早稲田大学 大学史資料センター(レファレンスルーム) 主催

                 大学院文学研究科沖ゼミ教総研IR研究部会) 共催

第9回私立大学研究フォーラム ご案内

 

大学における教育改善のための

センター組織の役割と機能

 

講師  川島 啓二氏(国立教育政策研究所総括研究官)

 

司会   沖 清豪氏(早稲田大学文学学術院准教授)

 

 近年の大学改革の中で、各大学に数多くのセンター組織が設置されてきました。これらのセンター組織は、一般・外国語教育の管理運営を行なうもの、学生の学習・生活面での支援を充実させるために設置されているもの、教職員の研修機能を重視して設置されているものといった教育機能の充実に資することを目的とするものから、高等教育や当該大学自体を調査研究するために設置されているものまで、役割・機能・形態などはまさに多様になっています。今後も、大学間で共通する課題に対応するためのセンターだけでなく、個別大学特有の課題への対応に特化したセンターが組織されていくことが予想されます。一方で、こうしたセンター組織のミッションの設定、運営のあり方、その活動の評価等については、解決すべき課題も残されているようです。

 本年度のフォーラムでは大学に設置されているこうしたセンター組織の実情に詳しい国立教育政策研究所の川島啓二先生に、現在までの研究で明らかになってきた実態と課題についてのお話しを伺い、それに基づいた議論を行なえればと考えております。

 

 日時: 20071219日(水)  18:00〜20:00

 場所: 早稲田大学国際会議場(総合学術情報センター)3階第2会議室

     総合学術情報センター(西早稲田キャンパスそば)http://www.waseda.jp/jp/campus/n_t_o_up.html

 

どなた様も自由にご参加ください。(無料)

なお資料の用意の関係上、あらかじめ下記に「出席のご連絡」をくださると幸いです。

  連絡先:      早稲田大学 大学史資料センター・レファレンスルーム

  担当者:      高橋 静枝

  電 話:      0332034141(大代表)+ 内線712118

  FAX :      直通0332085240,   学内内線714256

  e-mail       b109@waseda.jp


PFD版はこちら