Our research focuses on CO2 emission reduction of energy conversion systems in terms of exergy engineering.

Exergy Engineering Research, Nakagaki Lab.

HOMEConceptResearchMiscellaneousLinkContact usAbout us

Title gallery shows an image picture for "Sustainable society" taken by our member.

Welcome to our website

早稲田大学中垣研究室のホームページへようこそ!
わたしたちの研究室では,動力エネルギーシステムにおけるCO2排出削減を目的に,エクセルギー工学の観点からさまざまな研究を展開しています.

インフォメーション

2020/5/13

論文リンク等をアップデートしました.

2020/4/3

2020年度の研究班をアップデートしました.

2019/3/17

日本機械学会 関東支部 第26期総会・講演会,第59回学生員卒業研究発表会講演会(大会委員長:勝田正文教授)が本学で開催予定でしたが,感染防止のため残念ながら中止となりました.同日,日本機械学会において当研究室のD1中村浩太郎君とM2の磯谷浩孝君が日本機械学会関東支部学生奨励賞を受賞いたしました.

2019/3/12

2019年度の研究成果の抄録を掲載しました.

2020/2/5-8

卒業論文・計画および修論審査発表会が開催され,9名の学部4年生と7名の修士2年が無事通過いたしました.

2020/1/30

リーディング大学院L5の藤井祥万君の以下の博士論文の公聴会を開催しました
Thermochemical energy storage and transport system of unused heat from sugar mill utilizing zeolite ad/desorption cycle
ゼオライトの吸脱着サイクルを用いた製糖工場の未利用熱蓄熱輸送システム(主査:中垣隆雄,副査:勝田正文教授,草鹿仁教授,東京大学・菊池康紀准教授)
これに先立ち,1月7日にはリーディング大学院実体情報学の3rd Qualification Examも実施され,海外から半年間の留学先であったスウェーデン王立工科大学KTHのJustin Chiu先生,産業界からアサヒビールHDの安原様を含む多くの評価者に厳しく見ていただき,高い評価で合格を得ました.公聴会では共同研究先の種子島の新光糖業から2名,東京大学の未来ビジョンセンターから菊池先生,小原聡先生をはじめ多数のご出席の下,1時間のPresentationと1時間のDefenceを通して,研究成果の価値をお認めいただきました.

2020/1/6

勝田正文教授の最終講義のご案内(※COVID-19対策のため延期されました)
題目:早稲田での半世紀を振り返って −熱工学分野の将来 −
日 時:2020年9月5日(土) 13:00 〜14:30 12:30 受付開始
会 場:早稲田大学西早稲田キャンパス 57号館201室
(予約登録不要)
※引き続き,16:00よりリーガロイヤルホテル東京において退職記念パーティーが開催されます.

2019/12/23

総合機械工学科ゼミ進入の研究室説明・見学会は
2020/1/7(火)・14(火)15:30~16:15
1/9(木)・16(木)16:30~17:15
1/10(金)・17(金)10:40~11:25
いずれも同じ内容です.
見学コースは58-322にてCCS,CCUS,化学再生関連のパネル,リチウムイオン電池,燃料電池,58-1Fにてゼオライトボイラ試験設備,アミンCCS研究設備,熱化学再生,燃料電池試験装置などを案内します.

2019/10/28

10/21-25の日程で中国・昆明にて開催されたICOPE-19/動力エネルギ国際会議2019中国大会にD1中村浩太郎君が下記のタイトルで発表しました
Kinetic model of SCR catalyst-based de-NOx reactions including surface oxidation by NO2 for natural gas-fired combined cycle power plants
Kotaro NAKAMURA, Takehiko MURAMATSU, Takashi OGAWA, and Takao NAKAGAKI(東芝エネルギーシステムズ&ソリューションズとの連名)

2019/10/19

曇天ではありましたが,B3~D3まで40名ほどの参加で2019年度の恒例のゼミ合宿を,軽井沢セミナーハウスにて例年より1週間ほど早く開催いたしました.

2019/9/28

化学工学会が主催する18th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE 2019) が9月23-27日に札幌で開催され,当研究室からM2高橋和也君がOralで,M1の松井瑛尚君がPosterでそれぞれ発表しました。松井瑛尚君はExcellent Poster Awardを受賞しました。
M314: Kazuya TAKAHASHI, Hiroaki FUJITA, Yuya ISHIKAWA and Takao NAKAGAKI, "Microfabrication of anode functional layer in SOFC by 3D printer"
PG310: Akihisa MATSUI, Naoya OGIYAMA, Takumi ENDO, Jun ARAKAWA, and Takao NAKAGAKI, "Performance evaluation of phase separation process using high-concentration AMP promoted by MAPA for CO2 Capture" (IHIとの共著)

2019/9/20

Dr. Corey Myers debuted on the 5th Post Combustion Capture Conference at Kyoto and made his first oral presentation as a Dr. Eng.
Myers, C., Nakagaki, T., "Rapid gas-solid CO2 capture and mineralization of iron and steel making flue gas with slag"

2019/9/15

Conferment Ceremony was held at our brand-new Waseda Arena and Corey Myers received his Doctoral Degree Diploma. We celebrated this happy event with our lab's Ph.D. candidates and his family. His accomplishment was helpful in making the Roadmap for Carbon Recycling Technologies published by METI.

