米国研修 修士2年 加藤周 2月17日から29日

国際原子力人材育成大学連合ネットワークによる原子力教育基盤整備モデル事業(http://www.nr.titech.ac.jp/d-atom/)」【米国研修】で、 2月17日から29日まで、テキサスA&M大学・世界銀行・在ワシントン日本大使館・アイダホ国立研究所を訪問しました。

アメリカのアカデミアでの原子力に関する研究内容や実験設備から、原子力研究への投資や将来的や利活用の構想まで 幅広く見聞を広めることができました。 特にアメリカでは原子力は軍事や安全保障と密接に関わる領域でもあり、発電・放射線・セキュリティなどあらゆる原子力分野にて、 想像以上に設備投資や人材育成が行われていると感じました。 原子力には様々な課題が山積している現状を踏まえ、その課題の克服に向けて 長期的かつ多角的な視点から利活用や研究開発、海外連携の支援を行うことの必要性を感じました。

本研修の引率等多大なご支援を下さいました東京工業大学の西村章先生に 厚く御礼を申し上げます。