. International Focus Workshop on Mobile Fermions and Bosons on Frustrated Lattice
    題目: Exotic Superconductivity on the Triangular Lattice in NaxCoO2・yH2O: Theories and Experiments
    (Max-Planck Institute, Dresden, Germany 2007年1月11-13日)


  52. KINKEN International Workshop ``t2g軌道縮退系の新展開"
    題目: Ferromagnetic Fluctuation and Possible Triplet Superconductivity Due to Interorbital Hund's-Rule Coupling in Na0.35CoO2・1.3H2O
    (東北大学金属材料研究所, 2005年10月14日)


  53. 日本物理学会第59回年会 領域8シンポジウム「t2g電子系の軌道ダイナミクッスと絶縁体-金属転移」
    題目: Ti酸化物系の軌道状態 (29pXE-3)
    (九州大学箱崎キャンパス, 2004年3月29日)


  54. 京都大学基研研究会:軌道自由度を持つ強相関電子系の理論の進展
    題目: Orbital-Spin Structures and Their Phase Transitions of Perovskite Titanates
    (京都大学基礎物理学研究所, 2002年11月)


  55. KINKEN International Workshop ``Novel Quantum Orbital State in Strongly Correlated Electron Systems
    題目: Origin of G-Type Antiferromagnetism and Orbital-Spin Structures in LaTiO3
    (東北大学金属材料研究所, 2001年5月23-25日)



口頭講演(国際学会・国際会議)


  1. 題目: Reservoir Computing with Spin Waves in a Skyrmion Crystal
    Mu-Kun Li, Masahito Mochizuki 2022 American Physical Society (APS) March Meeting
    (Las Vegas, Nevada, USA 2023年3月9日)


  2. 題目: Dynamical switching of magentic topology in microwave-driven itinerant magnet
    衛藤倫太郎, 望月維人 2022 American Physical Society (APS) March Meeting
    (Las Vegas, Nevada, USA 2023年3月8日)


  3. 題目: Proposal of a machine learning method for detection of the Berezinskii-Kosterlitz-Thouless transitions in the q-state clock models
    宮島悠輔, 望月維人 台湾物理学会2023年次大会 (TPS2023)
    (国立成功大学・台南市 2023年1月17日)


  4. 題目: Reservoir Computing with Spin Waves in a Skyrmion Crystal
    Mu-Kun Li The Workshop on Innovative Nanoscale Devices and Systems (WINDS2022)
    (Royal Sonesta Kaua'i Resort Lihue, Island of Kaua'i, Hawaii 2022年12月7日)


  5. 題目: Microwave-Driven Phenomena of Magnetic Skyrmions
    M. Mochizuki The 67th Annual Conference on Magnetism and Magnetic Materials (MMM-2022)
    (Hyatt Regency Minneapolis, Mineapolis, MN, USA 2022年10月31日-11月4日)


  6. 題目: Dynamical Phenomena of Magnetic Skyrmions
    M. Mochizuki 24th International Colloquium on Magnetic Films and Surfaces (ICMFS-2022)
    (沖縄科学技術大学院大学(OIST), Okinawa, Japan 2022年7月10-15日)


  7. 題目: Thermally Driven Ratchet Motion of Skyrmion Microcrystal and Topological Magnon Hall Effect
    M. Mochizuki, X. Z. Yu, S. Seki, N. Kanazawa, W. Koshibae, J. Zang, M. Mostovoy, Y. Tokura, N. Nagaosa 2014 APS March Meeting
    (Denver, Colorado 2014年3月4日)


  8. 題目: Current-induced skyrmion dynamics in constricted geometries
    J. Iwasaki, M. Mochizuki, N. Nagaosa 2014 APS March Meeting
    (Denver, Colorado 2014年3月4日)


  9. 題目:Proposed Optical/Microwave Manipulation of Nanoscale Spin Textures: Multiferroics and Skyrmions
    望月維人 FIRST-QS2C Workshop on 「Emergent Phenomena of Correlated Materials」
    (沖縄県ANAインターコンチネンタル万座ビーチホテル 2011年12月12-15日)


  10. 題目:Theories of Dynamical Magnetoelectric Phenomena in Multiferroic RMnO3
    望月維人、古川信夫、永長直人 International Workshop on 「Novel Phenomena in Frustrated Systems」
    (Santa Fe, New Mexico 2011年5月23-27日)


  11. 題目: Vital roles of the biquadratic interaction on electromagnon excitations
    望月維人、古川信夫、永長直人 2010 American Physical Society (APS) March Meeting
    (Portland, Oregon 2010年3月15-19日)


  12. 題目: Microscopic Theory on the Electromagnetic Phase Diagram for Multiferroic RMnO3: A-type, Incommensurate Spiral, and E-type Spin Phases
    古川信夫、望月維人 2010 American Physical Society (APS) March Meeting
    (Portland, Oregon 2010年3月15-19日)


