2017
年度


   

氏名(専門分野) 身分

研究領域、研究方法。対象としている作家、作品名(原語表記)。主要著書、訳書

公開データベース・担当科目一覧

研究室:    email

 

 

 

 

 

 

 

 

タニア・ホサイン (言語学) 教授 言語学博士(国際基督教大学)
Tania Hossain (Linguistics), Ph. D (International Christian University)
 Professor


Dr. Tania Hossain is an Associate Professor of Sociolinguitics at Waseda University, Tokyo, Japan. She is a native of Dhaka, Bangladesh. She holds a doctorate degree from International Christian University, Tokyo, Japan.

Her seminar examines English language issues at societal and global levels. It discusses the historical context of the global development of English, status of English as a first and second language, and issues involving English that are currently developing in and across diverse societies. This seminar will help students to understand the educational systems, successes, and problems of different countries. It will also show how education creates inequalities in the society.

One global issue is the policy prescription that guides the delivery of education in school systems in developing nations. She has been actively involved in education for about a decade. She earned a doctoral degree in the Division of Education at International Christian University (ICU). Her thesis:
English language education in Asia: Issues of policy, ideology, curricula and equality of opportunity for learners. In that study, she investigated the development and implementation of education policy. Her case study focused on the differences between classes and curricula in rural and urban schools, as well as between the Bengali-medium and English-medium schools. Her analyses include the formal and non-formal education systems in Bangladesh. Throughout her career, she has been knee-deep in discussions on a slew of challenging issues in Asia. She is a member of the Japanese Society of Language Sciences, and follow educational issues in Asia around the world.

Prior coming to Waseda University, she worked at Dokkyo University as a lecturer. At the same time, she worked at several universities in Tokyo as a part-time lecturer. She also worked at the United Nations University Institute of Advanced Studies (UNU-IAS) as an intern. She also served as an assistant language teacher in several elementary schools in Mitaka, Tokyo

She is a multilingual person. She knows Bangla, English, Japanese, Hindi and Urdu. Along with teaching, she works as an interpreter and translator nationally and globally. She is a travel writer, poet and a novelist. Among her works Neel, Holud Valobasa, Jana Na Jana Pother has drawn noticeable popularity.

公開データベース・担当科目一覧

研究室: 33-1411 email
(
全角の@の代わりに、半角の@を入れて下さい)
Visit my web site:
 

 

 

スティーブン・ライアン (言語学習心理学) 教授  言語学博士(ノッティンガム大学)
Stephen Ryan (Language Acquisition Psychology) Professor
 Ph. D (University of Nottingham) 


My research comes within the fields of second language acquisition and second/foreign language education. In particular, I am interested in the psychology of foreign language learning. This is a growing field of study, which investigates questions of why some individuals learn languages at a different pace and to a different level to others. Research in this area looks at a range of individual characteristics, such as personality, aptitude, beliefs and considers how these can shape approaches to learning a foreign language. It is a highly practical field, attracting considerable attention and interest from experienced teachers who are looking to develop a better understanding of their own classrooms and teaching. Other current research projects include an investigation of the role of the arts in language education, a study of lifelong language learners, and research into the applications of Content Language Integrated Learning (CLIL) and English as Medium of Instruction (EMI) within the Japanese educational context.

 

公開データベース・担当科目一覧

研究室: 39-2308   email: 


(全角の@の代わりに、半角の@を入れて下さい)

 

 

エドワード・チャン (アメリカ文学・文化) 准教授 文学博士(ロチェスター大学)
Edward Chan (American Literature and Culture) Associate Professor
 Ph. D (University of Rochester) 


Originally from California, I am the son of Japanese and Chinese-Mauritian immigrants and have lived in the states of New York, Indiana, and Georgia, as well as in Saudi Arabia, before coming to Japan in 2011all of which have permanently warped my sense of time, place, and culture. I have taught at several universities in the U.S. and Japan, and my research and teaching interests include issues of race in 20th/21st-century U.S. American literary, film, and popular culture, and transnational perspectives on U.S. American culture. Representative publications include “Inhabiting the Space of the Other: Josef von Sternberg’s Anatahan” (2017, Wayne State University Press), The Racial Horizon of Utopia: Unthinking the Future of Race in Late-Twentieth-Century American Utopian Novels (2016, Peter Lang), “Narrating Social Space: Ceremony, Utopian Desire, and Cultural Difference” (2012, Civilization 21), and “(Vulgar) Identity Politics in Outer Space: Delany’s Triton and the Heterotopian Narrative” (2001, J. of Narrative Theory). My seminar addresses literature, critical theory, and issues of race in relation to students’ particular interests.