2019/9/14

日本鉄鋼協会第178回秋季講演大会が岡山大学津島キャンパスで開催され,9月12日にM1の中村健人君が「操業制約に基づく酸素高炉還元材比の予測法の提案」(中垣隆雄,髙橋功一氏・野内泰平氏:JFEスチールとの共著)で発表しました。
また,9月11日にCO2の分離回収を伴わないCCLUプロセスの検討において,「CO2排出削減のための 鉄鋼スラグ新利用法の提案」で講演してきました。

2019/9/8

日本機械学会 2019年度年次大会が秋田大学で開催され,9月8日に市民公開行事として動力エネルギーシステム部門(主査・奈良林直氏)が企画した【C08200】自然災害に対するエネルギーインフラ強化への取り組みにて講演しました。また,会期中には関東支部2019年度の委員長として当研究室のD1中村浩太郎君が総会に参加しました。本学は3月の卒研発表会の会場であり,関東学生会幹事はM2の磯谷浩孝君が務めています。

2019/8/7

8/5本庄早稲田キャンパスにて本庄地区のユニラブ,8/7西早稲田キャンパスにて第32回ユニラブが開催され,B3のメンバーが「水飲み鳥の不思議を探ろう! 」のプログラムを実施し,小学3-4年生を中心に合計で70名以上の参加者で大盛況でした.(松田研究室との共同実施)

2019/6/24

日本機械学会動力・エネルギー技術シンポジウムが東大生研で開催され,以下の2件で講演しました.
M1有本直昭君 E141「製糖工場の未利用熱蓄熱輸送システムにおける蓄熱装置の性能予測と実験による検証」(阿部弥生,藤井祥万,中垣隆雄,東京大学兼松祐一郎氏・菊池康紀准教授との連名)
M1樋口明寛君 E142「製糖工場の未利用熱蓄熱輸送システムにおけるゼオライトボイラによる加圧過熱蒸気の連続生成」(藤井祥万,中垣隆雄,東京大学兼松祐一郎氏・菊池康紀准教授との連名)

2018/6/7

Ph.D. thesis defense of Corey Myers was held on June 7 with external organization guests. His dissertation title is "Gigatonne-scale reduction of CO2 emissions via mineralization using iron and steel slags" (Supervisors: T. Nakagaki, M. Katsuta, J. Kusaka, M. Yoshida). Quantitatively impactful, viable and profitable CO2 mineralization process using iron and steel slags is established by means of simple technologies backed by the fact of enomous experimental and analytical results with deep scientific insights. This accomplishment is surely good news for all iron and steel making industries.

2019/6/1

第56回伝熱シンポジウムが徳島で開催され,L5藤井祥万君がI325「ゼオライトの水蒸気吸脱着特性による未利用熱蓄熱輸送システムの技術経済分析」(堀江直之,中垣隆雄,東京大学兼松祐一郎氏・菊池康紀准教授との連名)で発表しました.

2019/5/8

環境エネルギー研究科・留学生2名と新3年生8名のゼミ進入の歓迎会を開催しました.

2019/5/7

Ph.D. candidate Corey Myers published the following new paper on the Int. J. of Greenhouse Gas Control.
Corey A.Myers, Takao Nakagaki, Kosei Akutsu, "Quantification of the CO2 mineralization potential of ironmaking and steelmaking slags under direct gas-solid reactions in flue gas", IJGCC Volume 87, August 2019, Pages 100-111 https://doi.org/10.1016/j.ijggc.2019.05.021

2019/4/18

2019年度の研究班をアップデートしました.

2019/4/17

日本鉄鋼協会SMART研究会の成果を結集した特集号がISIJ International Vol. 59 (2019), No. 4にて発行されました.当研究室からは,統合システム解析と鉄鋼スラグによるCCUのテーマで2件査読論文として掲載されました.
Shinnosuke Hisashige, Takao Nakagaki, Takaiku Yamamoto, "CO2 Emission Reduction and Exergy Analysis of SMART Steelmaking System Adaptive for Flexible Operating Conditions ", pp. 598-606, DOI:10.2355/isijinternational.ISIJINT-2018-355
(京都大学との連名)
Corey Adam Myers, Takao Nakagaki, "Prediction of Nucleation Lag Time from Elemental Composition and Temperature for Iron and Steelmaking Slags Using Deep Neural Networks", pp. 687-696, DOI:10.2355/isijinternational.ISIJINT-2018-338

2019/3/27

中垣研より、10名の修士・12名の学士がそれぞれの一歩を踏み出し,巣立っていきました.

2019/3/16

We published the following paper on the Int. J. of Greenhouse Gas Control. Takao Nakagaki, Hirotaka Isogai, Hiroshi Sato, Jun Arakawa(IHI Corporation), "Updated e-NRTL model for high-concentration MEA aqueous solution by regressing thermodynamic experimental data at high temperatures", Volme 82, Mar. 2019, Pages 117-126. https://doi.org/10.1016/j.ijggc.2018.12.022

2019/3/15

化学工学会第84年会が芝浦工大豊洲キャンパスで開催され,当研究室のM2上田誉君がポスターで発表しました.
PB283CO2吸収セラミックスのサイクル容量維持率の向上
なお,3月13日(大会1日目)には次世代エネルギー社会検討委員会企画のHC-11「産業界の炭素循環・固定化技術による脱炭素化と温室効果ガス80%削減への挑戦」(オーガナイザ:中垣隆雄・ 古山通久氏(物材機構))も開催され,立ち見が出るほどの熱気の中,講師4名の貴重な講演とともに活発な議論がなされました.ご参加いただいた皆様に感謝申し上げます.

2019/3/6

2018年度の研究成果の抄録を掲載しました.

2019/2/9

日本機械学会会誌の2019年2月号で企画したCCS/CCUS特集が掲載されました.解説記事は博士課程3年Corey Myersとの共著です.ぜひご覧ください.

2019/2/6-7

卒業論文・計画および修論審査発表会が開催され,12名の学部4年生と10名の修士2年が無事通過いたしました.

2019/1/31

Ph.D candidate Shoma Fujii and co-authors published the following new paper on the Applied Energy. S. Fujii, N. Horie, K. Nakaibayashi, Y. Kanematsu, Y. Kikuchi (The Univ. of Tokyo), T. Nakagaki, "Design of zeolite boiler in thermochemical energy storage and transport system utilizing unused heat from sugar mill", Applied Energy, 238, pp.561-571
https://doi.org/10.1016/j.apenergy.2019.01.104

2019/1/12

総合機械工学科ゼミ進入の研究室説明・見学会は
1/17(木)・24(木)16:30~17:15
1/18(金)11:00~11:45
1/21(月)・22(火)・23(水)・25(金)12:30~13:15
いずれも同じ内容です.
見学コースは58-322にてCCS,CCUS,化学再生関連のパネル,リチウムイオン電池,燃料電池,58-1Fにてゼオライトボイラ試験設備,アミンCCS研究設備,熱化学再生,燃料電池試験装置などを案内します.