  13. 題目: Phase Diagrams, Thermodynamic Quantities and Possible Two Different Superconducting States of Multiorbital Superconductor NaxCoO2・yH2O
    望月維人、小形正男 2007 American Physical Society (APS) March Meeting
    (Denver, Colorado 2007年3月5-9日)


  14. 題目: Band Structures, Fermi Surface Topology and Superconductivity in NaxCoO2・yH2O: Effects of the Trigonal CoO6 Distortion
    望月維人、柳瀬陽一、小形正男 2006 American Physical Society (APS) March Meeting
    (Baltimore, Maryland 2006年3月13-17日)


  15. 題目: Possible Triplet Superconductivity Due to the Interorbital Hund's-Rule Coupling in NaxCoO2・yH2O
    望月維人、柳瀬陽一、小形正男 2005 American Physical Society (APS) March Meeting
    (Los Angeles, California 2005年3月21-25日)



口頭講演(国内学会・国内会議)


  1. 題目:α型有機導体における光誘起ハーフバレー金属相の理論研究
    北山圭亮, 小形正男, 田中康寛, 望月維人 日本物理学会2023年春季大会 24pE1-3
    (オンライン開催, 2023年3月24日)


  2. 題目:フェリ磁性誘起が誘起するスピン偏極したディラック半金属状態における光誘起トポロジカル相の理論研究:周期アンダーソン模型の解析
    衛藤倫太郎, 望月維人 日本物理学会2023年春季大会 23pE2-5
    (オンライン開催, 2023年3月23日)


  3. 題目:スピン軌道トルクを通じた電流によるスキルミオンの生成・駆動ダイナミクスのThiele解析
    上保友人, 望月維人 日本物理学会2023年春季大会 23aC2-11
    (オンライン開催, 2023年3月23日)


  4. 題目:Reservoir Computing with Spin Waves in a Skyrmion Crystal
    Mu-Kun Lee, Masahito Mochizuki 日本物理学会2023年春季大会 23aC2-10
    (オンライン開催, 2023年3月23日)


  5. 題目:機械学習による相転移の検出:二次元古典XXZ模型の二次相転移とBerezinskii-Kosterlitz-Thouless転移
    宮島悠輔, 望月維人 日本物理学会2023年春季大会 22aC1-3
    (オンライン開催, 2023年3月16日)


  6. 題目:スピン軌道トルクによるスキルミオンの生成・駆動ダイナミクスの理論研究
    上保友人, 望月維人 第70回応用物理学会春季学術講演会 16a-D419-9
    (上智大学(四谷キャンパス), 2023年3月16日)


  7. 題目:フェリ磁性が誘起するディラック電子状態における光誘起トポロジカル相に関する理論研究
    衛藤倫太郎, 望月維人 日本物理学会2022年秋季大会 12aW241-1
    (東京工業大学(大岡山キャンパス), 2022年9月12日)


  8. 題目:有機導体α-(BEDT-TTF)2I3における円偏光照射による電荷秩序融解とトポロジカル転移
    田中康寛, 望月維人 日本物理学会2022年秋季大会 13aW331-12
    (東京工業大学(大岡山キャンパス), 2022年9月13日)


  9. 題目:電気双極子相互作用により誘起される磁気渦結晶の理論研究
    武藤竜樹, 望月維人 日本物理学会2022年秋季大会 13aW641-2
    (東京工業大学(大岡山キャンパス), 2022年9月13日)


  10. 題目:磁性強誘電体CuOの磁気相転移とエレクトロマグノンの理論的研究
    飯島崇陽, 望月維人 日本物理学会2022年秋季大会 13aW641-5
    (東京工業大学(大岡山キャンパス), 2022年9月13日)


  11. 題目:スピン軌道トルクによるスキルミオンの生成と駆動の理論研究
    上保友人, 望月維人 日本物理学会2022年秋季大会 13pW641-2
    (東京工業大学(大岡山キャンパス), 2022年9月13日)


  12. 題目:4重波数磁気ヘッジホッグ格子における集団スピン励起に関する理論研究
    衛藤倫太郎, 望月維人 日本物理学会2022年秋季大会 14pW541-6
    (東京工業大学(大岡山キャンパス), 2022年9月14日)


  13. 講演題目:磁気ディスク中のスキルミオン結晶の熱駆動によるスピン起電力発生の理論研究
    松木淳之介, 望月維人 日本物理学会2022年秋季大会 14pW641-7
    (東京工業大学(大岡山キャンパス), 2022年9月14日)


  14. 題目:3次元近藤格子模型における四重波数磁気ヘッジホッグ格子
    衛藤倫太郎, 望月維人 日本物理学会第77回年次大会(2022年) 17pT11-1
    (岡山大学(津島キャンパス)/岡山理科大学→オンライン開催, 2022年3月17日)


  15. 題目:三角格子上の近藤格子モデルにおける光誘起120度スピン秩序の理論的研究
    井上隆, 望月維人 日本物理学会第77回年次大会(2022年) 16aB26-2
    (岡山大学(津島キャンパス)/岡山理科大学→オンライン開催, 2022年3月16日)