 

公開データベース・担当科目一覧

研究室: 33-1415   email: 
(全角の@の代わりに、半角の@を入れて下さい)

 

 

平埜雅久(英語学) 教授
Masahisa Hirano (Linguistics) Professor



公開データベース・担当科目一覧

研究室: 33-1208   email: masahisa@waseda.jp 
(全角の@の代わりに、半角の@を入れて下さい)

 

大島一彦(イギリス文学) 教授
Kazuhiko Oshima (English Literature) Professor



 イギリス小説(18世紀から20世紀前半まで)。現代日本文学(主として小林秀雄を中心とする批評文学、井伏鱒二とその周辺の作家達)。

 基本的に、素直な作品鑑賞を通じて得た感動を拠所にして、参考文献にも当りながら自分なりに考へ、自分なりの文章にまとめる、と云ふやり方をしてゐる。方法は対象の性質とそのときどきの文章の狙ひによつて変る。イデオロギイ化した方法論は避けることにしてゐる。

 Jane Austen, Oliver Goldsmith, James Joyce, D. H. Lawrence, Virginia Woolf, Katherine Mansfield, H. E. Bates, その他。
 小林秀雄、福田恆存、吉田健一、その他。
 井伏鱒二、小沼丹、庄野潤三、三浦哲郎、その他。

 著書:『ジエイムズ・ジヨイスとDH・ロレンス』、『英国滞在記』(共に旺史社)、『ジェイン・オースティン』(中公新書)、『寄道−−試論と随想−−』(旺史社)。
 訳書:『サイラスおじさん』(HE・ベイツ作、王国社)、『マンスフィールド・パーク』、『説得』(共にジェイン・オースティン作、キネマ旬報社)。
 編輯(共同):『小沼丹全集』(全四巻、未知谷)。

 最初から視野の狭い研究至上主義者を目指すよりも、まづは幅の広い、心豊かな文藝愛好家であることが望ましい。

公開データベース・担当科目一覧

研究室: 33-1213   email: 使用せず
(全角の@の代わりに、半角の@を入れて下さい)

 

梅宮創造(イギリス文学) 教授
Sozo Umemiya (English Literature) Professor



大学院演習の一つが作品精読、他の一つが討論。扱う作品としては一方がディケンズ、もう一方は英文学の枠を越えて東西の名作全般に目を向ける。いずれにせよ、作品の読みが何より肝腎であるのは云うまでもない、この三十年来、文学上のうるさい理論や理窟を遠ざけながら、専ら作品の味読に没頭して来た。倦きもせず、と付加えるべきかも知れないが、今更この方針を変えるつもりはない。実際、自分がやって来た事のほか、学生諸君を相手に本腰を入れて語れるものなんかありやしない。話を聴く側にしても、文献の羅列だの孫引きばかりではつまらぬだろう。発見、表現、大いなる飛躍ーーそんな日々でありたい。
 著書に『子供たちのロンドン』(小澤書店)、『はじめてのシェイクスピア』(王国社)、その他。
 趣味として、スキー、囲碁(甚だ弱し)。

公開データベース・担当科目一覧

研究室: 33-1113   email
(全角の@の代わりに、半角の@を入れて下さい)

 

アントニー・マーティン(英文学) 教授 文学博士(オックスフォード大学) Anthony Martin English Literature Professor D.Phil (Oxford University)



I studied at University College London and at the University of Oxford (D.Phil, 1993). I have given papers and published research on 17th century poetry (Herbert, Milton), on Shakespeare and Renaissance drama, and modern British poetry. My research has focused on questions of intertextuality, ethnic and national identities, and the role of myth. Currently, I am working on an analysis of Shakespeare film and current American politics, and on the representation of unhumans: monsters, mutants, robots and cyborgs in literature and popular culture. I have supervised graduate research at doctoral and master's level in Shakespeare, 16th century drama, 17th century poetry, 20th century British literature, fantasy literature, and comic books.