2018/12/3

CCS,CCUSの研究班の学生6名を引率して北海道電力砂川火力発電所に見学に行きました.9月の胆振東部地震で苫東厚真火力発電所が停止に追い込まれて大停電に至りましたが,空知地方の国内炭焚きである砂川火力発電所はその復旧を支えた発電所の一つです.最新鋭の大規模USCではないものの,内陸に立地し,河川水で復水するなどユニークな存在であり,ご説明いただいた関係者各位に厚く御礼申し上げます.嘗て国内炭の優良な産地であった夕張の炭鉱跡を利用した博物館を訪問後,本年も北海道苫小牧市で試験中日本CCS調査㈱CO2分離回収貯留大規模実証試験設備の見学に行きました.なお,同社より,胆振東部地震による地上設備・地下貯留層には特に問題は発生しておらず,地震発生との関係性についても経済産業省での課題検討会を経た上で見解が発表されております.

2018/11/11

まずまずのお天気の下,B3~D3まで40名以上の参加で2018年度の恒例のゼミ合宿を,今年は鴨川セミナーハウスにて例年より2週間ほど遅く開催いたしました.

2018/10/31

Corey Myers(Ph.D candidate), Yohei Tsubuku(M2) attended the 4th International Conference on Greenhouse Gas Control Technologies (GHGT-14) held at Melbourne, Australia on October 21-26, and presented each accomplishment of the following title.
Experimental determination of CO2 mineralization depth of slag minerals at CO2 concentrations available in iron and steelmaking flue gases
Paper is available from here via SSRN.
Corey Myers , Takao Nakagaki
Feasibility study of net CO2 sequestration using seawater desalination brine with profitable polyproduction of commodities
Yohei Tsubuku, Takao Nakagaki, Corey Myers
Paper is available from here via SSRN
Updated E-NRTL Model for High-concentration MEA Aqueous Solution by Regressing Thermodynamic Experimental Data at High Temperatures
Takao Nakagaki ,Akira Ozeki, Hiroshi Sato, Jun Arakawa (Coauthors from IHI Corporation)
Paper is available from here via SSRN

2018/10/12

Shoma Fujii (Ph.D candidate) attended the International Sustainable Energy Conference (ISEC2018) held at Graz, Austria on October 3-5. He presented his recent accomplishment of which title is "Design of zeolite boiler in thermochemical energy storage and transport system utilizing unused heat from sugar mill", and co-authors are Naoyuki Horie, Ko Nakaibayashi, Takao Nakagaki, Yuichiro Kanematsu and Yasunori Kikuchi (The Univ. of Tokyo). He also join the expert meeting of T58A33 before the conference.

2018/9/21

化学工学会第50回秋季大会が鹿児島大学郡元キャンパスで開催され,以下の4件で発表しました.
CE115 M1佐藤航平君
廃液かん水を用いたCO2鉱化・骨材生産プロセスにおけるMgO粒子形状の反応速度への影響(Myers C., 津布久陽平,中垣隆雄)
EG213 M1菅原一真君
放電EIS試験と数値計算によるリチウムイオン電池の内部抵抗変化の考察(中垣隆雄)
BA215 M1辻 祥平君
ガラス溶融炉への省エネルギー技術適用による燃料削減効果の定量的評価(藤田和昌,中垣隆雄)
ED315 M1磯谷浩孝君
電解質NRTLモデルパラメータの修正によるCO2分離回収の運転条件の探索範囲拡大(尾関 啓, (IHI)荒川 純・崔 原栄,中垣隆雄)
なお,9月19日(大会2日目)には次世代エネルギー社会検討委員会企画のSP-2[特別シンポジウム] 「地方発・民間主体による次世代エネルギー社会への変容のためのキードライバ」(オーガナイザ:中垣隆雄・ 古山通久氏(物材機構))も開催され,講師4名の貴重な講演とともに活発な議論がなされました.ご参加いただいた皆様に感謝申し上げます.

2018/9/12

Shoma Fujii (Ph.D candidate) attended the 16th International Symposium on District Heating and Cooling (DHC2018) held at Hambrug, Germany on September 9-12. He presented his accomplishment during oversea internship at Royal Institute of Technology, Sweden. The title is "Techno economic analysis of thermochemical energy storage and transport system utilizing “Zeolite Boiler”: case study in Sweden", and co-authors are Yuichiro Kanematsu and Yasunori Kikuchi (The Univ. of Tokyo), and Justin NW Chiu, Viktoria Martin (KTH). Our paper (PDF file) can be found in Energy Procedia 149 (2018) pp. 102-111.

2018/9/12

日本機械学会2018年度年次大会が関西大学千里山キャンパスで開催され,M1阿部弥生さんがG0800001「製糖工場の未利用熱蓄熱輸送システムにおける蓄熱装置の技術経済分析に基づく概念設計」で発表しました.(東京大学兼松祐一郎氏・菊池康紀准教授,松下政経塾35期生木村誠一郎氏との連名)

2018/8/20

Corey Myers (Ph.D candidate) attended the 16th International Heat Transfer Conference held at Beijing, China on August 10-15. He presented recent progress. Our published paper is available on the the website of IHTC digital library.
Myers, C., Nakagaki, T., "APPLICATION OF QUENCHING TO POLYCRYSTALLINE METALLURGICAL SLAGS TO REDUCE COMMINUTION ENERGY AND INCREASE MINERAL LIBERATION", pages 1501-1510
DOI: 10.1615/IHTC16.cat.022437

2018/8/7

8/3本庄早稲田キャンパスにて本庄地区のユニラブ,8/7西早稲田キャンパスにて第31回ユニラブが開催され,B3のメンバーが「空気の力でカップ麺のどんぶりをUFOに変身させよう! 」のプログラムを実施し,小学3-4年生を中心に合計で70名以上の参加者で大盛況でした.(松田研究室との共同実施)

2018/7/2

Corey Myers (Ph.D candidate) attended the IEAGHG's 2018 International CCS Summer School held at Trondheim, Norway on the last week of June. Around 60 participans (acceptance rate ~1/2) gathered from the world. He won a "Most Outstanding Student Award".