  16. 題目:機械学習によるXXZ模型のBKT転移および2次相転移の検出
    宮島悠輔, 望月維人 日本物理学会第77回年次大会(2022年) 16aB19-10
    (岡山大学(津島キャンパス)/岡山理科大学→オンライン開催, 2022年3月16日)


  17. 題目:遍歴ヘリカル磁性体中における磁気構造のダイナミクスの理論研究
    衛藤倫太郎, Rico Pohle, 望月維人 日本物理学会2021年秋季大会 20aC1-4
    (Zoomによるオンライン開催, 2021年9月20日)


  18. 題目:有機導体α-(BEDT-TTF)2I3における円偏光誘起トポロジカル状態
    田中康寛, 望月維人 日本物理学会2021年秋季大会 21pE1-7
    (Zoomによるオンライン開催, 2021年9月21日)


  19. 題目:ハニカム格子遷移金属化合物における負熱膨張現象の理論的探索
    上保友人, 望月維人 日本物理学会2021年秋季大会 22aC1-5
    (Zoomによるオンライン開催, 2021年9月22日)


  20. 題目:機械学習によるKosterlitz-Thouless転移の検出
    宮島悠輔, 村田優介, 田中康寛, 望月維人 日本物理学会2021年秋季大会 22pL4-3
    (Zoomによるオンライン開催, 2021年9月22日)


  21. 題目:楕円偏光を照射した有機導体におけるDirac点の対消滅とトポロジカル相転移の理論研究
    北山圭亮, 田中康寛, 小形正男, 望月維人 日本物理学会2021年秋季大会 23pH3-5
    (Zoomによるオンライン開催, 2021年9月23日)


  22. 題目:有機導体における光誘起モノポール・アンチモノポール対消滅の理論的予言
    北山圭亮, 田中康寛, 小形正男, 望月維人 日本物理学会第76回年次大会 12aH2-4
    (Zoomによるオンライン開催, 2021年3月12日)


  23. 題目:有機導体α-(BEDT-TTF)2I3における円偏光誘起トポロジカル状態とホール伝導度
    田中康寛, 望月維人 日本物理学会第76回年次大会 12aH2-5
    (Zoomによるオンライン開催, 2021年3月12日)


  24. 題目:近藤格子系における磁気スキルミオンの円偏光マイクロ波磁場誘起トポロジカル相転移の理論研究
    衛藤倫太郎, 望月維人 日本物理学会第76回年次大会 13pC1-9
    (Zoomによるオンライン開催, 2021年3月13日)


  25. 題目:円偏光レーザー誘起スピン偏極のフロケ理論:振動磁場と振動電場の効果
    井上隆, 田中康寛, 望月維人 日本物理学会2020年秋季大会 9aC2-5
    (Zoomによるオンライン開催, 2020年9月9日)


  26. 題目:有機導体α-(BEDT-TTF)2I3における円偏光誘起トポロジカル状態:時間依存シュレディンガー方程式によるアプローチ
    田中康寛, 望月維人 日本物理学会2020年秋季大会 9aH2-1
    (Zoomによるオンライン開催, 2020年9月9日)


  27. 題目:張力ひずみ由来の異方性ジャロシンスキー守谷相互作用による磁気スキルミオンの安定化・不安定化の理論研究
    田中康平, 朝日透, 望月維人 日本物理学会2020年秋季大会 9aH2-4
    (Zoomによるオンライン開催, 2020年9月9日)


  28. 題目:有機導体α-(BEDT-TTF)2I3の光誘起トポロジカル相転移の理論研究
    北山圭亮, 望月維人 日本物理学会2020年秋季大会 9aH2-7
    (Zoomによるオンライン開催, 2020年9月9日)


  29. 題目:La5Mo4O16の電子状態と伝導性ドメイン壁に関する理論研究
    三宅将之, 中惇, 勝藤拓郎, 望月維人 日本物理学会第75年次大会(2020年) 18pB21-1
    (名古屋大学東山キャンパス(新コロナウイルス蔓延により現地開催中止), 2020年3月18日)


  30. 題目:一軸張力ひずみによるスキルミオン相安定化・不安定化の理論研究:基底状態相図と有限温度相図
    田中康平, 朝日透, 望月維人 日本物理学会第75年次大会(2020年) 18pB21-9
    (名古屋大学東山キャンパス(新コロナウイルス蔓延により現地開催中止), 2020年3月18日)


  31. 題目:Floquet理論を用いたα-(BEDT-TTF)2I3の光誘起トポロジカル相転移の理論研究
    北山圭亮, 望月維人 日本物理学会第75年次大会(2020年) 19aB21-8
    (名古屋大学東山キャンパス(新コロナウイルス蔓延により現地開催中止), 2020年3月19日)


  32. 題目:有機導体α-(BEDT-TTF)2I3における円偏光誘起トポロジカル状態の性質
    田中康寛, 望月維人 日本物理学会第75年次大会(2020年) 19aB21-9
    (名古屋大学東山キャンパス(新コロナウイルス蔓延により現地開催中止), 2020年3月19日)


