タンパク質分子のフォールディングの統計力学
安部晴男・輪湖 博 著
 
「・・・ タンパク質のフォールディング・メカニズムの解明は,険阻な絶壁をもつ難攻不落の高山であろうと思われる.一方,この高山への登頂過程の道筋には,いたるところに美しい花が咲き乱れる花園が開けているかもしれない. タンパク質フォールディングの統計力学的解明は,この本の最後の頁から,真の問題が展開すると思っている.この分野を解明しょうとする人々にとって,我々の提案が,何らかの手引きに少しでもなるなら,著者らにとって,それは望外の幸せであろう. ・・・ 」(本文 はじめに より)


以下からPDFファイルをダウンロードすることができます

 一括ダウンロード
  全体を一つのPDFファイルにまとめたもの  タンパク質分子のフォールディングの統計力学
  各章ごとのPDFファイルをまとめたzipファイル  zip ファイル

 各章ごとのPDFファイル
   表紙_はじめに_目次
   第1章_タンパク質分子の研究は何故重要なのか?
   第2章_タンパク質分子のフォールディング問題とは?
   第3章_タンパク質分子はボルツマン分布など聞いたこともない!
   第4章_タンパク質のフォールディング過程の統計力学モデルの導入
   第5章_統計力学モデルとシミュレーションによる熱力学量を比較しよう!
   第6章_アミノ酸置換によって熱力学量はどのように変化するか?
   第7章_フォールディングのキネティクスにおけるレートと緩和時間との関係は?
   第8章_タンパク質フォールディングの遷移状態の構造を推定するΦ値解析とは?
   第9章_統計力学モデルを用いたΦ値計算とフォールディング・メカニズム
   第10章_理論と実験によるΦ値の相関の検証_その1
   第11章_理論と実験によるΦ値の相関の検証_その2
   第12章_“あとがき”にかえて:『フォールディング・メカニズムの統一的スキーム』
   著者紹介_索引



関連論文(1)

Characterization of protein folding by a Φ-value calculation with a statistical-mechanical model.
Abe, H. and Wako, H.
Biophysics and Physicobiology (2016) 13, 263-279.  [doi: 10.2142/biophysico.13.0_263"]

Calculation of Free-Energy Profiles, Folding Rates, and Φ-Values by Means of a Simple Statistical-Mechanical Model of Protein Folding.
Wako, H. and Abe, H.
In Advances in Protein Folding Research, Mathew Hale Ed., Nova Science Publishers, Inc., N.Y. (2016) 19-63. 

PDF is downloadable freely at NOVA publishers

Folding/unfolding kinetics of lattice proteins by applying a simple statistical mechanical model for protein folding.
Wako, H. and Abe, H.
In Protein Folding, E.C. Walters Ed., Nova Science Publishers, Inc., N.Y. (2011) 349-376. 

Folding/unfolding kinetics of lattice proteins studied using a simple statistical mechanical model for protein folding, I: Dependence on native structures and amino acid sequences.
Abe, H. and Wako, H.
Physica A (2009) 388, 3442-3454.  [doi: 10.1016/j.physa.2009.05.020]

Single Amino Acid Substitutions in Lattice Proteins Using Statistical Mechanical Model for Protein Folding.
Wako, H. and Abe, H.
J. Phys. Soc. Jpn (2007) 76, 104801.  [doi: 10.1143/JPSJ.76.104801]

Analyses of simulations of three-dimensional lattice proteins in comparison with a simplified statistical mechanical model of protein folding.
Abe, H. and Wako, H.
Phys. Rev. E (2006) 74, 011913.  [doi: 10.1103/PhysRevE.74.011913]

Application of a statistical mechanical model for protein folding to a three-dimensional lattice protein.
Abe, H. and Wako, H.
J. Phys. Soc. Jpn (2004) 73,  1143-1146    [doi: 10.1143/JPSJ.73.1143]


関連論文(2)

Noninteracting local-structure model of folding and unfolding transition in globular proteins. I. Formulationconformation I. General considerations and the application to homopolymers.
N. Go and H. Abe.
Biopolymers (1981)  20,  991-1011  [doi: 10.1002/bip.1981.360200511]

Noninteracting local-structure model of folding and unfolding transition in globular proteins. II. Application to two-dimensional lattice proteins conformation I. General considerations and the application to homopolymers.
H. Abe and N. Go.
Biopolymers (1981)  20,  1013-31  [doi: 10.1002/bip.1981.360200512]

Statistical mechanical theory of the protein conformation I. General considerations and the application to homopolymers.
Wako, H. and Saito, N.
J. Phys. Soc. Jpn (1978)  44,  1931-1938  [doi: 10.1143/JPSJ.44.1931]

Statistical mechanical theory of the protein conformation II. Folding pathway for protein.
Wako, H. and Saito, N.
J. Phys. Soc. Jpn (1978)  44,  1939-1945  [doi: 10.1143/JPSJ.44.1939]

back