2018/6/18

第23回動力・エネルギー技術シンポジウムが宇部市で開催され,M2中村浩太郎君がC225「天然ガス焚きコンバインドサイクル用SCR脱硝触媒の反応速度式の係数決定」で発表(東芝との連名)しました.

2018/6/4

第55回伝熱シンポジウムが札幌で開催され,M2堀江直之君がC222「ゼオライト粒子とボイラ管壁間の熱伝達における吸着熱の影響」で発表しました.

2018/5/24

Corey Myers (Ph.D candidate) attended the 2018 1st International Conference for Negative CO2 Emissions held at Gothenburg, Sweden on May 22-24. He won a travel grant and waived registration fee. (Only four winners in the world)

2018/4/29

IEA-TCP ECES主催の蓄熱に関する国際会議14th INTERNATIONAL CONFERENCE ON ENERGY STORAGE(EnerSTOCK2018, Adana, Turkey)において,L4藤井祥万君が講演し,Best Presentation Award(BPA)を受賞しました.
”Development of Zeolite Boiler in Thermochemical Energy Storage and Transport System Utilizing Unused Heat from Sugar Mill", Shoma Fujii, Ko Nakaibayashi, Yuichiro Kanematsu, Yasunori Kikuchi, Takao Nakagaki (東京大学との連名)

2018/04/27

L4藤井祥万君が平成30年度の日本学術振興会特別研究員(DC2,工学194名)に採用されました.

2018/04/24

2018年度の研究班をアップデートしました.

2018/3/24

B4磯谷浩孝君が日本機械学会 畠山賞を受賞しました.

2018/3/24

学士10名,修士8名が卒業・修了しました.

2018/3/15

M2のパクヒョンソク君が化学工学会第83年会において,PD314「模擬劣化生成物の混合によるCO2分離回収用~2級アミン液の基礎特性への影響評価~」と題してポスター発表(IHIとの連名)しました.

2018/3/1

2017年度の研究成果の抄録を掲載しました.

2018/2/28

Corey Myers (Ph.D candidate) published a new paper, "Effect of Solidification and Cooling Methods on the Efficacy of Slag as a Feedstock for CO2 Mineralization", on ISIJ International, Vol. 58 (2018), No. 2, pp. 211–219.

2018/2/7-8

卒業論文・計画および修論審査発表会が開催され,10名の学部4年生と8名の修士2年が無事通過いたしました.

2018/1/31

CCS/CCUS meeting in Waseda Universityを開催
ScotlandよりRobert Gordon UniversityのProf. Leslie James Mabonに訪問いただいて,CCSの社会実装に関するDiscussionを行いました.

2018/1/13

総合機械工学科ゼミ進入の研究室説明・見学会は
第1回 2018年1月15日(月) 10:00~10:30
第2回 2018年1月22日(月) 10:00~10:30
いずれも同じ内容です.また,見学のみは随時受付中,個人でもグループでもOK!
希望のスケジュールが決まったら,見学案内の学生にメールでコンタクトし,アポを取って下さい.
見学コースは58-322にてCCS,CCUS,化学再生関連のパネル,リチウムイオン電池,燃料電池,58-1F(9-18時のみopen)にてゼオライトボイラ試験設備,アミンCCS研究設備,熱化学再生,燃料電池試験装置などを案内します.

2017/12/15

CCS,CCUSの研究班の学生8名を引率して広島県の大崎上島(しまなみ海道の近く)にある大崎クールジェン(株)酸素吹きIGCCならびに燃焼前CO2分離回収計画地の見学に行きました.ご対応いただいた関係者各位に厚く御礼申し上げます.

2017/12/8

金沢商工会議所会館で開催された化学工学会金沢大会2017に参加し,当研究室からはM1の津布久陽平君がB214「濃縮かん水中のMgによるCO2固定化プロセスにおける塩酸回収の効率化」で発表しました.

2017/11/29

CCS,CCUSの研究班の学生8名を引率して北海道苫小牧市で試験中日本CCS調査㈱CO2分離回収貯留大規模実証試験設備の見学に行きました.前日には新日鐵住金・室蘭製鉄所の見学,当日午前中にはJファーム苫小牧のトマト,ベビーリーフの植物工場に導入されているトリジェネレーションシステムも見学させていただきました.ご対応いただいた関係者各位に厚く御礼申し上げます.なお,苫小牧での地下貯留量は訪問直前に10万トンを超え,12月13日に記念のシンポジウムも開かれました.高々10万トンですが,日本のCCSにとって価値あるマイルストーンだと思います.日本CCS調査㈱はじめ,関係各位のご尽力に心より敬意を表します.

2017/11/14

東京電力葛野川揚水発電所を見学
東芝エネルギーシステムズ㈱のご厚意によって,M1とD2の5名を引率して世界最大の714mの有効落差を誇る東京電力葛野川揚水発電所を見学してきました.地下発電所のポンプ水車の中まで見られたこともあり,見学した学生は大満足の様子でした.

2017/11/13

第7回SMART製鉄研究会を開催
日本鉄鋼協会のSMART製鉄研究会(SMART研)を西早稲田キャンパスで開催し,M1の久繁進之介君が進捗を報告しました.

