研究業績

論文

  1. Nomura, R., Fujiwara, K. & Ikeguchi, T. (2022). Superposed recurrence plots for reconstructing a common input applied to neurons. Physical Review E,106:034205. https://doi.org/10.1103/PhysRevE.106.034205
  2. Nomura, R. (2022). Influence of crowd size on home advantage in the Japanese football league. Frontiers in Sports and Active Living, 4:927774. https://doi.org/10.3389/fspor.2022.927774
  3. 野村亮太 (2022) 大学教育における質問の効用:2020年・2021年オンライン開講科目「劇場認知科学」を対象に 認知科学, 29(2), 207-221.
  4. 野村亮太・小田部貴子・丸野俊一 (2021) 越境的マインドセット概念の提唱 人間科学研究, 34, 85-92.
  5. 野村亮太 (2021) 落語の師弟関係ネットワークの定量分析―芸の継承の系譜― 笑い学研究, 28, 5-15.
  6. 小田部貴子・野村亮太・一ノ瀬大一・丸野俊一(2021)越境的マインドセットの構成要素とその機能-M-GTAを用いた越境的学びと実践のインタビュー分析- 九州産業大学基礎教育センター研究紀要, 11, 25-36.
  7. Nomura, R., & Maruno, S. (2019). Rapid serial blinks: An index of temporally increased cognitive load. PLOS ONE, 14(12): e0225897.
  8. 野村亮太・ヒュース由美 (2019) 噺家の印象を測るものさし―演者の印象評定尺度の作成と印象評定値に観客の特性が与える影響―. 笑い学研究, 26, 29-40.
  9. 野村亮太・有原穂波・小澤基弘 (2019) 小学校・図工科における教師力育成のための研修実践とその効果. 美術教育学研究, 51(1), 257-264.
  10. Nomura, R., Liang, Y. Z., Morita, K., Fujiwara, K., & Ikeguchi, T. (2018). Threshold-varying integrate-and-fire model reproduces distributions of spontaneous blink intervals. PLOS ONE, 13(10): e0206528.
  11. Shimura, A., Hideo, S., Takaesu, Y., Nomura, R., Komada, Y., & Inoue, T. (2018). Comprehensive assessment of the impact of life habits on sleep disturbance, chronotype, and daytime sleepiness among high-school students. Sleep Medicine, 44, 12-18.
  12. 野村亮太・有原穂波・八桁健・小澤基弘・岡田猛 (2018) 児童の版画作品を見る目の熟達―教員養成系大学美術科教員と教育実習を経験した大学生の比較を通して―. 美術教育学研究, 50(1), 273-280.
  13. 野村亮太・丸野俊一 (2017) 質問と回答を取り入れた授業による認識的信念の変容. 教育心理学研究, 65(1), 145-159.
  14. Nomura, R., Liang, Y., & Okada, T. (2015). Interactions among collective spectators facilitate eyeblink synchronization. PLOS ONE, 10(10):e0140774.
  15. Nomura, R., Hino, K., Shimazu, M., Liang, Y., & Okada, T. (2015). Emotionally excited eyeblink-rate variability predicts an experience of transportation into the narrative world. Frontiers in Psychology, 6:447. doi: 10.3389/fpsyg.2015.00447
  16. 野村亮太・岡田猛 (2014) 話芸鑑賞時の自発的なまばたきの同期. 認知科学, 21(2), 226-244.
  17. 野村亮太・丸野俊一 (2012) 個人の認識論から批判的思考を問い直す. 認知科学, 19(1), 9-21.
  18. Nomura, R. & Maruno, S. (2011). Constructing a coactivation model for explaining humor elicitation. Psychology, 2(5), 477-485.
  19. 野村亮太・丸野俊一 (2011) 個人の認識論についての多重時間スケールモデルの提唱. 教育心理学研究, 59(2), 244-256.
  20. 野村亮太 (2010) あなたにはこの芸人がおススメです―芸人評価/位置づけ尺度(GELOS)の構成と信頼性・妥当性の検討―. 笑いの科学, 2, 57-62.
  21. 野村亮太・尾之上高哉・丸野俊一 (2010) 小学生版 J-GELOPH<6> の構成と信頼性・妥当性の検討. 笑い学研究, 17, 26-34.
  22. 野村亮太・丸野俊一 (2009) 熟達した噺家の語りに< 核> として現れる中心的な概念―共起ネットワークマッピングによる噺家の信念地図の作成―. 笑い学研究, 16, 12-23.
  23. 野村亮太・丸野俊一 (2008) なぜ “不調和解決” は “不調和” よりおもしろいか. 笑い学研究, 15, 45-55.
  24. 野村亮太・丸野俊一 (2008) ユーモア生成理論の展望―動的理解精緻化理論の提案―. 心理学評論, 51(4), 500-525.
  25. 野村亮太・丸野俊一 (2007) 演芸状況でのユーモア生成プロセスのモデル化―構造方程式モデリングによる検討―. 認知科学, 15(1), 188-201.
  26. 野村亮太・丸野俊一 (2007) ユーモア生成過程にみられる演者と観客による関係システムの解明. 認知科学, 14(4), 494-508.
  27. 野村亮太・丸野俊一 (2006) 落語の演者が用いる語りの方略がおもしろさに与える影響. 笑い学研究, 13, 13-23.

