院生活動報告



  インデックス

  院生活動報告
  修士論文




■ 院生活動報告



 淡路 智典


研究テーマ: 憲法における比例原則


研究実績:
≫ 「リスク社会における立法と裁判の可能性――ドイツにおける議会と裁判所の予測に関する能力・権限の議論を
   参考として――」早稲田大学社学研論集14号(2009年9月)
≫ 「違憲審査基準としての比例原則と統制密度――議会の事実認定・予測権限をめぐるドイツの議論を参考として
   ――」早稲田大学社学研論集16号(2010年5月提出、2010年9月掲載予定)


ページの上へ戻る


 安原 陽平


研究テーマ: 教員の権利と義務


研究実績:
≫ 「公立学校教員志願者の「適性」と基本権保障に関する比較憲法学的考察――ドイツにおける憲法忠誠と就業禁
   止実践を参考として――」早稲田大学社学研論集13号(2009年3月)
≫ 「公立学校教員の勤務時間外における政治的活動の自由と憲法忠誠――ドイツにおける基本法33条5項の射程
   をめぐって――」早稲田大学社学研論集13号(2009年3月)
≫ 「公立学校教員の基本権主張可能性――職務上の行為、職務中の私的行為、職務外の行為――」早稲田大学
   社学研論集16号(2010年5月提出、2010年9月掲載予定)


ページの上へ戻る


 杉山 有沙


研究テーマ: 障害者差別禁止法


研究実績:
≫ 「障害者差別禁止法理の形成と「障害」モデル――イギリス障害者差別禁止法(DDA)への障害者運動の影響を
   素材として――」早稲田大学社学研論集16号(2010年5月提出、2010年9月掲載予定)


ページの上へ戻る




■ 修士論文


2007年度
≫ 今井 健太郎 「緊急事態下における司法権のあり方に関する一考察――ホスト9.11のアメリカ軍事委員会法制
   と人身保護請求管轄権を中心に――」
≫ 小池 洋平 「奴隷的拘束禁止の憲法上の意味――アメリカ合衆国憲法修正第13条制定にいたる奴隷解放議論
   を参考に――」
≫ 杉山 有沙 「日英障害者法理における障害と障害者の概念――1995年障害者差別禁止法の比較法的検討
   ――」


2007年度
≫ 安原 陽平 「公立学校教員における基本権保障の可能性とその限界――政治的意見表明の自由を中心として
   ――」


2006年度
≫ 淡路 智典 「現代国家における国家と社会の二元論の意味――C・シュミット、E・フォルストホフ、E-W・ベケン
   フェルデの諸説を通じて――」


2005年度
≫ 佐々木 勝実 「現代議会制における委員会制度の役割――イギリス議会下院改革の動向を参考にして――」




ページの上へ戻る








Copyright (c) 2009 西原博史研究室. All Rights Reserved.