2017/11/5

日本機械学会動力エネルギーシステム部門の第27回セミナー&サロンにて実施された部門賞贈呈式にて,当研究室の学生の講演2件に対して表彰していただきました.
L3藤井祥万君 優秀講演表彰
PowerEnergy2017-3253 "Effect of Multi Injection Process on Zeolite Boiler in Thermochemical Energy Storage and Transport System of Unused Heat from Bagasee Boiler"(米国ノースカロライナ州シャーロットにて開催されたICOPE17にて発表,東京大学との連名)
M2古谷和真君 フェロー賞
J0810204「製糖工場内未利用熱の蓄熱輸送システムにおける ゼオライトボイラの基礎検討」(九州大学にて開催された日本機械学会2016年度年次大会にて発表,東京大学との連名)

2017/10/29

奇跡的な秋晴れの下,B3~D2まで40名以上の参加で2017年度の恒例のゼミ合宿を軽井沢セミナーハウスにて開催いたしました.

2017/10/15

10/11~13に神戸国際会議場にて開催されたEMECR2017(1st International Conference on Energy and Material Efficiency and CO2 Reduction in the Steel Industry)にてD2のCorey Myers君が,12B-10 "Molten slag property estimation using deep neural networks for advanced material recycling"
M1の久繁進之介君が,12B-2 ”Quantitative evaluation of SMART steelmaking system by sensitivity analysis of operating conditions on CO2 emissions and exergy"(日本鉄鋼協会SMART研の研究成果)で発表いたしました.

2017/9/25

9/20~22に名古屋大学にて化学工学会第49回秋季大会が開催されました.当研究室からはM2の尾関啓君がCA213「電解質NRTLモデルパラメータの実測データへのフィッティングによる適用範囲の拡大」(IHIとの連名)
M1の荻山直也君がCA214「固液分離プロセスを適用した小規模CO2回収試験装置による連続運転」(IHIとの連名)
M1の本田孟君がPB106「リチウムイオン電池の電解液内イオン輸送抵抗が高電流放電時の過電圧変化に与える影響」(日産自動車との連名)
で発表しました.

2017/9/15

日本学術会議講堂において公開シンポジウム「次世代エネルギー社会の超低炭素化に向けた課題とチャレンジ -温室効果ガス80%削減のフィージビリティとリアリティについて考える-」(主企画者:藤岡惠子学術会議連携会員)が開催され,「自然変動電源の大量導入に伴う課題の整理と対策の方向性」と題した講演ならびにパネリストとして出席いたしました.

2017/9/10

9/5~8にIEA-GHGが主催するPCCC4( 4th Post-combustion Capture Conference ,米国アラバマ州バーミンガム)にて”Effect of Physical Properties on Measurement of Specific Heat Capacities of Amine Solutions by Differential Reaction Calorimetry”のタイトルで発表しました.(IHIとの連名)

2017/9/4

9/3,日本機械学会2017年度年次大会の市民公開行事にて,動力エネルギーシステム部門が企画した【C08100】エネルギーの非化石化による自給率向上と温暖化対策~自然変動電源の大量導入への挑戦と盲点~の司会を務めました.本企画の内容の事後のお問い合わせは中垣までお願いします.

2017/8/11

化学工学会東京大会2016が西早稲田キャンパスにて8/9~10に開催されました.本研究室からは3件の発表があり,M2の藤田和昌明君(小野田研所属)が学生奨励賞を受賞いたしました.受賞タイトルE117「高純度アルミナ管を用いた熱化学再生における気相・表面反応を考慮したメタン改質反応スキームの構築
M1吉留大樹君(小野田研所属)F102「DRCによるMEAのCO2吸収反応熱と比熱の 温度・濃度依存性の評価」(IHIとの連名)
M2 Wang Dabin, A112 "Analysis of regeneration heat for MDEA/PZ binary amine solution system with different mixture ratios in CO2 capture process",(IHIとの連名)

2017/8/8

8/4本庄早稲田キャンパスにて本庄地区のユニラブ,8/8西早稲田キャンパスにて第30回ユニラブが開催され,B3のメンバーが「ゴムの力でヘリコプターを飛ばそう」のプログラムを実施し,小学3-4年生を中心に合計で70名以上の参加者で大盛況でした.

2017/8/7

B4の卒論中間発表会を60-213にて実施しました.

2017/8/1

GHGT13の論文はElsevierから公開されています.
https://doi.org/10.1016/j.egypro.2017.03.1322
Takao Nakagaki, Ryutaro Yamabe, Yukio Furukawa, Hiroshi Sato, Yasuro Yamanaka, "Experimental Evaluation of Temperature and Concentration Effects on Heat of Dissociation of CO2-loaded MEA Solution in Strippers", Energy Procedia, Volume 114, July 2017, Pages 1910-1918
https://doi.org/10.1016/j.egypro.2017.03.1763
Corey Adam Myers, Takao Nakagaki, Takuya Mitamura,"Enhanced Recovery Process of Calcium Oxide and Metals from Steelmaking Slag with Net Carbon Sequestration", Energy Procedia, Volume 114, July 2017, Pages 6246-6255

2017/7/27

日本学術会議 総合工学委員会 エネルギーと科学技術に関する分科会から「パリ協定を踏まえたわが国のエネルギー・温暖化の対策・政策の方向性について」と題した「報告」が発行されました.これは中垣が特任連携会員として参画した「地球温暖化対応の視点からのエネルギー対策・政策検討小委員会(委員長:RITE 秋元圭吾氏」からのアウトプットです.

2017/6/28

6/25-29の日程で米国Charlotte(NC)にて開催されたASME2017Energy storage forum/動力エネルギ国際会議2017米国大会(ICOPE-17)にL3藤井祥万君が下記のタイトルで発表しました.
PowerEnergy2017-3253
Effect of Multi Injection Process on Zeolite Boiler in Thermochemical Energy Storage and Transport System of Unused Heat from Bagasee Boiler
Shoma Fujii, Yuichiro Kanematsu, Yasunori Kikuchi (The University of Tokyo), Takao Nakagaki

2017/6/14

6/14-15の日程で豊橋商工会議所にて開催された日本機械学会第22回動力・エネルギー技術シンポジウムにM1中居林昂君がC113「 製糖工場内未利用熱の蓄熱輸送システムにおけるゼオライトボイラの蒸気発生試験」で発表しました.(東京大学との連名)

2017/5/25

5/24-26の日程で大宮ソニックシティにて開催された第54回日本伝熱シンポジウムにM2津守悟君がD255「溶体モデルによる温度と反応率に対する平衡分圧を考慮したCO2吸収セラミックスの吸収挙動」で発表しました.

