Research outline / 研究概要

研究テーマ

研究分野
デザイン&ブランドイノベーション・マネジメント

ラグジュアリー ブランディング&戦略論、
ブランドイノベーション・マネジメント、
デザインイノベーション・マネジメント、
新商品デザインマネジメント、
商品開発方法論(特に、「商品企画七つ道具」)、
経験価値創造/経験価値マーケティング&マネジメント、
感性工学、
官能評価、
品質経営(TQM)、
環境ビジネス(特に、環境対応商品、廃棄物・資源循環ビジネス)

メッセージ

長沢ゼミは、デザイン&ブランドイノベーション・マネジメントを軸に欧州ラグジュアリーブランドから日本の老舗企業までを研究対象とし、ラグジュアリー戦略論、経験価値論やデザインマネジメント論、イノベーションマネジメント論などを駆使して実社会に有用な研究を目指した活動を行っています。ゼミ生は、全員が社会人または社会人経験者で、ビジネスの実務と大学の研究の両輪で活動をしております。

その研究成果が国内外に認められた結果、2012年度よりラグジュアリーブランディングに一段と特化し、日本で初、世界で2校目となるLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトンによる寄付講座「ラグジュアリーブランディング系モジュール」を開講いたしました。
日本は欧米諸国に比べ、ラグジュアリービジネス、富裕層ビジネス研究への取り組みが進んでいるとは言えず、実務で経験的に実感していても、その理論を体系立てて学べる機会は少ないのが現状でした。当ゼミはラグジュアリーブランド企業のみならず、高くても売れる商品、高くても熱烈なファンのいるブランドを目指す企業でキャリア形成・スキルアップを目指す人を対象としています。「理論と実践の融合」を目指すWBSの土壌を存分に活かしつつ、世界水準のラグジュアリーブランディング研究の最先端で、実務への示唆に富んだ研究・教育を行っております。

普段のゼミは、ほとんどがディスカッション形式で行われます。ゼミ生が問題意識を持ってディスカッション・テーマを提起し、議論を行います。人数は少な目ですが、ゼミOBやゲストも加わり「千客万来」で楽しくかつシャープな議論ができることが特徴です。

長沢ゼミには2つの理念があります。一つは「オリジナリティを持つこと」、もう一つは「必ず成果を出すこと」です。研究を進める上で必須の要件であり、ゼミ生は常にこの2つが求められます。厳しい反面、モチベーションを高く維持でき、多くの研究成果に繋がっています。

Grant-in-Aid (Research Output) / 科研費(研究業績)

研究テーマ

ラグジュアリーブランドのものづくりブランド化の過程と我が国地場・伝統企業への応用
2018(平成30)~2022(同34)年 日本学術振興会科学研究費基盤研究(B)(商学関連分科)(研究代表者)