 

公開データベース・担当科目一覧

研究室: 33-1215   email: amartin@waseda.jp  
(全角の@の代わりに、半角の@を入れて下さい)
Visit my web site: Anthony Martin

 

 

小田島恒志(イギリス文学) 教授
Koshi Odashima (English Literature) Professor

D. H. Lawrence を中心にV. WoolfJ. JoyceE. M. Forster らの小説を研究してきました。並行してTom StoppardAlan AyckbournMichael FraynTennessee WilliamsDavid Auburn ら現代英米演劇の舞台上演台本の翻訳をしてきました。現在は自分のアイデンティティ確立のために(?)D. H. Lawrence の戯曲の研究もしています。
 これまで指導した博士論文は、D. H. LawrenceDoris Lessing、修士論文は、E. M. ForsterJ. ConradMichael FraynOscar WildSamuel BeckettV. WoolfK. IshiguroAlan SillitoeJ. Austen などを研究対象としています。他にも Caryl ChurchillConor McPherson などの研究も指導しています。
 小説の研究も戯曲の研究も、どちらも徹底的にテキストを読むことを基本にしています。なんだかやっていることは学生時代と変らないような気が・・・


共訳: ビル・ブライソン『シェイクスピアについて僕らが知りえたすべてのこと』小田島則子との共訳、日本放送出版協会、 2008年。編訳: 『DH・ロレンス全詩集 完全版』青木晴男、大平章、戸田仁、橋本清一との共編訳、彩流社、2011年。翻訳: バーナード・ショー『ピグマリオン』光文社古典新訳文庫、2013年。ほか多数。

公開データベース・担当科目一覧

研究室: 33-1413   email: 
(全角の@の代わりに、半角の@を入れて下さい)

 

 

冬木ひろみ (イギリス文学) 教授
Hiromi Fuyuki (English Literature) Professor




1617世紀のイギリス演劇,特にWilliam Shakespeareを中心とするエリザベス朝演劇を研究している。時代と舞台への考察を常に行いながら深く劇作品のテキストを読み,世界でも例を見ない演劇の黄金期を,今現在を生きる者の視点と感性で深く掘り下げてゆくことをモッ卜ーとしている。演劇博物館COEでの成果も生かして,新たなシェイクスピア批評を開拓するとともに,大学院生の論文・発表の支援を精一杯してゆきたい。

公開データベース・担当科目一覧

研究室: 33-1209   email: fuyuki@waseda.jp 
(全角の@の代わりに、半角の@を入れて使って下さい)

 

 

渡辺愛子(イギリス文学) 教授
Aiko Watanabe (English Literature) Professor



関心領域としては、最近は「現代イギリス地域研究」と言って落ち着いてきた感がある。英文学研究から出発したが、そのころから関心の矛先は「文字文化」としての文学だった。そこで、文化研究論(カルチュラル・スタディーズ)に自然と興味が沸き、しばらく文化理論に向き合う。その後、さまざまな文化現象を創出してきた歴史のイデオロギー性や、歴史記述の妙に惹きこまれ、埃に埋もれた一次史料と格闘中。現在の関心事は、イギリス現代史における文化と政治の共謀関係について。大学院担当科目では、英文学とその周辺、すなわちテクストとさまざまなコンテクストとの影響関係に着目しながら、従来の学問的ディシプリンにとらわれない文学研究の可能性というものを探っていきたい。

なお、イラストは学生さんがくれたもの(授業中に描いていたというのが問題ですが…)。厳格で知的で真面目そうに見えるので気に入っています。

公開データベース・担当科目一覧

研究室: 33-1408    email: 
(全角の@の代わりに、半角の@を入れて下さい)

 

栩木伸明(アイルランド文学) 教授
Nobuaki Tochigi (Irish Literature) Professor



 栩木伸明です。読み方は「とちぎのぶあき」、自己紹介をさせてください。ぼくの研究領域は「アイルランド」と「詩」というふたつの分野にまたがっています。つまり、現代アイルランドの詩を中心にして、アイルランドの文学・文化一般を勉強するいっぽうで、英米をふくむ英語圏の詩や、日本の詩にも興味があります。そして、詩の姉妹たちである歌や絵のこともふかく愛しています。