  33. 題目:ニューラルネットワークによるn状態クロック模型のKT転移の検出
    宮島悠輔, 村田優介, 田中康寛, 望月維人 日本物理学会第75年次大会(2020年) 19pK36-2
    (名古屋大学東山キャンパス(新コロナウイルス蔓延により現地開催中止), 2020年3月19日)


  34. 題目:スピン軌道相互作用のある電子系における円偏光誘起スピン偏極の理論:数値計算とフロケ解析
    田中康寛, 望月維人 日本物理学会2019年秋季大会 11aD10-1
    (岐阜大学, 2019年9月11日)


  35. 題目:Rashba電子系におけるスリット型電子干渉実験の理論研究
    清水宏太郎, 望月維人 日本物理学会2019年秋季大会 10aD15-7
    (岐阜大学, 2019年9月10日)


  36. 題目:一軸張力歪みによるスキルミオン相安定化の数値的研究
    田中康平, 菅原諒介, 朝日透, 望月維人 日本物理学会第74回年次大会 17aF201-8
    (九州大学伊都キャンパス, 2019年3月17日)


  37. 題目:スキルミオン結晶を用いたマイクロ波による直流スピン起電力生成の理論研究
    小出竜也, 竹内祥人, 望月維人 日本物理学会2018年秋季大会 9pC117-12
    (同志社大学京田辺キャンパス, 2018年9月9日)


  38. 題目:磁気構造の存在するラシュバ電子系における電気伝導の理論
    竹内祥人, 柴田絢也, 河野浩, 多々良源 日本物理学会2018年秋季大会 9pC117-13
    (同志社大学京田辺キャンパス, 2018年9月9日)


  39. 題目:マイクロ波によるスキルミオン伝送の理論研究
    一花幹人, 竹内祥人, 望月維人 日本物理学会2018年秋季大会 10aC210-2
    (同志社大学京田辺キャンパス, 2018年9月10日)


  40. 題目:スキルミオン型トポロジカル磁気構造のスピン軌道トルク駆動
    大木祐人, 竹内祥人, 望月維人 日本物理学会2018年秋季大会 10aC210-3
    (同志社大学京田辺キャンパス, 2018年9月10日)


  41. 題目:逆ペロブスカイト型マンガン窒化物における負の熱膨張と磁気相転移の理論研究
    小林賢也, 望月維人 日本物理学会2018年秋季大会 11aC210-4
    (同志社大学京田辺キャンパス, 2018年9月11日)


  42. 題目:エレクトロマグノン励起を用いた孤立スキルミオンの駆動
    竹内祥人, 望月維人 日本物理学会第73回年次大会 23pK304-12
    (東京理科大学野田キャンパス, 2018年3月23日)


  43. 題目:ネール型スキルミオン相を発現する極性絶縁磁性体GaV4S8の相図と磁気構造の理論
    望月維人 日本物理学会第72回年次大会 18pH11-13
    (大阪大学豊中キャンパス, 2017年3月17-20日)


  44. 題目:交流ラシュバ場が誘起するスピン流とスピントルク
    竹内祥人、水島成康、望月維人 日本物理学会第72回年次大会 20aC24-4
    (大阪大学豊中キャンパス, 2017年3月17-20日)


  45. 題目: 高いデバイス機能を有するナノスケールトポロジカル磁気テクスチャの理論設計
    望月維人 科学技術振興機構 さきがけ研究 [平成25~28年度]研究終了報告会
    (東京大学生産技術研究所駒場コンベンションホール, 東京都目黒区,2017年1月10日)


  46. 題目: 高いデバイス機能を有するナノスケールトポロジカル磁気テクスチャの理論設計
    望月維人 科学技術振興機構 さきがけ研究 [平成25~28年度]第7回領域会議
    (ロワジールホテル豊橋, 愛知県豊橋市,2016年11月17-19日)


  47. 題目: 高いデバイス機能を有するナノスケールトポロジカル磁気テクスチャの理論設計
    望月維人 科学技術振興機構 さきがけ研究 [平成25~28年度]第6回領域会議
    (アワーズイン阪急,東京都港区, 2016年5月12-14日)


  48. 題目:絶縁性キラル磁性体薄膜への電場によるスキルミオン書き込みの理論
    望月維人 日本物理学会第71回年次大会 21pBC-3
    (東北学院大学泉キャンパス, 2016年3月19-22日)


  49. 題目: 高いデバイス機能を有するナノスケールトポロジカル磁気テクスチャの理論設計
    望月維人 科学技術振興機構 さきがけ研究 [平成25~28年度]第5回領域会議
    (アークホテルロイヤル福岡天神, 2015年11月26-28日)


  50. 題目:熱勾配によるスキルミオンのラチェット回転とトポロジカルマグノンホール効果
    望月維人、于秀珍、関真一郎、金澤直也、小椎八重航、J. Zang、M. Mostovoy、十倉好紀、永長直人 日本物理学会2015年秋季大会 18aCM-3
    (関西大学千里山キャンパス, 2015年9月16-19日)


