日本原子力学会 秋の大会 富山大 修士2年 加藤、吉村、落合、修士1年 桐原

◆学会の様子◆

口頭発表の様子

口頭発表の様子

口頭発表の様子

口頭発表の様子

◆感想◆

発表10分、質問5分で口頭発表を行いました。会場も大きく、聴講者も多かったため少し緊張しましたが、短い質問時間の中で貴重なコメントを頂くことができました。いただいたコメントを修論にもいかしたいと思います。

原子力学会2019秋の大会で研究発表を行いました。外部の大学や研究機関の方々からのコメントやご質問を通して、今後の研究に活かせる知見や新たな観点を得ることが出来ました。また、様々な研究発表を拝見して非常に勉強になっただけでなく、交流を通して楽しく参加できたと感じております。今回の学会は富山県で開催され、自然豊かで心身ともにリフレッシュできました。 富山大学で行われた日本原子力学会2019秋の大会で研究発表をさせていただきました。

大学、企業の方々の前での発表、質疑応答はとてもやりがいがあり、大変貴重な経験となりました。また、他の発表者の方々の発表を聴講し、とても勉強になり、刺激を受けました。 良い部分を吸収し、自分の研究に活かしていこうと思いました。

toyama 原子力学会 秋の大会は聴講者が多いなかでの発表となり、限られた時間内で分かりやすく成果をアピールする術や質問応対力の鍛えられる、有意義な学会であったと感じます。