早稲田大学 先進理工学研究科
共同原子力専攻 師岡研究室

師岡研究室へようこそ。 最終更新日 2020/6/15

師岡は2020/3/31に 定年退職し,2020/4/1付けで、名誉教授に就任しました。

師岡の経歴**** このHPは これからも更新します。

当研究室では、熱と水の流れを改良して、どうしたら ”安く、安全で、環境に優しい原子力発電”を可能にできるかの研究を行っています。

当研究室では、原子力は工学だけでは解決できないと考え、早稲田大 社会文化系 松岡教授(アジア太平洋研究科)と連携した以下のプロジェクトにも参加しています。

”ふくしま広野未来創造リサーチセンター”

”科学研究費補助金・基盤研究(B)(19H04342)「可逆性アプローチによる高レベル放射性廃棄物(HLW)管理政策と世代間公平性」”

”三菱総合研究所 「高レベル放射性廃棄物(HLW)の地層処分をめぐる社会的受容性と可逆性」”

*******過去には以下の研究も行いました

○ 早稲田大学と株式会社ブリヂストンが連携して設置した研究プロジェクト
「W-BRIDGE "福島浜通りにおける自然エネルギー・農業再生による復興手法のネパール震災復興での実装"(いわきおてんとSUN企業組合/特定非営利活動法人広野わいわいプロジェクト)」
詳細は“福島関係” “ネパール”をご覧ください。

活動は“福島から、同じ震災を受けたネパールへ (勉強を続けたい!ネパールの子どもたちの願い)”をご覧ください。

○ 早稲田大 松岡教授(アジア太平洋研究科)と共同で、“規制の社会的有効性,福島復興のあり方をテーマとした研究”を行いました。
この研究で、師岡研 小澤、水谷が“2014年に原子力安全規制制度の米国横断調査”を行いました。

NEWS/INFORMATION

2020/6/15 師岡が、早稲田大学 松岡教授に協力して 科学研究費助成事業可逆性アプローチによる高レベル放射性廃棄物(HLW)管理政策 と世代間公平性に参加しています。

2020/6/15 師岡が、早稲田大学 松岡教授に協力して  2050年の福島県浜通り地域"ふくしま浜通り社会イノベーション・イニシアティブ(SI構想)1Fの事故遺産・記憶遺産としての利活用(1Fヘリテージ構想):1F廃炉の先研究会に参加しています。

2020/5/5 東京海洋大、東大と共同研究の論文 "Surface wettability enhancement on oxide film coated-steels due to gamma-ray irradiation"がMechanical Engineering Journal of JSME DOI:10.1299/mej.19-00585 に早期公開されました。

2020/4/11 師岡教授の退職の挨拶が

早稲田大学 パンフレット 塔    早稲田大 機友会ニュースレター に掲載されました。

2020/4/5 師岡研卒業生の進路(就職先)を更新しました。”MENU の進路”を見てください。
師岡研は原子力分野に限らず 広範囲の分野に就職しています。

2020/3/28 2019年度 共同原子力専攻 成績優秀賞を吉村 周佑君が授与されました。(こちらを読んでください)

2020/3/28 2019年度 原子力学会 フェロー賞を加藤周君が授与されました。(こちらを読んでください)

2020/2/17-29 修士2年の加藤が、国際原子力人材育成大学連合ネットワークによる原子力教育基盤整備モデル事業(米国研修)で、テキサスA&M大学・世界銀行・在ワシントン日本大使館・アイダホ国立研究所を訪問しました。(感想はこちら

2020/2/12-14 学部4年の大野、倉島が、原子力人材育成研修「軽水炉プラント及び燃料に関する安全設計技術の体験的研修」(三菱重工グループ,神戸造船所 (兵庫県神戸市))で、研修を行いました。(感想はこちら