  51. 題目:スパイラル磁性強誘電体TbMnO3における磁場誘起分極フロップの理論
    望月維人 日本物理学会2015年秋季大会 19aDB-6
    (関西大学千里山キャンパス, 2015年9月16-19日)


  52. 題目:絶縁キラル磁性体Cu2OSeO3におけるマイクロ波磁気カイラル効果の理論
    望月維人 日本物理学会2015年秋季大会 19aDB-9
    (関西大学千里山キャンパス, 2015年9月16-19日)


  53. 題目:スパイラル磁性強誘電体TbMnO3における電場磁場ドメイン制御の実空間観測
    松原正和、Sebastian Manz、望月維人、井山彩人、木村剛、Manfred Fiebig 日本物理学会2015年秋季大会 19aDB-5
    (関西大学千里山キャンパス, 2015年9月16-19日)


  54. 題目: 高いデバイス機能を有するナノスケールトポロジカル磁気テクスチャの理論設計
    望月維人 科学技術振興機構 さきがけ研究 [平成25~28年度]第4回領域会議
    (仙台ホテルクレセント, 2015年7月6-8日)


  55. 題目: 高いデバイス機能を有するナノスケールトポロジカル磁気テクスチャの理論設計
    望月維人 科学技術振興機構 さきがけ研究 [平成25~28年度]第3回領域会議
    (神戸チサンホテル, 2015年1月13-15日)


  56. 題目: 高いデバイス機能を有するナノスケールトポロジカル磁気テクスチャの理論設計
    望月維人 科学技術振興機構 さきがけ研究 [平成25~28年度]第2回領域会議
    (新横浜グレイスホテル, 2014年9月4-5日)


  57. 題目: 高いデバイス機能を有するナノスケールトポロジカル磁気テクスチャの理論設計
    望月維人 科学技術振興機構 さきがけ研究 [平成25~28年度]第1回領域会議
    (高知県土佐ロイヤルホテル, 2014年2月7-8日)


  58. 題目: スキルミオン結晶の電磁場活性スピン波モードと干渉効果
    望月維人、関真一郎 日本物理学会2013年秋季大会 25aKQ-10
    (徳島大学常三島キャンパス, 2013年9月25-28日)


  59. 題目: 制限されたサンプル形状におけるスキルミオンの電流駆動ダイナミクス
    岩崎惇一、望月維人、永長直人 日本物理学会2013年秋季大会 27aKF-9
    (徳島大学常三島キャンパス, 2013年9月25-28日)


  60. 題目: スキルミオン結晶相のマイクロ波吸収に見られる巨大非相反方向二色性の理論
    望月維人 日本物理学会2012年秋季大会 19pGA-7
    (横浜国立大学常盤台キャンパス, 2012年9月18-21日)


  61. 題目: カイラル磁性体におけるスキルミオンクラスタの熱揺らぎ誘起自発ラチェット回転の理論
    望月維人、永長直人 日本物理学会2012年秋季大会 20aCC-5
    (横浜国立大学常盤台キャンパス, 2012年9月18-21日)


  62. 題目: 電流駆動スキルミオンダイナミクスの理論的研究
    岩崎惇一、望月維人、永長直人 日本物理学会2012年秋季大会 20aCC-7
    (横浜国立大学常盤台キャンパス, 2012年9月18-21日)


  63. 題目: スカーミオン結晶相のマグノンモード、円偏光依存性と強励起効果
    望月維人 日本物理学会第67回年次大会 25aYF-13
    (関西学院大学西宮上ケ原キャンパス, 2012年3月24-27日)


  64. 題目: マルチフェロイックスにおけるスピンカイラリティの光スイッチの理論
    望月維人、永長直人 日本物理学2010年秋季大会 24pWJ-7
    (大阪府立大学中百舌鳥キャンパス, 2010年9月23-26日)


  65. 題目: マルチフェロイックMnペロフスカイトのエレクトロマグノン励起の理論:二つのピークを持つスペクトルの起源
    望月維人、古川信夫、永長直人 日本物理学会第65回年次大会 21aGF-8
    (岡山大学津島キャンパス, 2010年3月20-23日)


  66. 題目: 微視的理論が解き明かすRMnO3の相図の全貌:A型反強磁性,非整合螺旋磁性,そしてE型反強磁性
    望月維人、古川信夫 日本物理学会秋季大会 27aRL-10
    (熊本大学黒髪キャンパス, 2009年9月25-28日)


  67. 題目: マルチフェロイックRMnO3の磁場中電気磁気相図の理論
    望月維人、古川信夫 日本物理学会第64回年次大会 27aTA-1
    (立教大学池袋キャンパス, 2009年3月27-30日)


  68. 題目: マルチフェロイックRMnO3の磁場誘起分極フロップの機構
    望月維人、古川信夫 日本物理学会秋季大会 21aQA-4
    (岩手大学上田キャンパス, 2008年9月20-23日)


  69. 題目: マンガンペロフスカイトにおけるフラストレーションと磁気相図
    望月維人、古川信夫 日本物理学会第63回年次大会 23aYB-6
    (近畿大学本部キャンパス, 2008年3月22-26日)