科学研究費実績

表 科研費受給実績
年度 受給費目と課題名(役割) 分科
1989(平成1)年 文部省科学研究費奨励研究「ファジィ理論の品質管理への応用」(研究代表者) 商学・経営学分科
1990(平成2)年 文部省科学研究費奨励研究「ファジィ理論の品質管理への応用」(研究代表者) 商学・経営学分科
1992(平成4)年 文部省科学研究費奨励研究「感性商品開発のためのマーケティング情報システムの基礎的研究」(研究代表者) 商学・経営学分科
1993(平成5)年 文部省科学研究費重点領域研究「感性デザインのためのマーケティング情報システムの基礎的研究」(研究代表者) 感性情報処理の情報学・心理学的研究
1994(平成6)年 文部省科学研究費重点領域研究「感性デザインのためのマーケティング情報システムの基礎的研究」(研究代表者) 感性情報処理の情報学・心理学的研究
1996(平成8)年 文部省科学研究費基盤研究(B)「感性工学に関する学際共同研究の枠組み構築のための企画調査」(研究分担者) 材料工学分科
1996(平成8)年~1997(同9) 文部省科学研究費基盤研究(C)「感性デザインのためのマーケティング情報システムの応用研究」(研究代表者) 情報科学分科
1997(平成9)年 文部省科学研究費重点領域研究「総合的環境品質管理を考慮した産業クラスタ・モデルの基礎的研究」(研究分担者) ゼロエミッションをめざした物質循環プロセスの構築
1997(平成9)
~1999(同11)年
文部省科学研究費基盤研究(C)「ファッションイラストレーションの表現と美意美意識のデザイン学的研究」(研究分担者) 時限付き分科細目「感性工学」
1998(平成10)年 文部省科学研究費特定領域研究(A)「物質循環を記述する数理モデルと地域ゼロエミッションの予測および評価」(計画研究班研究分担者) ゼロエミッションをめざした物質循環プロセスの構築
1998(平成10)~1999(同11)年 文部省科学研究費基盤研究(C)「感性デザインのためのマーケティング情報システムの応用研究」(研究代表者) 時限付き分科細目「感性工学」
1999(平成11)~2000(同12)年 文部省科学研究費基盤研究(C)「感性工学の領域と特異性に関する研究」(研究分担者) 時限付き分科細目「感性工学」
2003(平成15)~2005(同17)年 文部省科学研究費基盤研究(C)「心理量・生理量・物理量の相互関係による感性計測システムの開発と商品企画への応用」(研究代表者) 感性情報学・ソフトコンピューティング分科
2009(平成21)~2013(同25)年 日本学術振興会科学研究費基盤研究(B)「日欧の地場伝統産業のプレミアムブランド化のための感性価値創造および技術経営的検討」(研究代表者) 経営学分科
2013(平成25)~2015(同27)年 日本学術振興会科学研究費挑戦的萌芽研究「ラグジュアリーブランド構築条件の日欧企業比較による抽出と我が国の老舗企業への応用」(研究代表者) 経営学分科
2018(平成30)~2022(同34)年 日本学術振興会科学研究費基盤研究(B)「ラグジュアリーブランドのものづくりブランド化の過程と我が国地場・伝統企業への応用」(研究代表者) 商学関連
表 科研費審査実績
年度 役職名(役割) 審査区分
1997(平成9)年1月~2000(平成12)年1月 文部省学術審議会専門委員(科学研究費分科会)(科研費基盤研究(C)審査員) 時限付き分科細目「感性工学」
2010(平成22)年12月~2012(平成24)年11月 (独)日本学術振興会「科学研究費委員会」専門委員(科研費挑戦的萌芽研究審査員) 分科細目「経営学」
2016(平成28)年12月~2018(平成30)年11月 (独)日本学術振興会「科学研究費委員会」専門委員(科研費基盤研究(B)審査員) 商学関連

研究業績概要

表 科研費受給実績
年度 所属 著書訳書(外国語) 学術論文(外国語) 学会発表(外国語)
1978 早大修士課程     2 (0)
1979     1   (0) 1 (0)
1980 日本軽金属   2   (0) 1 (0)
1981 日軽金/明大助手   1   (0) 0 (0)
1982 早大博士課程・明大   0   (0) 1 (0)
1983   1 (0) 1   (0) 2 (0)
1984     9   (0) 9 (0)
1985     7   (1) 6 (0)
1986     11   (1) 9 (1)
1987   1 (0) 4   (1) 14 (1)
1988 産業能率大講師   3   (0) 10 (2)
1989     5   (0) 4 (0)
1990 亜細亜大講師 1 (0) 8   (3) 8 (0)
1991 亜細亜大助教授 1 (0) 5   (0) 11 (0)
1992   2 (0) 8   (0) 17 (0)
1993   1 (0) 8   (1) 19 (0)
1994   2 (1) 13   (2) 17 (2)
1995 立命館大教授 3 (0) 11   (0) 11 (0)
1996     11   (5) 7 (0)
1997   1 (0) 8   (3) 12(0)
1998   3 (0) 7   (1) 14 (0)
1999   1 (1) 10   (3) 18 (2)
2000   5 (0) 4   (2) 9 (0)
2001   1 (1) 17   (3) 11 (0)
2002   5 (1) 17   (3) 14 (0)
2003 早大院アジ太研教授 7 (0) 18 (14) 27 (7)
2004   3 (1) 13   (3) 18 (1)
2005   8 (1) 12   (6) 31 (3)
2006   4 (1) 11   (4) 14 (0)
2007 早大院商学研教授 6 (1) 13   (8) 26 (3)
2008   4 (1) 19   (9) 34 (6)
2009   12 (2) 19 (12) 20 (6)
2010   6 (1) 19 (14) 13 (2)
2011   2 (1) 18 (14) 22 (1)
2012   1 (0) 20 (13) 27 (3)
2013   3 (0) 15   (9) 24 (0)
2014   6 (0) 23 (18) 23 (0)
2015   5 (1) 23 (20) 14 (2)
2016 早大院経管研教授 4 (1) 12   (9) 14 (4)
2017   2 (0) 11   (9) 9 (2)
2018   5 (0) 18   (9) 13 (2)
  累計 106 (15) 431 (200) 556 (44)

