研究集会「結び目の数理 IV 」

トポロジー連絡会議の支援するトポロジープロジェクトの一環として、
2021年度科学研究費補助金 基盤研究(A)「3次元双曲多様体上の量子トポロジー」研究代表者:大槻知忠(課題番号:21H04428)
2021年度科学研究費補助金 基盤研究(B)「結び目のトポロジーとその高分子科学への応用の研究」研究代表者:下川航也(課題番号: 21H00978)
の援助を受け、標記の研究集会を以下の日程で開催致します。

オンサイト(早稲田大学)並びにオンライン( Zoom 配信)によるハイブリッド形式で開催します。

日 時:2021年12月23日(木)午後 〜 26日(日)午前

場 所:早稲田大学早稲田キャンパス  3号館3階301教室

世話人:谷山公規(早稲田大学教育学部)
    安原晃(早稲田大学商学部)
    村尾智(早稲田大学グローバルエデュケーションセンター)
    丹下稜斗(早稲田大学教育学部)
    木村直記(早稲田大学基幹理工学部)

連絡先:[email protected]



参加を予定される方は以下のフォームから12/20(月)までに参加登録をお願い致します。
ただし講演者の方は登録の必要ありません。

参加登録フォーム

登録された方と講演者の方のメールアドレスに12/22(水)までに zoom 情報をお送りします。
対面参加のみをご予定の方も参加登録をお願いします。
ただし事前の参加登録をせずに当日飛び入りで対面参加することも可とします。


プログラム( pdf 版)   アブストラクト集( pdf 版)


プログラム

講演者の所属の後の*印はオンライン講演(ご自宅などからのZoom配信)を、無印は対面講演(早稲田大学で講演し、それをZoomでも配信)を表しま す。
ただし講演形態は変更になる可能性があります。

12月23日(木)

13:00〜13:25 
門上 晃久 氏(金沢大学大学院自然科学研究科)*
Continued fractions of even type related to amphicheiral two bridge links

13:35〜14:00 
佐藤 史弥 氏(東北大学大学院情報科学研究科)*
四角形の切り貼りとその合同類

14:10〜14:35 
福田 瑞季 氏(東北大学AIMR)*
Weaving diagram の構成と同値類について
(小谷 元子 氏(東北大学)、Sonia Mahmoudi 氏(東北大学)との共同研究)

14:55〜15:20 
片山 拓弥 氏(学習院大学理学部)*
曲面の写像類群に含まれる純ブレイド群の最高次数について

15:30〜15:55 
柳田 幸輝 氏(東京工業大学理学院)*
Twisted Milnor pairings of Casson-Gordon type and non-slice knots

16:05〜16:30 
大倉 拓実 氏(東京工業大学理学院)*
8交点以下の非ファイバー結び目のHeegaard分解とMilnorペアリング

16:50〜17:15 
吉川 修平 氏(大阪市立大学大学院理学研究科)*
Ribbon knots with different symmetric union presentations

17:25〜17:50 
吉田 純 氏(理化学研究所革新知能統合研究センター)
Chain-level MOY relations on Khovanov-Rozansky homology
(伊藤 昇 氏(茨城工業高等専門学校)、中兼 啓太 氏(Uppsala University)との共同研究)

12月24日(金)

9:15〜9:40 
木村 直記 氏(早稲田大学基幹理工学部)
ルジャンドル結び目とラック彩色数

9:50〜10:15 
絹野 凜 氏(奈良女子大学大学院人間文化総合科学研究科)
弧選択ゲームおよび弧凍結選択ゲームから導かれる準同型写像の構造

10:25〜10:50 
加藤 広太 氏(大阪大学大学院理学研究科)
仮想絡み目のJKSS不変量について

11:10〜11:35 
伊藤 大貴 氏(大阪大学大学院理学研究科)
Index polynomial invariants for twisted links

11:45〜12:10 
開 萌実 氏(名古屋市立大学大学院理学研究科)
A virtualized skein relation for multivariable polynomial invariant

昼休み

13:30〜13:55 
吉田 真治 氏(京都大学数理解析研究所)*
シャドーコサイクル不変量のサテライト化公式

14:05〜14:30 
米村 拳太郎 氏(九州大学大学院数理学府)
一葉双曲面上のカンドルとlongitudinal map

14:40〜15:05 
上田 涼太郎 氏(大阪大学大学院理学研究科)
Multiple conjugation quandle coloring quivers of handlebody-links