  70. 題目: Co酸化物超伝導体の電子構造:CoO2面の厚みとの関係
    望月維人、小形正男 日本物理学会第61回秋季大会 25pZL-9
    (千葉大学西千葉キャンパス, 2006年9月23-26日)


  71. 題目: Co酸化物超伝導体の相図:二つの超伝導相と磁気秩序相
    望月維人、小形正男 日本物理学会第61回秋季大会 25pZL-10
    (千葉大学西千葉キャンパス, 2006年9月23-26日)


  72. 題目: Co酸化物超伝導体の比熱、磁場侵入長、その他の物理量
    望月維人、小形正男 日本物理学会第61回秋季大会 25pZL-11
    (千葉大学西千葉キャンパス, 2006年9月23-26日)


  73. 題目: 多軌道型超伝導体NaxCoO2・yH2Oにおける軌道自由度に由来する物性現象
    望月維人、柳瀬陽一、小形正男 日本物理学会第60回秋季大会 21aXD-3
    (同志社大学京田辺キャンパス, 2005年9月19-22日)


  74. 題目: NaxCoO2・yH2Oにおけるスピン三重項超伝導と磁場中相図: 軌道効果、常磁性効果とスピン-軌道相互作用
    柳瀬陽一、宇田川将文、望月維人、小形正男 日本物理学会第60回秋季大会 21aXD-1
    (同志社大学京田辺キャンパス, 2005年9月19-22日)


  75. 題目: NaxCoO2・yH2Oにおけるスピン三重項超伝導とD-vector: スピン-軌道相互作用と磁場中相図の微視的理論
    柳瀬陽一、望月維人、小形正男 日本物理学会第60回年次大会 27aWM-4
    (東京理科大野田キャンパス, 2005年3月24-27日)


  76. 題目: NaxCoO2・yH2Oの超伝導に対する多軌道解析
    望月維人、柳瀬陽一、小形正男 日本物理学会第59回秋季大会 12aWD-1
    (青森大学, 2004年9月12-15日)


  77. 題目: NaxCoO2・yH2Oの超伝導: 多軌道ハバード模型に基づく研究
    柳瀬陽一、望月維人、小形正男 日本物理学会第59回秋季大会 12aWD-2
    (青森大学, 2004年9月12-15日)


  78. 題目: NaxCoO2・yH2Oの超伝導: 多軌道ハバード模型のFLEX近似による解析
    望月維人、小形正男 日本物理学会第59回年会 29pXA-14
    (九州大学箱崎キャンパス, 2004年3月27-30日)


  79. 題目: ペロフスカイト型Ti酸化物における磁気-軌道構造: 希土類イオンが 作る結晶場の効果
    望月維人、今田正俊 日本物理学会第58回年会 29pWA-8
    (東北大学川内キャンパス, 2003年3月28-31日)


  80. 題目: ペロフスカイト型Ti酸化物におけるスピン-軌道状態の理論
    望月維人、今田正俊 日本物理学会第57回年会 27aYH-5
    (立命館大学草津キャンパス, 2002年3月24-27日)


  81. 題目: ペロフスカイト型Ti酸化物LaTiO3における磁気、軌道状態の理論
    望月維人、今田正俊 日本物理学会第56回年会 28pZA-3
    (中央大学多摩キャンパス, 2001年3月27-30日)


  82. 題目: ペロフスカイト型Ti酸化物RTiO3におけるRサイト置換による磁気相転移の理論
    望月維人、今田正俊 日本物理学会第55回年会 23aSD-6
    (新潟大学長岡キャンパス, 2000年9月22-25日)



ポスター発表(国内・国際)


  1. 題目:Theory of optical spin-polarization induction in Rashba spin-orbit electron systems
    Yasuhiro Tanaka, Takashi Inoue, Masahito Mochizuki, International Conference on Frustration, Topology, and Spin Textures (ICFTS2021)
    (神戸ポートアイランド国際会議場, 2021年12月23日)


  2. 題目:Photoinduced 120-degree spin order and Z2 vortices in the Kondo-lattice model on a triangular lattice
    Takashi Inoue, Masahito Mochizuki, International Conference on Frustration, Topology, and Spin Textures (ICFTS2021)
    (神戸ポートアイランド国際会議場, 2021年12月23日)


  3. 題目:Machine learning detection of multiple phase transitions including BKT transition in the q-state clock models
    Yusuke Miyajima, Masahito Mochizuki, International Conference on Frustration, Topology, and Spin Textures (ICFTS2021)
    (神戸ポートアイランド国際会議場, 2021年12月23日)


  4. 題目:Theoretical Exploration of Magnetism-Induced Negative Thermal Expansion in Honeycomb-Lattice Antiferromagnets
    Yuto Uwabo, Masahito Mochizuki, International Conference on Frustration, Topology, and Spin Textures (ICFTS2021)
    (神戸ポートアイランド国際会議場, 2021年12月23日)