エディターシップ

表 エディターシップ(特集号のゲストエディター等を除く)
学術雑誌 出版社 役職 備考
Luxury Research Journal, ISSN 2041-3831 (Print), 2041-384X (Online) The Inderscience Publishers Editorial Board Member, Regional Editor Japan 日本人唯一
Journal of Global Fashion Marketing, ISSN 2093-2685 (Print), 2325-4483 (Online) Routledge/ Taylor & Francis Group Editorial Board Member 日本人4人中の1人
Journal of Marketing Trends,ISSN 1961 -7798 (Print) ISSN 2114-8910 (Online) the Marketing Trends Assoc. Editorial Board Member 日本人4人中の1人
Luxury: History, Culture, Consumption, ISSN 2051-1817 (Print), 2051-1825 (Online) Routledge/ Taylor & Francis Group Editorial Advisory Board Member 日本人唯一
International Journal of Quality and Service Sciences, ISSN 1756-669X Emerald Publishing Editorial Advisory Board Member 日本人唯一

寄附講座・提携講座

表 民間企業等より受けた寄附講座・提携講座実績(契約ごと)
年度 講座名(役割) 受入金額
2012(平成24) LVMHモエ へネシー・ルイ ヴィトン・ジャパン㈱寄附講座(寄附講座責任者) 8,000,000円
2012(平成24) ㈱アルビオン寄附講座(寄附講座責任者) 1,000,000円
2013(平成25) LVMHモエ へネシー・ルイ ヴィトン・ジャパン㈱寄附講座(寄附講座責任者) 8,000,000円
2013(平成25)
~2014(平成26)
㈱アルビオン寄附講座(寄附講座責任者) 2,000,000円
2014(平成26) LVMHモエ へネシー・ルイ ヴィトン・ジャパン㈱寄附講座(寄附講座責任者) 10,000,000円
2015(平成27) ㈱アルビオン提携講座(提携講座責任者) 1,000,000円
2016(平成28) ㈱アルビオン提携講座(提携講座責任者) 1,000,000円
2017(平成29) ㈱アルビオン提携講座(提携講座責任者) 1,000,000円
2017(平成29) 医療法人社団美人会 共立美容外科・歯科提携講座(提携講座責任者) 1,000,000円
2017(平成29) ㈱プロロジス寄附講座(寄附講座責任者) 5,000,000円
2018(平成30) ㈱アルビオン提携講座(提携講座責任者) 1,000,000円
2018(平成30) 医療法人社団美人会 共立美容外科・歯科提携講座(提携講座責任者) 1,000,000円
2018(平成30) ㈱プロロジス寄附講座(寄附講座責任者) 5,000,000円
2019(平成31) 医療法人社団美人会 共立美容外科・歯科提携講座(提携講座責任者) 1,000,000円
2019(平成31) ㈱プロロジス寄附講座(寄附講座責任者) 5,000,000円

科学研究費成果(研究業績)