2017/04/7

2017年度の研究班をアップデートしました.

2017/4/1

2016年度の研究成果の抄録を掲載しました.

2017/3/24

L2藤井祥万君が小野梓記念賞(学術賞)日本機械学会 三浦賞をダブルで受賞しました.

2017/3/24

学士14名,修士7名が卒業・修了しました.

2017/2/10

総合機械工学専攻/環境エネルギー研究科 修士論文審査会が開催され,7名が無事合格しました.

2017/2/8

総合機械工学科 卒業論文・計画の発表会が開催されました.

2017/1/14

総合機械工学科ゼミ進入の研究室見学は随時受付中,個人でもグループでもOK!
希望のスケジュールが決まったら,いずれかの見学案内の学生にメールでコンタクトし,アポを取って下さい.
58-322の中垣研分室に直接訪ねて来てもOKです.
見学コースは58-322にてCCS,CCUS,化学再生関連のパネル,リチウムイオン電池,燃料電池,58-1F(9-18時のみopen)にてゼオライトボイラ試験設備,CCS研究設備,熱化学再生,燃料電池試験装置などを案内します.

2016/11/26

11/25-26の日程でコラッセ福島にて開催された化学工学会福島大会2016(3支部合同大会)にL2藤井祥万君が学生賞セッションで参加し,特別賞を受賞しました.
製糖工場の未利用熱輸送システムにおけるゼオライトボイラの熱回収向上策の検討
藤井祥万,兼松祐一郎(東大),菊池康紀(東大),中垣隆雄

2016/11/21

11/14-18にLausanne(Switzerland)にて13th International Conference on Greenhouse Gas Control Technologies,(GHGT-13)が開催され,D1のCorey Myers君が製鋼スラグの有価物分離回収におけるCO2排出削減について発表しました.
Enhanced recovery process of calcium oxide and metals from steelmaking slag with net carbon sequestration
Corey Myers, Takuya Mitamura and Takao Nakagaki
また,アミン吸収液の再生塔内分離回収エネルギーの評価方法について発表しました.(先進理工古川研究室,IHIとの連名,NEDO事業の一環)
Experimental evaluation of temperature and concentration effects on heat of dissociation of CO2-loaded MEA solution in strippers
Takao Nakagaki , Ryutaro Yamabe, Yukio Furukawa, Hiroshi Sato and Yasuro Yamanaka

2016/10/29

10/23-26にTaormina (Sicily, Italia)にてIMPRES2016が開催され,L2藤井祥万君が蓄熱輸送システムの蒸気発生器についてで発表しました.(東京大学と連名)
Exploratory study of “Zeolite boiler” in thermal energy storage and transport system of unused heat from bagasse boiler Shoma Fujii, Kazuma Furutani, Yuichiro Kanematsu, Yasunori Kikuchi and Takao Nakagaki

2016/10/19

2016年度ゼミ合宿を開催
10/14-15の日程で本年度のエクセルギー研究会を追分セミナーハウスにて開催しました.恒例となったOBのサプライズゲストも2名来ていただき,将来の進路について深く考える良いキッカケになったと思います.

2016/10/17

Mechanical Engineering Journal Vol.3, No.5, 2016の動力エネルギー国際会議ICOPE15の特集号 "Latest Progress in Power and Energy Systems" にL2藤井祥万君の以下の論文が掲載されました.
Material and heat flow analysis in thermal energy storage and transport system utilizing unused heat from bagasse boilers
Shoma FUJII, Yuichiro KANEMATSU, Yasunori KIKUCHI and Takao NAKAGAKI(東京大学との連名)

2016/9/17

総合機械工学専攻(国際コース)の9月修了式が開催され,MYERS, Corey君が修了証書を授かりました.引き続き博士後期課程にてCarbon Capture, Utilization and Sequestration(CCUS)分野の研究を深掘りして行きます.

2016/9/14

日本機械学会2016年度年次大会にて当研究室の古谷和真君がJ0810204「製糖工場内未利用熱の蓄熱輸送システムにおける ゼオライトボイラの基礎検討」で発表しました.(東京大学との連名)

2016/9/6

化学工学会第48回秋季大会にて当研究室の寺西宏織君がU121「AMP炭酸塩の析出反応と生成熱を考慮した相分離プロセス適用CO2分離回収システムのAspen Plusによるモデリング」,中鉢陽介君がU122「CO2分離回収の再生塔におけるCO2解離熱計測の妥当性の検討」でそれぞれ発表しました.(いずれも(株)IHIと連名)

2016/7/30

総合機械工学専攻/環境エネルギー研究科 春学期の修士論文審査会が開催され,MYERS, Corey君が優秀な評価で合格しました.

2016/06/25

化学工学会次世代エネルギー社会検討委員会の成果の一環としてSpringer社から成書"Energy Technology Roadmaps of Japan - Future Energy Systems Based on Feasible Technologies beyond 2030 -"(ISBN978-4-431-55949-8)を出版いたしました.本書の紹介はこちら

2016/05/25

第53回日本伝熱シンポジウムにて当研究室の島本昌幸君が「計量形態学によるSOFC内AFLのキャラクタリゼーションと電子・イオン有効伝導度の評価」で発表しました.

2016/04/25

2016年度の研究班をアップデートしました.

2016/04/01

固体吸収材の内容をアップデートしました.

2016/03/29

2015年度の研究成果の抄録を掲載しました.

2016/03/25

学士9名,修士5名が社会へと巣立っていきました.

2015/3/25

日本鉄鋼協会の第171回春季講演会で M1の片山順平君が「製鉄所のコプロダクションにおけるCO2再生プロセスの適用」(JFEスチール(株)との連名)で発表しました.