  5. 題目:Spin and Charge Excitations of Skyrmion Crystals in Itinerant Magnet
    Rintaro Eto , Masahito Mochizuki, International Conference on Frustration, Topology, and Spin Textures (ICFTS2021)
    (神戸ポートアイランド国際会議場, 2021年12月23日)


  6. 題目:Theoretical study on the enhanced stability of magnetic skyrmions under a uniaxial strain
    Kouhei Tanaka, T. Asahi, M. Mochizuki Molcecular Chirality Asia 2020
    (Zoomによるオンライン開催, 2020年11月1日)


  7. 題目:機械学習を用いたクロック模型のKT転移を含む多段磁気転移の検出
    宮島悠輔, 村田優介, 田中康寛, 望月維人 日本物理学会2020年秋季大会 PSL-22
    (Zoomによるオンライン開催, 2020年9月8-11日)


  8. 題目:円偏光レーザーが誘起するスピン偏極におけるスピン軌道相互作用の効果の理論研究
    井上隆, 田中康寛, 望月維人 日本物理学会第75年次大会(2020年) 17aPS-155
    (名古屋大学東山キャンパス(新コロナウイルス蔓延により現地開催中止), 2020年3月17日)


  9. 題目:Theoretical Study on the Magnetism-Driven Negative Thermal Expansion Phenomenon in the Inverse-Perovskite Antiferromagnets
    望月維人
    International Conference on Frontiers of Correlated Electron Sciences (FCES2019)
    (東京大学小柴ホール, 2019年5月30日)


  10. 題目:円偏光マイクロ波による磁化反転とスキルミオン生成の理論研究
    三宅将之, 望月維人 日本物理学会2018年秋季大会 9aPS-28
    (同志社大学京田辺キャンパス, 2018年9月9日)


  11. 題目:負の熱膨張を示す逆ペロブスカイト型Mn窒化物の磁気秩序と相転移の理論研究
    小林賢也, 岡部玲央哉, 山本大輔, 望月維人 日本物理学会第73回年次大会 22pPSA-24
    (東京理科大学野田キャンパス, 2018年3月22日)


  12. 題目:スキルミオン結晶相においてマイクロ波が誘起する直流スピン起電力成分の理論研究
    小出竜也, 竹内祥人, 望月維人 日本物理学会第73回年次大会 22pPSB-12
    (東京理科大学野田キャンパス, 2018年3月22日)


  13. 題目:スキルミオン型トポロジカル磁気構造のスピン軌道トルク駆動の理論研究
    大木祐人, 竹内祥人, 望月維人 日本物理学会第73回年次大会 22pPSB-21
    (東京理科大学野田キャンパス, 2018年3月22日)


  14. 題目:傾斜磁場中のスキルミオン結晶相が示すマイクロ波磁気共鳴モードの理論研究
    一花幹人, 竹内祥人, 望月維人 日本物理学会第73回年次大会 22pPSB-22
    (東京理科大学野田キャンパス, 2018年3月22日)


  15. 題目:Skyrmion Creation by Electric Fields
    望月維人
    Workshop on ``Topological Magnets"
    (埼玉県和光市理化学研究所, 2015年5月25-27日)


  16. 題目:スピン系の時間発展方程式の数値計算ソフトウェアの開発と応用
    望月維人、永長直人
    次世代スーパーコンピュータプロジェクトナノ分野グランドチャレンジ研究開発第5回公開シンポジウム
    (甲南大学ポートアイランドキャンパス, 2011年2月22-23日)


  17. 題目:Dynamical Magnetoelectric Phenomena in the Multiferroic Mn Perovskites
    望月維人、古川信夫、永長直人
    International Conference on Frustration in Condensed Matter (ICFCM)
    (宮城県仙台国際センター, 2011年1月11-14日)


  18. 題目:エレクトロマグノン強励起によるスピンカイラリティの光スイッチの理論提案
    望月維人、永長直人 2010年度科研費特定領域「スピン流の創出と制御」成果報告会
    (東京大学武田先端知ビル, 2011年1月6-7日)


  19. 題目:マルチフェロイックRMnO3のエレクトロマグノン励起の理論
    望月維人、古川信夫、永長直人
    物性研・CMSI・次世代ナノ情報合同研究会「計算物質科学の課題と展望」
    (東京大学物性研究所, 2011年1月5-7日)


  20. 題目:マルチフェロイックRMnO3のエレクトロマグノン励起の理論
    望月維人、古川信夫、永長直人
    物性科学領域横断研究会「凝縮系科学の最前線」第4回物性科学領域横断研究会
    (東京大学武田先端知ビル, 2010年11月13-15日)


  21. 題目:Electromagnons and Optical Spin-Chirality Switching in the Multiferroic Mn Perovskites
    望月維人 2010 Opening Symposium of QS2C Theory Forum
    (埼玉県和光市理化学研究所, 2010年9月27-30日)