受給中の科学研究費は、以下のような研究成果に繋がっています(2018年度~)。

書籍

  1. 長沢伸也編著『ラグジュアリーブランディングの実際-3.1 フィリップ リム、パネライ、オメガ、リシャール・ミルの戦略-』、海文堂出版、195pp., 2018.4.25, ISBN 978-4-303-72387-3
  2. 長沢伸也編著『ロジスティクス・SCMの実際-物流の進化とグローバル化-』、晃洋書房、231pp., 2018.6.30, ISBN 978-4-7710-3075-6
  3. 長沢伸也編『地場ものづくりブランドの感性マーケティング-山梨・勝沼醸造、新潟・朝日酒造、山形・オリエンタルカーペット、山形・佐藤繊維-』、同友館、326pp., 2019.1.25, ISBN 978-4-496-05399-3
  4. 長沢伸也編『感性&ファッション産業の実際-ファッション産業人材育成機構、ビームス、山田松香木店、共立美容外科・歯科-』、海文堂出版、189pp., 2019.3.8, ISBN 978-4-303-72386-6
  5. 長沢伸也・坂東佑治共著『ハイエンド型破壊的イノベーションの理論と事例検証-リシャール・ミル、トーキョーバイク、ホワイトマウンテニアリング、バルミューダのブランド戦略-』、晃洋書房、157pp., 2019.3.10, ISBN 978-4-7710-3108-1

学術論文

  1. Jiang, Zhiqing, and Shin'ya Nagasawa: Luxury Brand Information Exposure of Authenticity Influences its Rarity, Conference Papers, 13th Global Brand Conference: Branding in the Digital Age: Innovation & Responsibility, Day 2, Track 3: Brand Love/Hate & Authenticity, pp.1-7, The Academy of Marketing's Brand, Corporate Identity and Reputation Special Interest Group, and Northumbria University, Newcastle, UK, 2018.5.3
  2. Nagasawa, Shin'ya, and Norihiro Suganami: Flagship Shop Strategy For Brand Building – Case of UNIQLO –, Proceedings of '2018 Global Marketing Conference at Tokyo,' pp.1144-1156, Global Alliance of Marketing & Management Associations, 2018.7.28, ISSN 1976-8699, DOI: 10.15444/GMC2018.09.06.03
  3. 長沢伸也:特集「感性商品研究の最前線」 感性工学と感性評価と経験価値、日本感性工学会誌「感性工学」、第16巻第3号、pp.125-132, 日本感性工学会、2018.9.30, ISSN 1882-8930
  4. 入澤裕介・山本典弘・長沢伸也:特集「感性商品研究の最前線」 感性商品開発における商品デザインと感性価値の考察-経験価値・感性・エモーショナルデザインの関係性-、日本感性工学会誌「感性工学」、第16巻第3号、pp.133-139, 日本感性工学会、2018.9.30, ISSN 1882-8930
  5. 入澤裕介・長沢伸也:特集「感性商品研究の最前線」 老舗戦略の理論的枠組みに向けた考察と事例、日本感性工学会誌「感性工学」、第16巻第3号、pp.167-173, 日本感性工学会、2018.9.30, ISSN 1882-8930
  6. 杉本香七・長沢伸也:特集「感性商品研究の最前線」 持続的なブランド価値のマネジメント-ラグジュアリーブランドのアイコンプロダクト戦略からの示唆-、日本感性工学会誌「感性工学」、第16巻第3号、pp.174-180, 日本感性工学会、2018.9.30, ISSN 1882-8930
  7. Nagasawa, Shin'ya: Promotion of the Fair and Structural Reform of the Industrial Waste Management Contractors in Japan, Conference Proceedings of 'Going Green: CARE INNOVATION 2018 – Towards a Resource Efficient Economy, 7th International Symposium and Environmental Exhibition –,' 3.2.4 Legislation Updates pp.1-9, CARE Electronics, 2018.11.28
  8. Kuo, Chi-Hsien, and Shin'ya Nagasawa: Deciphering Luxury Consumption Behaviour through Knowledge- Attitude-Behaviour Perspectives, Proceedings of 18th International Marketing Trends Conference (IMTC2019), Research Session Luxury Industries, pp.1-16, ESCP-EAP Europe Paris, 2019.1.19, ISBN 978-2-9532811-2-5
  9. 長沢伸也:特集「化粧品における「感性」の評価とその製品開発への応用」 化粧品に女性が感じる「感性」のメカニズムと製品開発、COSMETIC STAGE,第13巻第3号、pp.1-12, 技術情報協会、2019.2.25 ISSN ISSN 1881-4905
  10. 長沢伸也・菅波紀宏:フラッグシップショップ戦略によるブランド構築(第3報)-ラグジュアリーブランドとSPAブランドの比較-、早稲田国際経営研究、第50号、pp.1-14, 早稲田大学WBS研究センター、2019.3.31, ISSN 1882-6423
  11. 長沢伸也・大津真一:関係的経験価値(RELATE)に着目した経験価値分析-消費者が求める「繋がり感」の本質-、早稲田国際経営研究、第50号、pp.15-26, 早稲田大学WBS研究センター、2019.3.31, ISSN 1882-6423
  12. Nagasawa, Shin'ya: Promotion of the Fair and Structural Reform of the Industrial Waste Management Contractors in Japan, Waseda Business & Economic Studies, No.53, pp.15-32, Graduate School of Commerce, Waseda University, 2019.3.31, ISSN 0388-1008
  13. 長沢伸也:ラグジュアリーブランドにおける信頼と安心、日本感性工学会誌「感性工学」、第17巻第1号、印刷中, 日本感性工学会、2019.3.31, ISSN 1882-8930
  14. 長沢伸也:経験価値の基礎、商品開発・管理研究、第15巻第2号、pp.2-29, 商品開発・管理学会、2019.3.31, ISSN 1880-0297
  15. Chen, Si, and Shin'ya Nagasawa: Sustainable Business Model Innovation Linking Strategic Design Thinking :The Core Approach to Entrepreneurship Education in the Discipline of Design, Conference Proceedings of Academy for Design Innovation Management Conference 2019,' being printed, Academy for Design Innovation Management, 2019.6.18-21
  16. Kumagai, Ken, and Shin'ya Nagasawa: Subjective Well-being and Brand Luxury: A Comparative Discussion between Physical Stores and E-Retailers, Proceedings of 'Global Fashion Marketing Conference at Paris,' being printed, Global Alliance of Marketing & Management Associations, 2019.7.11-14