15:25〜15:50 
谷口 雄大 氏(大阪大学大学院理学研究科)
Quandle twisted Alexander invariants and homology groups

16:00〜16:25 
高野 暁弘 氏(東京大学大学院数理科学研究科)
The Long-Moody construction and twisted Alexander invariants

16:45〜17:10 
長坂 篤英 氏(東京大学大学院数理科学研究科)
重み付きグラフの変形と結び目理論への応用について

17:20〜17:45 
福田 大能 氏(埼玉大学大学院理工学研究科)
Celtic diagrams with various grid types

12月25日(土)

9:15〜9:40 
新井 克典 氏(大阪大学大学院理学研究科)
有向絡み目のdual graph diagram

9:50〜10:15 
炭本 貴裕 氏(大阪大学大学院理学研究科)
完全グラフのbook representationの分類

10:25〜10:50 
川添 浩太郎 氏(明治大学大学院先端数理科学研究科)
The one-row $\mathfrak{sl}_{3}$ colored Jones polynomial for pretzel links

11:10〜11:35 
Yuanyuan Bao 氏(東京大学大学院数理科学研究科)*
3-manifold invariant derived from gl(1|1)-Alexander polynomial
(伊藤 昇 氏(茨城工業高等専門学校)との共同研究)

11:45〜12:10 
森 祥仁 氏(東北大学大学院理学研究科)
Witten-Reshetikhin-Turaev 不変量を復元する $q$ 級数について
(村上 友哉 氏(東北大学)との共同研究)

昼休み

13:30〜13:55 
井森 隼人 氏(京都大学大学院理学研究科)
同変特異インスタントン・フレアー理論による結び目不変量

14:05〜14:30 
久保田 肇 氏(京都大学大学院理学研究科)*
balanced spatial graphのウプシロン不変量

14:40〜15:05 
中村 将士 氏(岐阜大学大学院教育学研究科)*
組紐指数3の結び目の影に関する研究
(花木 良 氏(岐阜大学)との共同研究)

15:25〜15:50 
伊藤 哲也 氏(京都大学大学院理学研究科)*
Successively almost positive links

16:00〜16:25 
吉田 はん 氏(群馬工業高等専門学校)*
Commensurability of cocompact Coxeter groups

16:35〜17:00 
小林 毅 氏(奈良女子大学理学部)*
On keen bridge splittings of links
(井戸 絢子 氏(愛知教育大学)、張 娟姫 氏(奈良女子大学)との共同研究)

12月26日(日)

9:15〜9:40 
吉崎 彪雅 氏(東京理科大学大学院理工学研究科)
三次元多様体におけるWeber問題
(植木 潤 氏(東京電機大学)との共同研究)

9:50〜10:15 
高村 正志 氏(青山学院大学社会情報学部)
Goussarov-Polyak-Viro 予想 (n=3) について
(伊藤 昇 氏(茨城工業高等専門学校)、小鳥居 祐香 氏(広島大学)との共同研究)

10:25〜10:50 
安田 順平 氏(大阪大学大学院理学研究科)
曲面絡み目のplat表示を用いた結び目群の計算

11:10〜11:35 
菅原 朔見 氏(北海道大学大学院理学院)
カスプ付きディバイドから定まる絡み目と直線配置のKirby図式

11:45〜12:10 
浅野 喜敬 氏(東北大学大学院理学研究科)
Right-left equivalent maps of simplified $(2, 0)$-trisections with different configurations of vanishing cycles

12:20〜12:45 
石川 昌治 氏(慶應義塾大学経済学部)
シャドウ補空間の基本群の表示
(古宇田 悠哉 氏(広島大学)、直江 央寛 氏(中央大学)との共同研究)


注1:会場の301 教室の収容人数(座席数)は285人です。控室の306 教室の収容人数(座席数)は91人です。

注2:会場・控室のWi-Fiとして eduroam が利用可能です。当日会場・控室で利用可能なゲスト用 WiFi も数名分準備する予定です。


この研究集会では電子版報告集を作成します。
講演された方は報告集原稿PDFファイル(A4版縦置き 5ページ〜10ページ程度 ページ番号無し)を
2022年1月31日(月)までにメール添付にてご提出願います。
提出先:[email protected]