 ぼくの研究は現代が中心なので、ポストコロニアルの思想に無関心ではいられませんが、アプローチは理論的というよりは実践的、はっきりいって現場主義的です。テクストを読むばかりでなく、作家へのインタビューやフィールドワークもやっています。詩人の肉声を聞けることは現代文学・文化研究の醍醐味だとおもうし、そのことによって理解の質は確実に変わるからです。そのあたりのことは、『アイルランドのパブから:声の文化の現在』(NHKブックス)と『アイルランド現代詩は語る:オルタナティヴとしての声』(思潮社)に書きました。前者はアイルランドのパブにおけるうたやストーリーテリングの生態観察、後者は詩人たちに自作解説をしてもらったインタビューなどをふくんでいます。

 最近とくに興味をもっている作家は、20世紀アイルランドのW. B. Yeats, Seamus Heaney, Ciaran Carson, Paul Muldoon, Cathal O Searcaigh など。そのほか、イギリスロマン派にはじまり、アメリカのモダニスト以降にいたる詩人たちもひととおりは読んできました。また、カリブ海のDerek Walcott、オーストラリアのLes Murrayなどにも興味があります。Carsonが書いた詩的な小説『琥珀捕り』(東京創元社)を最近翻訳しました。さらに、偏愛する日本の詩人たちをあげるなら、谷川俊太郎、高橋睦郎、佐々木幹郎、辻征夫、小池昌代、四元康祐、田口犬男、日和聡子など。『現代詩手帖』などの雑誌にときどき書評を書かせてもらっています。

公開データベース・担当科目一覧

研究室: 33-1206   email: ntochigi@waseda.jp 
(全角の@の代わりに、半角の@を入れて下さい)

 

 

水谷八也(アメリカ文学) 教授
Hachiya Mizutani (American Literature) Professor



 20世紀アメリカ・イギリス演劇  修士論文“Shakespearean Fools”ではShakespeareの道化の系譜を追い、wise foolへの転換点をBottomの夢からの覚醒の瞬間と捉え、異界の視点をTouchstone, Feste, Lears Foolなどの言葉に読み込み、道化の劇的機能を分析。その後、エリザベス朝演劇の上演形態にも関心を持ち、そこから20世紀において何もない劇空間を再創出したThornton Wilderに関心が移る。以後Wilderの再評価を試みつつ、「英米演劇の近代」「近代における劇的想像力の行方」という勝手なテーマで、20世紀の英米演劇の読み直しを試みている。特に演劇から近代を逆照射することにより、近代が隠蔽、抑圧してきたものに目を向けることに喜び、希望を見出す。その延長線上で、現在Duke 大学に籍を置くチリの作家Ariel Dorfmanと出会う。ここ数年はDorfmanの戯曲の紹介、翻訳だけではなく、上演にも関わっている。研究対象が演劇である以上、様々な非・文学的要素が介入することは必然だが、基本的には戯曲を深く読むことに重きを置いている。

 他にアメリカではTennessee Williams, Arthur Miller, Robert Anderson, Lanford Wilson, Tony Kushner, イギリスではRodney Ackland, Peter Shaffer, Arnold Weskerに関心を抱く。また日本では明治期の英米演劇の受容、現代演劇では井上ひさし、つかこうへい、dumb type、坂手洋二に興味がある。

 訳書:G.A.F. Knight『デイリー・スタディ・バイブル4 レビ記』(新教出版社、1994年)、Thornton Wilder『危機一髪』『結婚仲介人』(共に新樹社、1995年)、Ariel Dorfman『谷間の女たち』(新樹社、1999年)、共訳:Alister E. McGrath編集『現代キリスト教神学思想事典』(新教出版社、2001年)、上演台本翻訳:Ariel DorfmanReader――ある検閲官の夢』(青年劇場、1999年)、『死と乙女』(地人会、2003年)、『The Other Side/線のむこう側』(新国立劇場、2004年)。

公開データベース・担当科目一覧

研究室: 33-1114   email: mizutani88@waseda.jp 
(全角の@の代わりに、半角の@を入れて下さい)

 

 