著書

  1. 野村亮太 (2021.2) 舞台と客席の近接学―ライブを支配する距離の法則 dZERO
  2. 野村亮太 (2020.7) やわらかな知性―認知科学が挑む落語の神秘 dZERO [第8回日本笑い学会賞受賞]
  3. 野村亮太 (2020.4) ラクガキの認知科学 In 小澤基弘(編著)ラクガキのススメ あいり出版
  4. 野村亮太 (2019.6) プログラミング思考のレッスン 集英社
  5. 野村亮太 (2017.6) 認知科学で読み解く In フィルムアート社(編) 落語の入り口—想像と創造のコミュニケーション (pp.118-125)
  6. Nomura, R. & Okada, T. (2016.7). Assessing the Appeal Power of Narrative Performance by Using Eyeblink Synchronization among Audience.In T. Ogata & T. Akimoto (Eds.) "Computational and Cognitive approaches to Narratology," Chapter 11 (pp. 304-321).
  7. 野村亮太・立川こはる (2017.3) 落語でつかむ話し方の極意―自己紹介に! スピーチに! プレゼンに! NHK出版
  8. 野村亮太 (2016.6) 口下手な人は知らない話し方の極意 認知科学で「話術」を磨く 集英社
  9. 野村亮太・雨宮 俊彦・丸野 俊一監訳 (2011.9) ユーモア心理学ハンドブック 北大路書房

招待講演

  1. 野村亮太 (2022.12) 共通入力の再構成がもたらす新たな劇場研究の展望,電子情報技術産業協会 感性のセンシング・インタラクション技術分科会
  2. 野村亮太 (2022.8) The power of music that moves listener's heart—literally. 非線形問題ワークショップチュートリアル講演
  3. 野村亮太 (2021.9) 表現研究におけるシステム論的な分析単位―再構成された共通入力を用いて― 日本認知科学会第38回 OS14「芸術を情報で現す意味」
  4. Nomura, R.(2021.3). Recurrence-based reconstruction of performer's input with using audience's blink responses. Online liveness symposium: Conceptualising, practicing, and measuring liveness. Goldsmiths, University of London, UK.
  5. 野村亮太 (2020.12) 新たな学術領域「ライブ・パフォーマンスの科学」の創出を目指して 電子情報通信学会データ工学研究会, オンライン開催
  6. 野村亮太 (2017.11) 集合行動からみた感性センシング:心が動く瞬間の同期 電子技術産業協会(JEITA) 感性センシング応用ロードマップ技術分科会
  7. 野村亮太 (2016.9) 大阪の笑いを探る―ぼけとつっこみ―日本パーソナリティ心理学会第25回大会 大会準備委員会シンポジウム, 関西大学
  8. 野村亮太 (2014.12) 観客どうしのまばたき同期で落語の間を測る・観る 日本認知科学会 冬のシンポジウム「創造性研究の方法論」,東京大学
  9. Nomura, R.(2007.6). Dynamical Comprehension and Elaboration Theory in Vaudeville Settings. 19th International ISHS Humor Conference, Newport, Rhode Island, USA.

