公開鍵暗号方式とは
AからBへ通信文を共通鍵で暗号化して送る場合
     A                  B
      abc               abc
      ↓                ↑
暗号化        共通鍵(5)       復号化
      ↓                ↑
     fgh → → → → →  →  fgh
共通鍵は
2人だけの秘密の共通鍵

   暗号鍵=復号鍵
 
     この場合は5
    (5字ずらしの意味)
     A                  B
      abc               abc
      ↓                ↑
暗号化                      復号化
      ↓                ↑
     !*? → → → → →  →  !*?
・AからBへ通信文を公開鍵で暗号化して送る場合
AはBの公開鍵で暗号化 

 例:公開鍵=8827
Bは自分の秘密鍵で復号化

   例:秘密鍵=97
秘密鍵は
公開鍵に依存し、簡単に割り出せないものにする。

   暗号鍵≠復号鍵

例:ここでは、
   8827=97×91

実際には、非常に大きな桁数をもつ素数の積が用いられる。
戻る
2つの比較
RSA方式の仕組み

Waseda University Senior High School
参考図書
 暗号の数理,一松信,ブルーバックス
 暗号と情報社会,辻井重男,文春新書
 インターネットセキュリティ,佐々木良一,岩波新書
 16歳のセアラが挑んだ世界最強の暗号,日本放送出版協会 (←おすすめ)