学会発表

  1. Jiang, Zhiqing, and Shin'ya Nagasawa: Study on Luxury Brand Authenticity's Influence on Brand Rarity, Proceedings of Monaco Symposium on Luxury, Academic Presentations p.22, INSEEC Business School and the International University of Monaco, 2018.4.13
  2. 杉本香七・長沢伸也:持続的なブランド価値のマネジメント-ラグジュアリーブランドのアイコンプロダクト戦略からの示唆-、感性商品研究部会第64回研究会発表資料、p.1, 日本感性工学会感性商品研究部会、2018.7.14
  3. 外川哲・長沢伸也:商業施設の現状とコト消費-問題提起と仮説-、感性商品研究部会第64回研究会発表資料、pp.1-3, 日本感性工学会感性商品研究部会、2018.7.14
  4. 長沢伸也:ラグジュアリーブランドにおける信頼、日本学術会議 総合工学委員会・機械工学委員会合同「工学システムに関する安全・安心・リスク検討分科会「工学システムに対する安心感等検討小委員会」(第24期・第3回)発表資料、pp.1-4, 日本学術会議、2018.8.10
  5. 熊谷健・長沢伸也:服飾品ブランドの知覚高級感に対する隣接店舗イメージの影響-知覚変化の非線形性に注目して服飾品店舗開発戦略の検討-、商品開発・管理学会第30回全国大会講演・論文集、pp.36-41, 商品開発・管理学会、2018.8.31
  6. 川村亮太・長沢伸也:地場産業における高付加価値ブランドの構築に関する研究(1)-ラグジュアリー戦略による価値創造の考察-、第20回日本感性工学会大会予稿集、C3-01 pp.1-3, 日本感性工学会、2018.9.5
  7. 長沢伸也・川村亮太:地場産業における高付加価値ブランドの構築に関する研究(2)-ラグジュアリー戦略による価値創造の考察-、第20回日本感性工学会大会予稿集、C3-02 pp.1-3, 日本感性工学会、2018.9.5
  8. 外川哲・長沢伸也:商業施設の「経験価値」による高付加価値化に関する提案と事例検証-「2k540 AKI-OKA ARTISAN」の事例を基に-、第20回日本感性工学会大会予稿集、C3-03 pp.1-3, 日本感性工学会、2018.9.5
  9. 長沢伸也:感性価値/物神的価値のこれから-ラグジュアリー戦略の適用と重要性-、第20回日本感性工学会大会予稿集、C3-05 pp.1-7, 日本感性工学会、2018.9.5
  10. 長沢伸也:ラグジュアリービジネスの変革-ルイ・ヴィトンによるアフリカ系デザイナー大抜擢の事例に見る-、第20回日本感性工学会大会予稿集、C3-06 pp.1-7, 日本感性工学会、2018.9.5
  11. 長沢伸也:感性価値戦略、第9回横幹連合コンファレンス予稿集、C-4-1, pp.1-4, 横断型基幹科学技術研究団体連合、2018.10.7
  12. 長沢伸也:ラグジュアリーブランドにおける信頼(≒安心)、日本学術会議 総合工学委員会・機械工学委員会合同「工学システムに関する安全・安心・リスク検討分科会「工学システムに対する安心感等検討小委員会」(第24期・第5回)発表資料、pp.1-12, 日本学術会議、2018.11.7
  13. Nagasawa, Shin'ya: Promotion of the Fair and Structural Reform of the Industrial Waste Management Contractors in Japan, Conference Program & Abstract Book of 'Going Green: CARE INNOVATION 2018 – Towards a Resource Efficient Economy, 7th International Symposium and Environmental Exhibition –,' p.26, CARE Electronics, 2018.11.26
  14. 長沢伸也:ラグジュアリーブランドの現状と日本ブランドの課題、繊維学会第193回被服科学研究委員会講演資料、pp.1-5, 繊維学会被服科学研究委員会、2019.1.24

