本文へスキップ

早稲田大学大学院社会科学研究科・社会科学部 早田宰研究室
 

早稲田大学早田宰研究室

研究・教育・社会貢献プロジェクト

人・地域・社会がともに成長するまちづくり、循環する持続可能な地域、これが私たちの願いです。その支援方法についての研究は、地域コミュニティ、企業、NPO、地方自治体とともに人材を育成するアプローチでもあります。

現在の研究のとりくみtopics


次世代の持続可能な地域運営モデルの開発


成熟社会における持続可能な地域づくり、コミュニティレジリエンス、チャレンジとセイフティネット構築、市民、将来像、成果、コミュニティ、協働体制、制度のダイナミックな関係モデルを開発します。

脱成長の都市・地域ビジョン戦略のあり方


脱成長の基礎理論、都市ビジョン、とくにスローシティについて世界の都市の比較研究をおこないます。アジア諸国との共同研究・調査をおこないます。

自治基本条例・まちづくり基本条例に関する研究


地域社会の課題やまちづくりの基本的な制度的な枠組み、とくに協議型まちづくりや協働のまちづくりの支援の仕組み、運用について研究します。

都市停滞地域の社会再生アプローチに関する研究


人口減少、低需要、穴あき都市(perforated city)の予測、予防、自立奨励の総合政策について研究します。とくに市民社会意識、法意識の再生とコミュニティ再生の関係を研究します。

条件不利地域における地域経営・公共人材育成の研究


条件不利地域における地域経営資源の共有と未来を担う地域公共人材の育成について考えます。岩手県田野畑村と協働で研究をします。

これまでの研究news

2012年
シチズンシップ政策と地域再生についての研究ー盛人大学の試みー
2012年
衝撃的被災と長期的減退からの地域再生・レジリアンスの研究−日英合同研究−
2012年
復興交流圏−食と文化体験型学習を通じた原風景とコミュニティの再生−
2011年
地域協働とその制度化についての研究−川口市協働推進条例を例に−

早稲田大学早田宰研究室

〒169-0051
東京都新宿区西早稲田1-6-1
早稲田大学14号館953室

TEL 03-5286-1907
sohda□waseda.jp
 (□→@)