Frequently Asked Questions

早稲田大学政治経済学部片山宗親ゼミに関する、よくある質問とそれに対する回答をまとめておきます。

日本経済やアメリカ経済などにおける金融政策やビジネスサイクルなど、マクロ経済学に関することを中心に取り扱います。

演習の前半は関連する教科書の輪読が中心となります。3年次にはグループで共同論文を、また4年次には卒論を執筆することが大きなゴールです。具体的な卒論のテーマなどは、各自の興味を尊重したいと考えています。

個人的には、これから必要となるリテラシーだと思っていますが、必須ではありません。希望者を対象にサブゼミで計量経済学的なアプローチの勉強をすることを考えています。

知的好奇心にもとづいて、新しい知識を貪欲に獲得しようとする姿勢。

多くの最新の情報は、日本語のみならず英語で発信されていることが多いため、英語に抵抗がない方が良いかもしれません。

ゼミの活動を通じて、論理的に考える力、データリテラシー、自らの考えを効果的に伝える力(プレゼンや文章としてのアウトプット)を獲得して欲しいと思っています。また、ゼミの友達はこれまでとは違ったアングルから将来につながる友人関係を築くことが出来ると思うので、勉強するときは真剣に勉強し、遊ぶ時は真剣に遊ぶようなゼミになってくれると、個人的には嬉しいです。

ボクの専門はマクロ経済学と計量経済学の統合領域です。現実の経済を記述する上で、理論モデルのデータへの当てはまり(現実との整合性)は極めて重要です。また、逆に経済のメカニズムを解き明かす上で、現実に起こっていることをきちんと明らかにし、それを理論モデルを用いて説明することも同じように重要です。具体的には、動学確率的一般均衡モデル(DSGEモデル)の構造推定が専門です。また、ファクトファインディングとしての計量分析もやっています。最近では、金融危機後に大きく注目されるようになった、経済における不確実性の拡大がビジネスサイクルに与える影響に関して興味があります。

ゼミ選考に特別な課題はなく、面接のみです。面接には、普通の格好で来てください。

[追記 (2019/10/07)] 「普通の格好」というのに特別意味はありません。「センス見られているのかと思いました」と言われて、そういう見方もあるんだなぁと(イロイロな意味で)感心しましたが、全くそういう意味はありません。

片山宗親ゼミに関する質問がある場合は、[email protected]までメールを下さい。

Back to Home.

Last updated: 2019/10/07