next up previous
Next: インターネットの魔力 Up: ホームページ (3)権力抗争 Previous: インターネット学会大会

データ公開の可否

さて、前号で私は、「ホームページを利用したデータ公開」に ついて触れながら、「じつのところ私はやったことがない」と 述べた。本当の所は、ジョージアでの暇に任せていろいろな可 能性を模索しながら、「ホームページによるデータ公開」を考 えたことがあった。なにしろ、いずれもUNIX上のコマンド一つ で実施できることであるから、前号で記した「README」という ファイルの中にそのコマンドを入れておけば済むのである。い ちいち、一つ一つの図表を紙に印刷するよりは、最新の結果が インターネットブラウザでみることができれば、資源の節約に もなる。ところが、もしそれが「学術雑誌への掲載」を目指し て行った実験結果であるのだとしたら、インターネット上でそ のデータを公開するわけにはいかなくなる。きちんとした論文 に仕上げるために不特定多数の研究者からの批判や意見を仰ぎ たいと思ったとしても、それは結果的に「論文発表」の途を閉 ざしてしまうことになるのだ。

もちろん、仲間内だけで論議するための「回覧」ならば「既発 表」とはみなされないようなので、URLを公開しないとか、そ のページへのアクセスにはパスワードを必要にする、といった 対処を行えば、論文発表に際しても問題はなくなるようだ。し かし、「仲間内」以外には無価値に等しい私ごときの実験デー タなどを、仰々しく「パスワード付き」で公表するなんてこと は、およそばかばかしいし、これでは如何にもむなしい。そう いうわけで、私は、「データ公開」をあきらめたのだ。

結局、既存の「学術誌」というメディアを取るのか、それとも 「インターネット」という新しい可能性に賭けるのか。自分の データを多くの人に見てもらいたいという科学者は、最初の一 歩からどちらか選択するか決めなければならないのだ gif。そして私は、どちらに賭けるわけでもな く、優柔不断な研究生活を続けていくのである。



Yoshio Nakamura
Mon Dec 27 10:02:29 JST 1999