2016/2/8

総合機械工学専攻/環境エネルギー研究科 修士論文審査会が開催され,5名が無事合格しました.

2016/2/5

総合機械工学科 卒業論文・計画の発表会が開催されました.

2016/1/15

総合機械工学科ゼミ進入の研究室見学は随時受付中です!スケジュールが決まったら見学担当のTAまでメールにてコンタクトを取るか,58-322の中垣研分室にてサーモダイナミクスのTAを直接訪ねてください.見学コースは58-322にてCCS,化学再生関連のパネル,リチウムイオン電池,燃料電池,58-1F(9-18時のみ)にてCCS研究設備,熱化学再生,燃料電池試験装置などを案内します.

2015/12/11

動力エネルギー国際会議ICOPE15は大成功に終わりました.ご参加ありがとうございました.当研究室からは,以下の2件で講演しました.
Quantitative Evaluation of CO2 Emission Reduction and Energy Conservation in Iron Making Process by Using In-plant CO Recycling System
Katsuki SUZUKI, Takao NAKAGAKI, Ikuhiko SUMI and Jun ISHII(JFEスチール(株)との連名)
Transport system of unused heat from bagasse-boiler by using chemical heat storage in sugar milling and refinery process
Shoma FUJII, Ryuichi SATOH, Yuichiro KANEMATSU, Yasunori KIKUCHI and Takao NAKAGAKI(東京大学との連名)

2014/11/1

2015年度ゼミ合宿を開催
10/30-31の日程で本年度のエクセルギー研究会を追分セミナーハウスにて開催しました.天候も良く有意義なゼミを実施できました.

2015/10/23

平成27年度NEDO「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」において,株式会社IHIとの共同研究として「次世代省エネルギー型CO2回収技術の実用化開発」を開始いたしました.本研究は,早稲田大学側として当研究室のほか,化学・生命化学科の古川研,鹿又研,中井研との共同実施です.当研究室では主に機械・化学工学の立場で再生熱量の精確な定量化に貢献していきます.

2015/09/15

日本機械学会2015年度年次大会が北海道大学で開催され、当研究室のM1渡邉佑哉君が、S0810104「充填効率と拡散抵抗を考慮したCO2吸収セラミックスの形状設計」(渡邉 佑哉,許 曙宏,中垣 隆雄)で発表しました.

2015/09/08

IEAGHGの3rd Post Combustion Capture Conference (Regina, Canada)にて,"Experimental Measurement of Regeneration Energy in CO2 Capture System Applying Phase Separation Process using high-concentration 2-Amino-2-methyl-1-propanol"(株式会社IHIとの連名)で発表いたしました.

2015/09/10

化学工学会第47回秋季大会にて,当研究室のM2山部竜太郎君がI216「MEAを用いたCO2分離回収の再生塔におけるCO2解離熱の定量化」(株式会社IHIとの連名),同M2村山雄紀君がZA2P15「SOFCへのAFL介挿によるTPB長さの増大と発電性能の向上」でそれぞれ発表いたしました.

2015/7/18

2015年7月17日(金)3時限,エクセルギー工学特論にて日本CCS調査(株)の澤田様より苫小牧大規模実証事業の近況をご講演いただきました.

2015/06/18

日本機械学会第20回動力・エネルギー技術シンポジウム(東北大学)にて,当研究室のL1藤井祥万君(リーディング大学院)が「ゼオライトによるバガスボイラの未利用熱輸送システム」(東京大学プラチナ研究機構との連名)で発表いたしました.なお,本研究は新光糖業株式会社との共同研究です.

2015/06/04

第52回日本伝熱シンポジウム(福岡)にて当研究室のM2伊藤陽君が「PEFC触媒層内における酸素濃度依存の分極現象解析」(勝田正文教授と連名)で発表いたしました.

2015/04/14

2015年度版の研究テーマとメンバーに更新しました.

2015/03/26

学士10名,修士6名が社会へと巣立っていきました.

2015/03/25

2014年度の研究成果の抄録を掲載しました.

2015/2/20

日本鉄鋼協会の環境・エネルギー・社会工学部会の研究会の報告書「炭素循環製鉄の展開」が発刊されました.当研究室はAspen Plusを用いたプロセスシミュレーション技術で,炭素循環製鉄(iACRES)のエクセルギー・CO2排出量の定量評価のためのプラットフォーム作りに貢献いたしました.また,当該研究会の成果は,(独)日本原子力研究開発機構(JAEA)との共著として,ISIJ International Vol. 55(2015) No. 2 ”SPECIAL ISSUE ON EMERGING TECHNOLOGIES FOR THE IRONMAKING PROCESS BASED ON AN ACTIVE CARBON RECYCLING ENERGY SYSTEM”において以下の論文として公開(アブストラクトはフリー)されております.ぜひご一読ください.
Katsuki Suzuki, Kentaro Hayashi, Kohei Kuribara, Takao Nakagaki, Seiji Kasahara, "Quantitative Evaluation of CO2 Emission Reduction of Active Carbon Recycling Energy System for Ironmaking by Modeling with Aspen Plus", p.340-347

Kentaro Hayashi, Seiji Kasahara, Kouhei Kuribara, Takao Nakagaki, Xing L. Yan, Yoshiyuki Inagaki, Masuro Ogawa, "Process Evaluation of Use of High Temperature Gas-cooled Reactors to an Ironmaking System Based on Active Carbon Recycling Energy System", p.348-358

2015/2/15

Our publication in IHTC-15 Digital Library is available online.
"Effect of Temperature and Porosity Change on Numerical Analysis of CO2 Absorption Behavior in Porous Solid Sorbent Using the Unreacted-Core Model", Shuhong Xu, Takahiro Tanaka, Takao Nakagaki, pages 6761-6771
DOI: 10.1615/IHTC15.pmd.009347

2015/1/17

総合機械工学科ゼミ進入の研究室見学は随時受付中です.サーモダイナミクスのTAまでメールにてコンタクトを取り,58-322の中垣研分室まで来てください.見学コースは58-322にてCCS,化学再生関連のパネル,マイクロチューブ型燃料電池,58-1F(9-18時のみ)にてCCS研究設備,熱化学再生,燃料電池試験装置などを案内します.

