ミッション経営に関する文献


**基本文献**

小野桂之介『ミッション経営の時代』東洋経済新報社、1997年。

高橋俊介『知的資本のマネジメント』ダイヤモンド社、1998年。

一條和夫『バリュー経営』東洋経済新報社、1998年。

北矢行男『日本を救うソシオ・ビジネス―21世紀の主役に躍り出る「社会貢献型」企業』エイチアンドアイ、1999年。

石川昭;田中浩二『京都モデル―「グローバル・スタンダード」に挑む日本的経営戦略』プレンティスホール出版、1999年。

ボリエー(佐藤洋一監訳)『ニッチ市場の覇者たち』トッパン、1998年。

ジェフリー・ジェームズ(仁平 和夫訳)『生かし合う企業 vs 殺し合う企業 〜今日は競争し明日は手をつなぐ論理〜 』日経BP社、1998年。

コーエン・ベン,グリーンフィールド・ジェリー(神立景子訳)『ベン&ジェリー・アイスクリーム戦略―「価値主導のビジネス」が生んだ成功物語』プレンティスホール出版、1998年。

**ドメイン論**

アーサーアンダーセン『ミッションマネジメント』生産性出版、1997年。

クリストファー『起業家型マネジメントの方法』産能大出版部、1997年。

榊原清則『 企業ドメインの戦略論 』中央公論社、1992年。

三菱総合研究所『DI=ドメイン・アイデンティティ 』ダイヤモンド社、1989年。


**経営理念・社是・社訓:理論**

水谷内徹也『日本企業の経営理念』同文舘、1992年。

奥村眞一『現代企業を動かす経営理念』有斐閣、1994年。

梅沢正『顔の見える企業』有斐閣、1994年。

奥村徳一『経営と社会』同文舘、1987年。

山城章『現代の経営理念』白桃書房、1969年。


**経営理念・社是・社訓:事例**

『社是・社訓』生産性出版、1992年。

『海外企業の社是・社訓』生産性出版、1991年。

丹下博文『検証 新時代の企業像』同文舘、1993年。

中村孝士『社是・社訓考現学』中央経済社、1993年。

松木邦輔『顧客本位の経営理念』生産性出版、1993年。

ト−タルメディア開発研究所『脱「社是・社訓」』時事通信社、1990年。

渡部昇一『強い会社の社是・社訓を読む』広済堂出版、1987年。

吉本晴彦『不透明時代を乗り切る経営理念』曙出版、1985年。

森孝之『<想い>を売る会社』日本経済新聞社、1998年。

松下幸之助『実践経営哲学』PHP研究所、1978年。

江口克彦『経営秘伝』PHP研究所、1992年。


**経営理念づくりの手順**

川名正晃『戦略的経営理念づくりの手順』日本法令、1995年。

『経営理念の成分化と浸透の手順』中経出版、1994年。

『経営理念・ビジョンハンドブック』ダイヤモンド社、1991年。


**経営倫理**

宮坂純一『ビジネス倫理学の展開』晃洋書房、1999年。

エドワード(笠原清志【監訳】)『企業戦略と倫理の探求 』文真堂、1998年。

トム(沢崎冬日【訳】)『アリストテレスがGMを経営したら―新しいビジネス・マインドの探究』ダイヤモンド社、1998年。

ペ−ルセン・吉田謙二『ビジネス・エシックスの基礎 経営管理の意志決定と文化の次元 』 晃洋書房 、1998年。

田中宏司『コンプライアンス経営―倫理綱領の策定と実践』生産性出版、1998年。

水谷雅一『経営倫理のすすめ』丸善、1998年。

アギュラー『企業の経営倫理と成長戦略』丸善出版社、1997年。

野村総研『共感の戦略』野村総合研究所、1991年。

山田経三『経営倫理と組織・リーダーシップ』明石書店、1995年。

西岡健夫『市場・組織と経営倫理』中央経済社、1996年。

硲 宗夫『「良い会社」の条件―人・社会・文化のための企業像』中央経済社、1997年。


**コーポレートガバナンス**

寺本義也『日本企業のコーポレートガバナンス』生産性出版、1997年。

経済企画庁経済研究所【編】『日本のコーポレート・ガバナンス―構造分析の観点から』大蔵省印刷局、1998年。


[目次へ]