  22. 題目:Origin of Lattice-Distortion-Induced and Magnetic-Field-Induced Electric Polarization Flops in Multiferroic Manganites RMnO3
    望月維人、古川信夫
    AIST-RIKEN Joint Workshop ``Emergent Phenomena of Correlated Materials"
    (沖縄県名護市, 2009年3月4-7日)


  23. 題目:マルチフェロイックスMn ペロフスカイトの磁場中相図の理論:磁場誘起電気分極フロップと強磁場下磁気‐誘電秩序相
    望月維人、古川信夫
    科研費特定領域「100 テスラ領域の強磁場スピン科学」第5 回強磁場スピン科学シンポジウム
    (岡山大学津島キャンパス, 2008年12月12-13日)


  24. 題目:Frustration and Multiferroics in Mn Perovskites
    望月維人、古川信夫
    The 2nd International Symposium on Anomalous Quantum Materials (ISAQM2008) and the 7th Asia-Pacific Workshop
    (東京大学安田講堂, 2008年11月7-10日)


  25. 題目:Frustration and Multiferroics in the Mn Perovskites
    望月維人、古川信夫
    Highly Frustrated Magnetism 2008 (HFM2018)
    (Braunschweig Germany, 2008年9月7-12日)


  26. 題目:Orbital Physics and Phase Diagrams of the Cobalt-Oxide Superconductor
    望月維人、古川信夫
    Yukawa International Seminar 2007 (YKIS2007) ``Interaction and Nanostructural Effects in Low-dimensional Systems"
    (京都大学基礎物理学研究所, 2007年11月5-30日)


  27. 題目:Theoretical study on phase diagrams of multiorbital superconductor NaxCoO3·yH3O
    望月維人、小形正男
    2007 CERC International Symposium ``Highlights and Perspectives of Correlated Electron Systems --From Physics to Applications--"
    (Akihabara, Japan, 2007年5月22-25日)


  28. 題目:Theoretical study on the phase diagram of the bilayer sodium cobalt oxides
    望月維人、小形正男
    17th International Conference on Magnetism (ICM2006)
    (Kyoto, Japan, 2006年8月20-25日)


  29. 題目:Effects of CoO6 distortion on spin-charge fluctuations and superconductivity in the Sodium Cobalt Oxide
    望月維人、小形正男
    First international workshop on the physical properties of lamellar cobaltates
    (Orsay, France, 2006年7月16-20日)


  30. “Effects of CoO6 distortion on spin-charge fluctuations and superconductivity in the Sodium Cobalt Oxide
    望月維人、小形正男
    8th International Conference on Materials and Mechanisms of Superconductivity and High Temperature Superconductors (M2S-HTSC-VIII)
    (Dresden, Germany, 2006年7月9-14日)


  31. “Band Structure Spin-Charge Fluctuations and Superconductivity in the Sodium Cobalt Oxide
    望月維人、小形正男
    International Symposium on Anomalous Quantum Materials 2006 and The 5th Asia-Pacific Workshop
    (沖縄県宜野湾市, 2006年6月23-27日)


  32. 題目:Electronic, magnetic and superconducting properties of NaxCoO2·yH2O: Theoretical study of multiorbital Hubbard model
    望月維人、柳瀬陽一、小形正男
    International Conference on Strongly Correlated Electron Systems SCES'05
    (Wien, Austria, 2005年7月26-30日)


  33. 題目:Ferromagnetic fluctuation and possible triplet superconductivity in Na0.35CoO2·1.3H2O: FLEX study of the multi-orbital Hubbard model
    望月維人、柳瀬陽一、小形正男
    International Conference on Strongly Correlated Electron Systems SCES'04
    (Karlsruhe, Germany, 2004年7月26-30日)


  34. 題目:Orbital-spin structures in the perovskite titanates
    望月維人、今田正俊
    The 3rd International Workshop ``Novel Quantum Phenomena in Transition Metal Oxides" and The 1st Asia-Pacific Workshop ``Strongly Correlated Electron Systems"
    (宮城県仙台国際センター,2003年11月)


  35. 題目:Orbital-spin structures in the perovskite titanates
    望月維人、今田正俊
    CERC/ERATO-SSS International Workshop``Phase Control of Correlated Electron Systems"
    (Hyatt Regency Maui Resort, Honolulu, Hawaii, 2003年10月)


  36. 題目:Spin and Orbital Phases and Their Phase Transitions of Perovskite Ti Oxides
    望月維人、今田正俊
    科研費特定領域研究会「遷移金属酸化物における新しい量子現象」
    (東京大学弥生講堂, 2002年1月)


  37. 題目:Magnetic and Orbital States and Their Phase Transitions in Perovskite Ti Oxides
    望月維人、今田正俊
    International Workshop on Material Simulation --Present and Future-- JSPS, Research for the Future Profram “Computational Science and Engineering"
    (神奈川県湘南国際村,2001年11月)


  38. 題目:Magnetic and Orbital States and Their Phase Transitions in Perovskite Titanates
    望月維人、今田正俊
    Todai International Symposium ISSP-Kashiwa 2001 ``Correlated Electrons"
    (東京大学柏の葉キャンパス物性研究所,2001年10月1-05日)