2014/12/28

Our research article presented at GHGT12 has been published. Takao Nakagaki, Ippei Tanaka, Yukio Furukawa, Hiroshi Sato, Yasuro Yamanaka, "Experimental Evaluation of Effect of Oxidative Degradation of Aqueous Monoethanolamine on Heat of CO2 Absorption, Vapor Liquid Equilibrium and CO2 Absorption Rate", Energy Procedia, Volume 63, 2014, Pages 2384-2393

2014/12/4

総合機械工学科・大聖泰弘先生が機構長を務める早稲田大学次世代自動車研究機構に参画しています.

2014/11/30

日本機械学会動力エネルギーシステム部門主催,ASME,CSPE共催の動力エネルギー国際会議ICOPE15(実行委員長 東京海洋大学 刑部真弘先生)の論文委員長を務めています.奮ってご参加ください..

2014/11/21

2014年11月21日(金)3時限,53-203において,日本CCS調査(株)の特別講演を開催します.

2014/10/31

2014年10月31日(金)に,佐藤峻亮君(M2)が奈良で開催される第10回分離技術国際会議ICSST 14に相分離によるアミンCCSの発表をしました.”Operating Condition of Post Combustion CO2 Capture System Applying Solid-Liquid Separation Process Using 2-Amino-2-Methyl-1-Propanol"

2014/10/27

2014年度ゼミ合宿を開催
10/24-25の日程で本年度のエクセルギー研究会を追分セミナーハウスにて開催しました.今年は天候も良く,OBが6名も研究会に参加してくれました.

2014/10/10

米国テキサス州Austinにおいて,IEAGHG主催で開催されたGHGT12でMEAの劣化について発表.

2014/09/20

九州大学で開催された化学工学会第46回秋季大会において,熱化学再生(TCR)について2件発表しました.
N116 高純度アルミナによるメタンの熱化学再生に関する研究
CO2分改質における増熱率の確保と炭素析出の抑制 桑子慶彦君(M1)
N117 高純度アルミナによるメタンの熱化学再生に関する研究
気相中と表面を考慮した反応スキームの提案 山口晃弘君(M2)

2014/8/17

Shuhong Xu (M2 student) presented our recent accomplishment of solid CO2 sorbent at 15th International heat transfer conference (IHTC-15) held at Kyoto during August 10 to 15.
"EFFECT OF TEMPERATURE AND POROSITY CHANGE ON NUMERICAL ANALYSIS OF CO2 ABSORPTION BEHAVIOR IN POROUS SOLID SORBENT USING THE UNREACTED-CORE MODEL", IHTC15-9347/PMD-I-424, Shuhong Xu, Takahiro Tanaka, Takao Nakagaki

2014/7/20

JCEJ Vol.47 (2014) No.7 はIMPRES特集号です.2013年度修了の田中貴紘の論文(p.561-568)と九大,東大との共著の論文(p.499-513)が掲載されました.
"Numerical Analysis for CO2 Absorption and Regeneration Behavior in Porous Solid Sorbent by Modified Unreacted-Core Model", Takahiro Tanaka, Eiki Tabata, Takao Nakagaki, Mamoru Mizunuma, Yasuko Y. Maruo
"Present Status and Points of Discussion for Future Energy Systems in Japan from the Aspects of Technology Options", Michihisa Koyama, Seiichiro Kimura, Yasunori Kikuchi, Takao Nakagaki, Kenshi Itaoka

2014/6/26

福井で開催された第19回日本機械学会 動力・エネルギー技術シンポジウムに,鈴木克樹君(M1)が「所内発生COの有効利用による製鉄所の省エネルギー効果」を発表しました.

2014/4/15

2013年度の研究抄録に更新しました.

2014/4/1

修論卒論のテーマを2014年版に更新しました.

2014/3/26

中垣研究室学士7名,修士6名が卒業・終了
進学・就職,各自の進路に舵を切りました.主な就職先はこちら

2014/3/20

第167回日本鉄鋼協会春季講演大会のシンポジウムで講演
M2の林健太郎君が炭素循環製鉄研究会での成果を発表しました.

2014/2/4-7

2013年度の卒論・修論の発表・審査会
中垣研学部卒論7名,修論6名が無事審査を通過しました.
成果の抄録はこちら.

2013/12/13-14

第9回炭素循環製鉄研究会を開催

2013/11/29

JAEAの高温ガス炉を見学
共同研究先の日本原子力研究開発機構(JAEA)大洗研究開発センターにある高温ガス炉(HTTR)を中垣研B3~M2で見学してきました.

2013/10/14

2013年度ゼミ合宿のお知らせ
10/25-26の日程で本年度のエクセルギー研究会を追分セミナーハウスにて開催します.

2013/09/20

岡山大学で開催された化学工学会第45回秋季大会において,当研究室の佐藤峻亮君(M1)が環境部会の学生優秀賞を受賞しました.
講演番号 XF-308
タイトル 固液分離プロセスを用いたCO2分離回収エネルギーの低減

2013/08/31

書籍関連を更新しました.

2013/08/8

2013年8月7日 西早稲田キャンパスで第26回ユニラブの6,7(総合機械工学科 永田・中垣研合同プログラム)にご参加いただいた皆様,ありがとうございました.

2013/04/28

2013年5月24日13:30~17:00 西早稲田キャンパス63号館03-05でCCSの講演会を開催します.チラシはこちらから.

2013/04/27

2013年度のテーマとメンバーをアップデートしました.

2013/03/06

2012年度の修士論文と卒論の抄録を掲載しました.

2013/03/01

化学再生の解説記事が電気学会誌2014年3月号に掲載されていますぜひご一読ください.

2013/02/18

Web page renewal
ホームページを大幅に改訂しました.

インフォメーション

Copyright (C) Waseda University. All Rights Reserved.