江田孝臣(アメリカ文学) 教授
Takaomi Eda (American Literature) Professor



 アメリカ詩。William Carlos Williams(1883-1963)20世紀前半のニューヨーク周辺の文学・芸術運動を、ロンドンにおけるEzra PoundT. S. Eliotなどの動きと比較しながら、研究している。Eliotの英国の伝統への回帰と新批評の台頭以降の詩の保守化は、根源的にInternationalismであるModernismへの反動であると見る。そのModernism本流はWilliams他のニューヨーク周辺の詩人たちによって維持され、さらにKenneth RexrothCharles Olsonなどに受け継がれていくと考える。従って、60年代以降のアメリカ詩研究で使われるPostmodernismの概念には魅力を感じない。Robert LowellLife Studies(1959)も、それほど衝撃的とは思えない。

 近年は、大学時代に卒論で取り上げたEmily Dickinson(その超絶的な言語感覚、途方もなく強靭な精神)に対しても関心も蘇えり、10本ほどの論考を発表している。

 詩の言葉の徹底的な吟味なしに、詩の理解はありえない。繰り返してじっくり読むという作業は、何よりも詩を楽しむ気持ちがなくては、実践できない。多少英語に自信がなくとも、詩が好きな人なら大歓迎。詩を愛する心があれば、英語力の方は鍛えられます。

 共著『批評理論とアメリカ文学―検証と読解』(中央大学出版局、1995年)。共訳『アメリカ現代詩101人集』(思潮社、2000年)。共著『アメリカン・モダニズム』(せりか書房、2002年)。共著『モダニズムの越境I:越境する想像力』(人文書院、2002年)。共著『記憶の宿る場所:エズラ・パウンドと20世紀の詩』(思潮社、2005年)。共訳『ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ詩集』(思潮社、2005年)。翻訳『エズラ・パウンド事典』(雄松堂、2008年)。共訳 FO・マシーセン『アメリカン・ルネサンス』(上智大学出版、2011年)。翻訳 ノースロップ・フライ『ダブル・ヴィジョン』(新教社、2012年)

公開データベース・担当科目一覧

研究室: 33-1205   email: te21@waseda.jp 
(全角の@の代わりに、半角の@を入れて下さい)
Visit my web site: 江田孝臣研究室

 

 

堀内正規(アメリカ文学) 教授
Masaki Horiuchi (American Literature) Professor



専門領域は,いわゆる<アメリカン・ルネッサンス>と呼ばれることもある,19世紀中葉のアメリカ文学。過去の研究歴から言えば,中心となるのはHerman Melville Ralph Waldo Emersonで,同時代に全く対照的とも言える世界観を提示したこの二人の書き手,その両極を往き来する点に,研究者としての私の特徴がある。Nathaniel Hawthorne や,Emily Dickinson についても論文を書いている。この時代の文学に限らず、20世紀のアメリカ文学や文化にも強い関心がある。


共訳:平石貴樹編『しみじみ読むアメリカ文学 : 現代文学短編作品集』(松柏社、2007年)。共訳 FO・マシーセン『アメリカン・ルネサンス』(上智大学出版、2011年)。編著『震災後に読む文学』(早稲田大学出版部、2013年)。

 

公開データベース・担当科目一覧

研究室: 33-1214   email: 
(全角の@の代わりに、半角の@を入れて下さい)

 

 

都甲幸治(アメリカ文学) 教授
Koji Toko (American Literature) Professor



 現代アメリカ小説の研究・翻訳。主な研究対象は1970年代以降の小説作品、とりわけDon DeLilloの作品における他者や自己のあり方だが、J. D. SalingerRaymond Carver, Charles Bukowskiについても書いている。Paul Auster, Richard Brautigan, Jeffrey Eugenides, Tim O'Brien, Rebecca Brown等にも興味がある。

訳書にジョン・ファンテ『塵に訊け!』(DHC、2002年)、チャールズ・ブコウスキー『勝手に生きろ!』(学研M文庫、2001年)、ジョン・アーヴィング『未亡人の一年』(中川千帆氏と共訳、新潮社、2000年)、マイケル・ヴェンチュラ『動物園――世界の終る場所』(学習研究社、1997年)がある。

公開データベース・担当科目一覧

研究室: 33-1210   email: 
(全角の@の代わりに、半角の@を入れて下さい)

 

 

 

Copyright © Department of English, Waseda University. 2004.
All rights reserved.

管理者 te21@waseda.jp


早稲田大学文学部トップペイジへ