国際会議

  1. Nomura, R. (2023.8). Testing the reliability of expert stage performances using a cross recurrence plot. The 10th Recurrence Plots Symposium. University of Tsukuba, Japan
  2. Nomura, R., Kaneko, A., Bai, M., and Mori, M. (2023.3) A scale for measuring “liveness” as a collective pleasure in music concert. Society for Affective Science 2023 Annual Conference, Main Conference. Long Beach, CA, USA.
  3. Mori, M. and Nomura, R. (2023.3). A model for measuring the intensity of being moved by stories. Society for Affective Science 2023 Annual Conference, Main Conference. Long Beach, CA, USA.
  4. Mori, M., Shimatani, T., and Nomura, R. (2023.3). Impact of recorded laughter and audience density on humor in virtual reality comedy theater: A pilot test. Society for Affective Science 2023 Annual Conference, Pre-conference. Long Beach, CA, USA.
  5. Nomura, R. (2021.7). A teacher—student bias in para-language use. The 32nd International Convention of Psychology (ICP2020+), Prague, Czech Republic.
  6. Nomura, R. (2019.3). Propagation and synchronization of contagious laughter in theater. 2019 International Convention of Psychological Science (ICPS2019), Paris, France.
  7. Nomura, R. and Ikeguchi, T. (2016.11). Modeling of human spontaneous eyeblinks.2016 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications (NOLTA 2016), Yugawara, Japan.
  8. Nomura, R. (2016.7). Applying Epistemology of Ecological Agents to Instructional Design and Practices. 31st International Congress of Psychology, Yokohama, Japan.
  9. Nomura, R. (2016.3). Elasticity of College Students’ Beliefs about Knowledge Utility. 31st International Congress of Psychology, Yokohama, Japan.
  10. Nomura, R. (2013.11). Visualizing collective-continuous measurement of emotion. Activating Inspiration and Creativity: International Symposium for Informal Learning in Art, Science, and Technology, Tokyo, Japan.
  11. Nomura, R. (2013.9). Listening to the ensemble of story-telling performance and audience reactions. The 3rd International Conference on Human and Social Science, Gregorian Pontifical University, Rome, Italy.
  12. Nomura, R. & Okada, T. (2013.8). Temporal coordination patterns of performer and audience in vaudeville settings. The 35 the Annual Conference of the Cognitive Science Society, Humboldt University, Berlin, Germany.
  13. Nomura, R. (2012.12). The Rakugo-learning environment: An alternative epistemology. The Macrotheme Conference on Education and Training 2012. Espace Vocation Paris Haussaman Saint-Lazare, Paris, France.
  14. Nomura, R. (2012.8). Clarifying position derived from sophisticated beliefs about the nature of knowledge-to-use. CogSci2012: 34th Annual Cognitive Science Conference. Sapporo Convention Center, Sapporo, Japan.
  15. Nomura, R. (2012.8). Epistemic beliefs about Knowledge-to-Use and Satisfaction toward classes. In the Proceedings of the 7th International Conference of Cognitive Science (ICCS2010),451–452. Beijing, China.
  16. Nomura, R., Onoue, T., & Maruno, S. (2010.6). The influence of little J-GELOPH and empathy on pro-social behaviors.In the Proceedings of the 22nd International ISHS Humor Conference. Hong Kong.
  17. Nomura, R. (2008.7). Constructing and testing humor elicitation models. International Congress of Psychology. In International Journal of Psychology, 43(3/4), 327. Berlin, Germany.
  18. Nomura, R. (2008.6). Dynamical elaboration riding on ripples of funniness. LIBM: First International Workshop on Laughter in Interaction and Body Movement, 28–33. Asahikawa, Hokkaido,Japan.
  19. Nomura, R. & Maruno, S. (2007.7). Time for elaboration process: Ride on a ripple of funniness. Proceedings of the 19th International ISHS Humor Conference, 62. Newport, Rhode Island, USA.

国内会議(主要のみ)