学生の声

  • 商学研究科博士後期課程
  • 入澤 裕介
  • 2010年度入学
  • マーケティング・国際ビジネス専修

商学研究科で今学んでいる(研究の対象としている)ことは、革新的な商品・サービスを創造するための商品デザインマネジメントです。見た目に関わる形態のデザインだけでなく、新商品を創造するためのプロセスや感性に訴えかける価値のデザイン、さらには他社と差異化を図るためのブランドデザインと幅広い内容となっています。具体的な対象企業・商品としては、ルイ・ヴィトンやシャネルなど欧州ラグジュアリーブランド、俵屋や末富など京都老舗企業の伝統と革新などがあります。

私は社会人大学院生としてITに関わる新規ビジネスの企画業務に従事しており、“今学んでいることと全く関係がないのでは?”と言われることが多いです。しかし、ビジネスの企画は非常に泥臭い実務であり、かつ、新たなアイデアを出すためのバックグランドが非常に重要になります。そういった意味で新規ビジネスの企画に非常に良い影響を及ぼしています。特に感性価値の視点はITの新たなビジネスを考える上で今後重要な要素であり、ITビジネスへの転活用を日々実践しています。

出典:早稲田大学商学研究科パンフレット2011

  • 商学研究科ビジネス専攻MOTプログラム
  • 木津 由美子
  • 2012年3月修了、経営学修士(早稲田大学)
  • ビューティ・エディター

在学中、MOTプログラムにて長沢伸也教授のもと「ラグジュアリーブランド」について学びました。ブランド論を学ぶのに、なぜMOTなのか? 私の場合、「化粧品」というモノを基点としてラグジュアリーという戦略について考察したいこと、長沢教授の研究対象のひとつがラグジュアリーブランドであるためです。

女性誌のビューティ・エディターとして数々の化粧品ブランドの変遷を見てきていますが、ブランドや企業の強さと弱さ、その裏側にあるロジックについて、これまで持たなかった視点で掘り下げることができつつあるように思います。また、仕事上縁のない企業について学ぶ機会を得て、化粧品業界そのものの特性や位置づけを改めて認識できるようにも思われます。

ビューティ業界を専門とする編集者やジャーナリストは多くいますが、在学中に学んだ知識を生かし、異なる軸をもって新たな視点から語ることで、化粧品業界の発展に寄与し、日本の女性たちがなお一層美しくなってくれればと思っています。

出典:早稲田大学商学研究科パンフレット2011

PAGE TOP