2020/2/10 修士2年生 落合、加藤、野ア、吉村の修士論文審査会が東京都市大学で開催されました。

2020/2/7 学部6名の卒業論文審査会が開催されました。

2020/1/20 卒論・修論の東京都市大学横堀先生のレビュー会を行いました。先生より貴重なコメントをいただきました。

2019/12/16 師岡研 2016年3月卒業生 冨士岡 加純さん の論文"空気、水そしてTiO2のナノ粒子を混合した三相流の自然循環特性に関する 実験的研究"が 混相流33巻4号(2019) pp 397 に掲載されました。

2019/12/13 電気通信大学及び東京都市大学との合同発表会を行いました。学生同士で活発な質疑・議論が行われました。

2019/12/11 師岡研卒業生 山田創平君(現在 原子力規制庁)原子力理工学概論で"人と環境を守る組織であるために”を講義しました。

2019/11/2-3に開催された早稲田大学理工展の共同原子力専攻として出展しました。 大盛況でした。当日の様子 

2019/11/9 M2、M1が東京都市大学と合同中間発表会を行いました。先生方から貴重なコメントをいただきました。

2019/10/28  修士2年 野崎が日本原子力学会関東・甲越支部 第18回若手研究者・技術者発表討論会(電中研)で、研究成果を発表しました。野崎が奨励賞を受賞しました。

2019/10/16 MENU 表彰を 学外表彰・学内表彰 へ 変更しました。

2019/10/7 師岡研 2016年3月卒業生 冨士岡 加純さん の論文"空気、水そしてTiO2のナノ粒子を混合した三相流の自然循環特性に関する 実験的研究"が日本混相流学会 早期公開されました。

2019/9/29 師岡が  環境経済・政策学会(SEEPS)2019年大会(福島大学)・ 企画セッション「なぜバックエンド問題の社会的合意は難しいのか:社会的受容性、可逆性、世代間公平性をめぐって」の座長として参加しました。(感想はこちら)

2019/9/13-14 修士2年 加藤、吉村が日本原子力学会熱流動部会「第7回若手交流フォーラム」(いこいの村 能登半島)で研究成果を発表しました。(当日の様子はこちら。

2019/9/11-12 修士2年 加藤、吉村、落合、修士1年の桐原が日本原子力学会 秋の大会(富山大)で研究成果を発表しました。(当日の様子はこちら。

2019/9/10 修士1年の津村が日本機械学会 年次大会(秋田大)で研究成果を発表しました。(当日の様子はこちら。

2019/9/7-8 2019年度 師岡・古谷研ゼミ合宿を川奈セミナーハウスで行いました。写真・感想はこちら

青少年のための科学の祭典2019(7/27),原子力オープンスクール2019」(8/23)”で放射線について知識のない小学生や中学生に説明しました。(感想はこちら)

