サンプル画像

研究業績

●論文

** 論文はこちらをご参照ください **

●招待講演等(2011〜)

  1. リハビリテーション医学への計算神経科学の導入例, 日本リハビリテーション医学会学術集会共催シンポジウム, 神戸コンベンションセンター, 2019.6
  2. リハビリテーション医学と計算神経科学の融合の先にあるもの, 高崎健康福祉大学公開講座「脳機能計測とニューロリハビリテーション」, 高崎健康福祉大学, 2019.3
  3. Learning and neurorehabilitation, Neuronal circuits in motor behavior - OIST workshop, Human motor control, 沖縄科学技術大学院大学, 2019.2
  4. 脳・認知機能系の話題提供, 東京医科歯科大学—早稲田大学連携ワークショップ, 2017.7.12
  5. 立命館大学テクノロジーマネジメント研究科オープンフォーラムVol.3技術経営(MOT)の新潮流-脳科学とICTの融合によるビジネスの可能性-,「脳科学は世の役に立つのか?」, 2017.3
  6. 脳科学の社会活用への試みと課題ーリハビリやマーケティングを例としてー, 応用脳科学シンポジウム2017, 早稲田大学応用脳科学研究所, 2017.2.27
  7. 「学」から「産」へ, 第39回日本神経科学大会 産学連携シンポジウム「応用脳科学に求められる人材育成」, 2016.7
  8. What does society expect from neuroscience?, The Center for Information and Neural Networks (CiNet) Friday lunch seminar, 2015.7
  9. ニューロリハビリテーションの現状と将来, 第52回医工学研究会, 千葉大学フロンティア医工学センター, 2014.12
  10. Understanding the brain function through computational neuroscience, Summer School on Neurorehabilitation (Baiona, Spain), Plenary lecture, 2014.9
  11. 「脳とリハビリテーション」, 日本心理学会第78回大会 企画シンポジウム「脳から知る心と体の現在・過去・未来-個性の理解から教育・スポーツ・リハビリへの応用まで-」,2014.9.
  12. 「リハビリテーションと脳と運動学習」Japan Society for motor Control and Neuro-rehabilitation (JSMC and NR), 2014.8.
  13. 計算-神経-リハビリテーションの試み:「計算」をつけるとメリットがある? 身体性情報学研究会, 2013.10.27, 大阪大学吹田キャンパス工学研究科(大阪府)
  14. How do humans choose one arm from the other? 神経オシレーションカンファレンス シンポジウム,2013.7.19, 自然科学研究機構岡崎コンファレンスセンター(愛知県)
  15. Exploring Optimal Neurofeedback for Rehabilitation, Minisymposium on Robot-Assisted and BMI-Based Neurorehabilitation, The 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC’13), 2013.7.4, Osaka International Convention Center, Osaka, Japan.
  16. Behavioral simulation and computational model of stroke rehabilitation and recovery process, Symposium on Integration of computational sensorimotor control and rehabilitation, 第36回日本神経科学大会, 2013.6.21, 国立京都国際会館(京都府)
  17. 脳とリハビリテーション,けいはんな情報通信フェア, 2012.11.9,けいはんなプラザ(京都府)
  18. Osu R, Stroke rehabilitation inspired by computational neuroscience. 2012/6/24, Rome, Italy, workshop "Robotics for neuro-rehabilitation: challenges for improving impact on clinical practice", IEEE International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics (BIOROB 2012).
  19. Osu R, Stroke rehabilitation inspired by motor learning, motor learning theory inspired by rehabilitation. 2012/6/20, Institute of Movement Neurosceince, UCL, London, UK, IMN Seminar.
  20. Osu R, Watching brain activity during rehabilitation. 2011/12/2, Seoul, Korea, Workshop on Rehabilitation Engineering at Korea Institute of Science and Technology (KIST).
  21. 大須理英子, 運動制御、学習のモデルはリハビリテーションに役立つのか?. 2011/11/10-12, グランシップ(静岡県), 第41回日本臨床神経生理学会学術大会.
  22. Osu R, Estimating brain activity during rehabilitation. 2011/6/27-7/1, Zurich, Switzerland, Rehab Week Zurich / International Conference on Rehabilitation Robotics (ICORR2011).