◆好きな映画◆

◆外国映画◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆映画化されたアメリカ文学◆

 

 

 

SF映画◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bマイナス級(お馬鹿)映画◆

 

 

 

 

 

◆邦画◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ 小津安二郎『麦秋』1951年。原節子主演。エンディングの山は大和三山の耳成山[みみなしやま]515月のロケで撮影された。)

 

・ 木下恵介『二十四の瞳』1954年。木下作品のなかでは、やはりこれが一番か。お涙頂戴の型通りと分かっていながら、高峰が雨のなか自転車を走らすエンディングは泣けます。壺井栄の原作[1952]に驚くほど忠実に作られている。木下の忍耐強い映画作り、主演の高峰秀子と子役の子どもたちとのその後の交流については、独学の作家でもある高峰の『私の渡世日記』[1976年。現在は文春文庫で読める]に詳しい。ちなみにこの本は戦前戦後の日本映画界とその人間模様を垣間見せてくれる貴重な本である。カラフルな文体も読者を飽きさせない。梅原龍三郎[鰻の獅子喰い]や谷崎潤一郎[新村出の前では子猫]との交流も興味深い)

 

 

 

 

◆いままでにハマった音楽◆

◆ドイツ、オーストリア等の古典音楽◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://www.f.waseda.jp/te21/Friedrich_02.jpg

 

http://www.f.waseda.jp/te21/Friedrich_01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ポピュラー音楽◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Credence Clearwater Revival,"Cottonfields"CCRの名曲)

 

 

 

 

·  Loreena McKennitt, "The Lady of Shalott" (based on Lord Tennyson's famous poem) and "The Seven Rejoices of Mary."

 

·       童麗(Tong Li, 「烟花三月」(童麗は中国の伝統歌謡歌手。この歌は、李白の有名な七言絶句「黄鶴楼送孟浩然之広陵」の詩句を散りばめる。YouTube等で「童麗+烟花三月」で検索)

 

·       三木露風「赤とんぼ」(夕焼小焼の 赤とんぼ / 負われて見たのは いつの日か / 山の畑の 桑の実を / 小籠(こかご)に摘んだは まぼろしか // 十五で姐や(ねえや)は 嫁に行き お里のたよりも 絶えはてた / 夕焼小焼の 赤とんぼ / とまっているよ 竿の先。 註:「負われて」=母に負われて。「露風の母かたは、露風が七歳のときに父節次郎に別れ、鳥取の実家に帰っている。露風は若いころ生母を恋うことしきりであった・・・」[司馬遼太郎』街道をゆく9 信州佐久平みち、潟のみちほか』]。 「姐や」: 母代わりに雇われた子守女)

 

·       久慈あさみ(歌)「黄色いリボン」(アメリカ民謡"She Wore a Yellow Ribbon." ジョン・フォード監督、ジョン・ウェイン主演の同名映画[1949]のテーマ曲。アメリカではAndrew Sistersの歌で大ヒットした。)