2019/8/5 修士1年の井野が混相流シンポジウム2019(福岡大)で研究成果を発表しました。(当日の様子はこちら。

2019/8/2 師岡・古谷研で春季進捗報告会と懇親会を行いました。写真と感想はこちら

2019/8/1 東京都市大学の鈴木研究室との合同ゼミを 東京都市大学 世田谷キャンパスで実施しました。感想はこちら

ENERGY for the FUTURE誌(2019 No.3)に落合らによる「座談会」が掲載されました。
記事は共同原子力専攻HPに掲載いたしました。

2019/6/29 共同原子力専攻 修士2年中間発表会が開催されました。

2019/5/17 師岡・古谷研でバーベキューを行いました。写真はこちら

2019/5/16 新メンバーを加えて、研究室メンバーのプロフィールを更新しました。(メンバー一覧はこちら

2019/3/27 2019年度 師岡 古谷研キックオフミーティングを行いました。

2019/3/21 橋長、西尾が日本原子力学会 春の大会でポスター発表を行いました。写真はこちら

2019/3/18 2018年度 共同原子力専攻 合同修了式 懇親会が行われました。

2019/3/18 2018年度学位授与式が 行われました

2019/3/8 学部4年の井野、津村、桐原が日本原子力学会関東・甲越支部 学生研究発表会(東工大)で、研究成果を発表しました。

2019/02/09 学部4年の井野、瀧山、津村、桐原の卒業論文発表が行われました。

2019/02/05 修士2年の橋長、臼井、西尾の修士論文発表が行われました。

2019/1/11 学外研究者による修論、卒論のレビュー会を行いました。貴重なコメントをいただきました。

2019/1/9 師岡研卒業生 山田創平君(現在 原子力規制庁)原子力理工学概論で"人と環境を守る組織であるために”を講義しました。

2018/12/11 電気通信大学及び東京都市大学との合同発表会合同発表会を行いました。学生同士で活発な質疑・議論が行われました。

2018/12/18 師岡研 2018年3月卒業生山口君の論文""様々な流路形状を用いた場合の自然循環流量に関する研究"が 日本混相流学会誌 12月号(Journal of Multiphase Flow Vol.32,No.4(2018),pp432)に掲載されました。

2018/12/5 "社会イノベーションと地域の持続性 -- 場の形成と社会的受容性の醸成" をこちら師岡が共著で出版しました。

2018/11/10 M2、M1が東京都市大学と合同中間発表会を行いました。先生方から貴重なコメントをいただきました。

2018/10/15 M2橋長、M1野崎が日本原子力学会 関東甲越支部 第17回若手研究者発表討論会で発表を行いました。写真・感想はこちら

2018/9/29-30 2018年度 師岡研ゼミ合宿を行いました。写真・感想はこちら

2018/9/11 B4井野、津村、桐原が東芝ESS社、東芝プラントシステムを見学しに行きました。(感想はこちら)

2018/9/8 M1野崎がメンバである早稲田大学バックエンド問題研究会が発表した環境経済・政策学会2018に参加しました。 テーマは、「高レベル放射性廃棄物(HLW)の最終処分をめぐる社会的受容性と可逆性」です。(感想はこちら)

2018/8/27-28 B4井野が日本原子力学会 関東・甲越支部 現地情報交換会 ー東電福島第一原子力発電所およびJAEA研究施設見学会ーに参加しました。(感想はこちら)

2018/8/18-19 M1落合が”未来を見据えた原子力オープンスクール2018”で放射線について知識のない小学生や中学生に説明しました。(感想はこちら)

2018/8/22-24 学部4年の津村、井野が、2018年度 原子力人材育成研修「PWR設計技術を基盤とした原子力人材の育成」(三菱重工グループ,神戸造船所 (兵庫県神戸市))で、研修を行いました。(感想はこちら

2018/8/8 修士1年の吉村、落合が混相流シンポジウム2018(東北大)で研究成果を発表しました。(当日の様子はこちら。

2018/7/12 東京都市大学の鈴木研究室との合同ゼミを実施しました。原子力の社会的な側面についてディスカッションを行いました[email protected]西早稲田キャンパス(写真と感想はこちら

2018/6/24 師岡研の親睦を深めるBBQをお台場の潮風公園にて行いました。(写真と感想はこちら

2018/6/21 学部4年生 瀧山、津村 が原子力人材育成ネットワーク「確率論的リスク評価演習」名古屋大研修に行ってきました。(感想はこちら

2018/6/14 修士1年加藤が第23回動力・エネルギー技術シンポジウム(山口県 国際ホテル宇部)で、研究成果を発表しました。

208/6/16 修士2年 東京都市大学と合同中間発表会を行いました。先生方から貴重なコメントをいただきました。

2017/06/26 卒業生の山口君の論文“様々な流路形状を用いた場合の自然循環流量に関する研究”が混相流に早期公開されました。

学部4年生 井野、津村、桐原 が原子力人材育成ネットワーク「手計算による過酷事故進展解析演習」名古屋大研修に行ってきました。(感想はこちら

2018/5/25 東京都市大学の鈴木研究室との合同ゼミを実施しました。研究発表・質疑応答・議論を通して、研究の理解深化や新たな気づきが得られました。(集合写真はこちら

2018/4/20 新メンバーを加えて、研究室メンバーのプロフィールを更新しました。(メンバー一覧はこちら

2018/3/27 2018 年 秋の原子力学会(大阪大学)で 山口がフェロー賞を授与されました。(賞状の写真はこちら)

過去のNEWSはこちら