  1. 野村亮太・藤原寛太郎・池口徹 (2022.11) カオス応答を示すIzhikevichニューロンの発火率を用いた共通入力の再構成,電子情報通信学会NLP研究会,NLP2022-77, 122(280), 91–96. 立命館大学(2022.11.25)
  2. 森真美・木村真実・野村亮太 (2022.8) 対面とオンラインで異なる観客サイズ効果:物語広告を視聴中の自発性瞬目率による検討, 日本認知科学回第39回大会発表論文集, 29-35. O2-002A (2022.09.08)
  3. 野村亮太・関根和生 (2022.3) Levenshtein距離を用いた日本語フリースタイルラップにおける韻の同定 情報処理学会第84回大会, 4C-04.(2022.03.04)
  4. 木村真実・野村亮太 (2022.3) 人の心を動かす音楽の力の再構成 情報処理学会第84回大会, 5T-06.(2022.03.04)
  5. 野村亮太 (2021.2) 演者の熟達を定量化する―集団-交差信頼性 (cross-population reliability) の提案― 計算社会科学ワークショップ(2021.02.27)
  6. 野村亮太・池口徹(2019.3) 重畳リカレンスプロットを用いた共通入力の再構成 電子情報通信学会2019年総合大会, 早稲田大学
  7. 野村亮太・森田賢治・丸野俊一 (2018.8) 瞬目時系列情報を用いた学習者の理解の推定 日本認知科学会第35回大会, 立命館大学
  8. 野村亮太・池口徹 (2017.9) 三遊亭圓生の落語『死神』の非線形時系列解析 2017年電子情報通信学会NOLTAソサイエティ大会, 中京大学
  9. 島津真人・野村亮太 (2015.3) 視聴者のまばたき同期自動計測システム インタラクション2015, 東京国際交流館
  10. 野村亮太・岡田猛 (2014.9) 鑑賞経験は観客間のまばたき同期を促進する 日本心理学会第78回大会
  11. 野村亮太 (2009.8)“間”と“場”の理論・再考 日本笑い学会第17回研究発表会, 関西大学

学術賞

  1. 野村亮太 (2022.8) 第8回日本笑い学会賞 著書「やわらかな知性:認知科学が挑む落語の神秘,dZERO」に対して
  2. 野村亮太 (2020.11) 東京理科大学 理窓博士会 第14回学術奨励賞
  3. (共同受賞) 野村亮太・岡田猛 (2015.9) 日本認知科学会2014年論文賞 論文:話芸鑑賞時の自発的なまばたきの同期 認知科学, 21(2), 226-244.
  4. (共同受賞) 野村亮太・岡田猛 (2014.12) 日本心理学会2014年度学術大会特別優秀発表賞 発表:鑑賞経験は観客間のまばたき同期を促進する 日本心理学会第78回大会
  5. (共同受賞) Nomura, R., & Maruno, S. (2011.3) 知識共創フォーラム論文賞 論文:Do absolutist beliefs predict views of and satisfaction toward classes? In the Proceedings of Knowledge Co-Creation Forum, 1, section3, 1-7.
  6. Nomura, R. (2007.6). International Society for Humor Studies (ISHS) Graduate Student Award 受賞理由:Research demonstrating excellence and promise in the field of Humor Studies.

競争的資金・科研費(研究代表者のみ)

  1. 行動指標を用いた広告動画に対する好意度予測 (2023-2024) 吉田秀雄記念事業財団研究助成金 4,000千円 (直接経費: 3,200千円、間接経費: 800千円)
  2. 観客の集合行動を引き起こす共通入力の再構成 (2021-2024) 基盤研究(C) 4,160千円 (直接経費: 3,200千円、間接経費: 960千円)
  3. 落語の表現技法を活用した教師力育成・研修プログラムの開発 (2019) 日教弘本部奨励金 900千円(直接経費:800千円,間接経費:100千円)
  4. 数理的アプローチによる劇場コミュニケーションの統合的理解 (2018-2020) 特設分野研究 オラリティと社会 基盤研究(C) 4,160千円 (直接経費: 3,200千円、間接経費: 960千円)
  5. 動的な「演者-観客-観客系」の視点から捉えた噺家熟達化過程の解明 (2012-2014) 日本学術振興会・特別研究員PD 3,960千円 (直接経費: 3,600千円、間接経費: 360千円)
  6. 対話を取り入れた授業を実現する熟練教師の「わざ」の可視化と修練方法の確立 (2011) 若手研究(B) 3,640千円 (直接経費: 2,800千円、間接経費: 840千円) #日本学術振興会特別研究員PD採用のため,2012年度以降を辞退
  7. 創造的な問題解決を支える個人の認識論の獲得・変容過程の解明 (2009-2010) 研究活動スタート支援 2,548千円 (直接経費: 1,960千円、間接経費: 588千円)
  8. 噺家の『熟達化過程』の解明―動的な演者‐観客‐観客系の観点から― (2009-2011) 日本学術振興会・特別研究員PD 1,000千円 (直接経費: 1,000千円) #九州大学人間環境学研究院・助教への就職のため辞退
  9. 関係性の中に拓かれるユーモア生成メカニズムの解明 (2006-2008) 日本学術振興会・特別研究員DCおよびPD 2,800千円 (直接経費: 2,800千円)