next up previous
Next: (プロローグ):「体育学研究における情報処理」 Up: 「本書」について Previous: 「本書」について

「体育の科学」編集部への照会

97.1.1

「体育の科学」編集委員長  (株)杏林書院 担当者    御中

早稲田大学 中村好男

「インターネット時代のスポーツ科学」連載にあたって

  1. 内容は、当初の依頼時に容易に予想されたものとはかけ離 れたものになってしまったとは思いますが、その顛末につい ては第1章に記載し、そして、連載を貫く精神については第2 章にほのめかしております。

    なぜ、このようにイントロが2章になったかとい うと、第1章のような書き方は編集委員の方々の顰蹙を買う のではないかと思い、実際には第2章から初めてもらっても 良いと思ったからです(その場合には、第一章の最後の付記 [山本君へ:current.texです]は、第二章末尾に記載してく ださい)。もちろん、第1章からそのまま掲載していただく ことが私の希望ですが、それはあまり強い希望ではないとい うことです。

  2. 今回は現時点での5章分をまとめて送付しておりますが、 これは、当面の方向がつかめるようにと提出したもので、第3 章以降は、実際には毎月の締め切り時に1章づつを個別に送付 させていただきたいと思っております。したがって、第三章以 降の毎月の原稿提出について、「いつまでに、どのような形で」 送付したらよいかをご返信ください。

  3. この項は最も大切な事項ですが、今回の「連載」にあたっ ては、(第一章末尾に触れたとおり)その元の著作(以下、 「本書」)を私の開設しているwwwのディレクトリ上で先に公 開することをご了解頂だきたく思います(この時点で既に公開 されています)。すなわち、そこに記されているように、今回 の「体育の科学」誌上への掲載は、「未発表記事の掲載」なの ではなくて、「wwwファイルからの転載」という形にしていた だきたいということです。これは、今回の連載テーマを完結す る上での「実験」の意味あいを含んでおり、この形態での発表 についてのechoがあった場合には、それを取り上げる形で連載 を進行させていただきたいと考えているからです。そして、こ の文書自体ならびに編集部からの返信についても、特にご異論 がなければ「関連資料」としてホームページ上で公開させてい ただくこととさせていただきます。(したがって、返信は電話 ではなくできるだけ文書でお願いします。)また、今回送付の 第一章につきましては、誌上掲載の有無にかかわらず、ホーム ページ上の文書はそのまま掲載を続けます。

  4. 「本書」を含む上記のwww上の全ての公開物は、私が文書 を更新した時点で適宜更新されますし、私の判断で予告無くそ の一部あるいは全部が変更あるいは削除されることがあります。

  5. 今回の誌上転載も、体育の科学の規定に従えば「原稿料」 の支払い対象に相当する可能性があるのではないかと思われま す。そして、一般的に「原稿料」というのは、出版社の制作物 (その版権は出版社にある)の上に、著者が著作権を持つ著作 物を「使用する」ための使用料に相当するものと、私(中村) は理解しています。この理解が正しければ、今回の「転載」に ついても原稿料が規定通り支払われることになるかもしれませ ん。しかしながら、以下の事例を想定した上で、

    1. 一般的に出版社としてはそのような事態を許容する のかどうか。
    2. そもそも「原稿料」とは何の代価であって、著者や 著作物に対してどのような制約を与える性質のものであるの か。
    3. また、原稿料授受の有無に限らず、一般的に、誌上 に掲載された著作物が他に転用されるに際して、著者にはど のような倫理的責任が課せられるのか。

    について、ご回答をいただきたく存じます。これは、今後の研 究者の情報発信形態を考える上での資料とさせていただくと共 に、可能であればその集約を、「本書」に掲載したいと思って います。

    事例I)
    www上に公開された「本書」の一部または全部を、 その読者がダウンロードして自分のプリンタで印刷し、それ をコピーして配布する。(私はこれを自由に認めたいと考え ています)
    事例II)
    www上の「本書」を読んだ第三者が、別の誌上 あるいは単行本の形で、「体育の科学」誌上に掲載したのと 同じ内容(あるいは一部あるいはそれ以上)を転載利用する。 (「本書」についてはそのような依頼があるとは思えません がgif、今後の出版形態を考える上では避けて通れ ない問題だと考えました)

  6. 前項に関連して、基本的に私は今回の転載に関して原稿料 をいただきたくないと考えています。しかし、ただそれを言う だけでは、前項のような問題に対する解決を先送りして責任の がれをしていることにつながりますので、5)項の質問に対す る返信をいただいた上で、私の立場を明瞭にさせたいと思って おります。したがって、上記の3、4)をご了解いただいた上 で、なおかつ、5)において、事例IあるいはIIに類似したい かなる事態が生じても法的・倫理的問題が生じないという返信 をいただいた場合には、喜んで、原稿料をいただきます。もち ろん、なにがしかの問題が生じそうな場合には「喜んで」原稿 料をいただきません。

  7. 今回の原稿送付は厳密には「提出」ではありません。もち ろん、編集委員会におかれましても査読やあるいは内容吟味を 経た上で「掲載許可」が与えられるものと思いますので、その 手続きに供していただくことは、私の望むところであります。 しかし、「上記の全てに対して適切な返信をいただいた上で、 私が納得する」ということを、今回の「転載」の条件とさせて いただきたく思います。

  8. このように勝手なことをいう著者は希有だとは思いますし、 権威ある「体育の科学」誌に掲載させていただくにあたってそ のような注文を付けるのは言語同断なこととは思いますが、せっ かくの機会なので、「インターネット時代」における「研究交 流」と「学術情報の発信」に関するありとあらゆることについ て、その意味と方向を模索したいという私の崩芽的な試みとし て、ご寛容いただけると幸いです。

  9. ついでながら著者校正は、こちらにfaxで送っていただい たものを基本的には山本君を介して電子メールで返送するとい う形にしたいと思います。もし、こちらからのfax送付の方法 が容易であることを発見した場合には、その時点でまた、ご連 絡いたします。
以上



Yoshio Nakamura
Mon Dec 27 10:02:29 JST 1999