Publication   研究成果

1.ワーキングペーパー

ワーキングペーパーの参照については早稲田大学 社会科学総合学術院までお問い合わせ下さい。

2019年度

(1)Ayu Washizu, Satoshi Nakano “Creation and application of the 2011 input-output table for the next-generation energy system,” Institute for Advanced Social Sciences(IASS) Working Paper Series, IASS WP 2019-E001, p.1~18, August, 2019

2018年度

(1)鷲津明由,中野諭『政府見通しに基づく水素関連部門の投入係数ベクトルの作成』,早稲田大学 先端社会科学研究所ワーキングペーパー, IASS WP 2018-J001,p.1~20

2017度

(4)鷲津明由,中野諭『2011年版次世代エネルギーシステム分析用産業連関表・再生可能エネルギー部門の投入係数ベクトルの作成』,早稲田大学 先端社会科学研究所ワーキングペーパー,IASS WP 2017-J004,p.1~14

(3)鷲津明由,中野諭『東京都の建築物による一次エネルギー消費データベースの作成』,早稲田大学 先端社会科学研究所ワーキングペーパー,IASS WP 2017-J003,p.1~10

(2)平湯直子,鷲津明由『時間帯別家庭の省エネポテンシャル量の推計:社会生活基本調査B票集計結果に基づいて』,早稲田大学 先端社会科学研究所ワーキングペーパー,IASS WP 2017-J002,p.1~24

(1)鷲津明由,平湯直子『家庭における時間帯別省エネポテンシャルデータベースの作成方法-『社会生活基本調査』と「家庭の省エネ百科」による-』, 早稲田大学 先端社会科学研究所ワーキングペーパー,IASS WP 2017-J001,2017年6月,p.1~35

2016年度

(1)中野諭,鷲津明由 『食とエネルギーのスマート化が需要に与える影響評価のためのデータベース作成-『全国消費実態調査』のマイクロデータに基づく分析-』早稲田大学 先端社会科学研究所ワーキングペーパー,IASS WP 2016-J002,2016年12月,p.1~33

2015年度

(3)中野諭,鷲津明由 『Home Energy Management System (HEMS)に対する消費者の利用意向に関するアンケート調査結果分析』早稲田大学社会科学総合学術院ワーキングペーパー,No.2015-5,2016年1月,p.1~26

(2)Satoshi Nakano, Ayu Washizu “Effects of the Home Appliance Eco-Point System on Consumers: Using Micro Data of the Family Income and Expenditure Survey” 早稲田大学社会科学総合学術院ワーキングペーパー,No.2015-4,2015年12月,p.1~18

(1)Ayu Washizu, Satoshi Nakano, Sonoe Arai “Input-output analysis of Japan’s introduction of renewable energy and feed-in-tariff system” 早稲田大学社会科学総合学術院ワーキングペーパー,No.2015-3,2015年12月,p.1~27

2014年度

(2)中野諭,鷲津明由『出力変動をともなう再生可能エネルギー大量導入時の次世代電力システムに関する産業連関分析』早稲田大学社会科学総合学術院ワーキングペーパー,No.2014-3,2014年12月,p.1~27

(1)中野諭,鷲津明由『電源構成モデルの解に基づく太陽光及び風力発電導入の試行的シミュレーション』早稲田大学社会科学総合学術院ワーキングペーパー,No.2014-1,2014年5月,p.1~18

2013年度

(6)濱田大器,鷲津明由『家庭での省エネと機器の利用意向に関するアンケート調査結果について』早稲田大学社会科学総合学術院ワーキングペーパー,No.2013-9,2014年3月,p.1~27

(5)中野諭,村野昭人,鷲津明由『未利用木質バイオマスの発電利用がもたらす経済および環境効果の試算』早稲田大学社会科学総合学術院ワーキングペーパー,No.2013-8,2013年12月,p.1~21

(4) Satoshi Nakano, Ayu Washizu, “Development of a Japanese Input-Output Table for Renewable Energy and Smart Grid Systems” 早稲田大学社会科学総合学術院ワーキングペーパー,No.2013-7,2013年10月,p.1~16

(3)平湯直子,鷲津明由『次世代自動車の利用意向に関するアンケート調査『自動車の車種選択とライフスタイル』-単純集計結果-』早稲田大学社会科学総合学術院ワーキングペーパー,No.2013-6,2013年7月,p.1~59

(2)濱田大器,中野諭,鷲津明由『電気自動車の普及可能性に関する考察-次世代自動車の利用意向に関するアンケート調査結果分析を中心として-』早稲田大学社会科学総合学術院ワーキングペーパー,No.2013-2,2013年7月,p.1~29

(1)中野諭,鷲津明由『再生可能エネルギー電力施設建設アクティビティの作成と太陽光発電導入及び系統安定化の試行的シミュレーション』早稲田大学社会科学総合学術院ワーキングペーパー,No.2013-1,2013年6月,p.1~28

2012年度

(2)中野諭,鷲津明由『再生可能エネルギー電力施設建設アクティビティの作成と静学的波及効果の推計』早稲田大学社会科学総合学術院ワーキングペーパー,No.2012-3,2013年3月,p.1~34

(1)中野諭,鷲津明由『電気機械器具製造業における規模弾性の計測‐『工業統計調査』のマイクロデータによる推定結果-』早稲田大学社会科学総合学術院ワーキングペーパー,No.2012-1,2012年11月,p.1~82

2.学術論文

(14) Ayu Washizu, Satoshi Nakano, Hideo Ishii, Yasuhiro Hayashi, “Willingness to Pay for Home Energy Management Systems: A Survey in New York and Tokyo,” Sustainability 2019, 11(17), 4790, 1-20, DOI:10.3390/su11174790

(13) Satoshi Nakano, Ayu Washizu, “In Which Time Slots Can People Save Power? An Analysis Using a Japanese Survey on Time Use,” Sustainability 2019, 11(16), 4444, 1-19, DOI:10.3390/su11164444

(12)中野諭,鷲津明由『HEMSに対する消費者の導入意思についての要因分析An analysis on Consumers’Introduction Intention to Home Energy Management Systems (HEMS)』, 2018,日本エネルギー学会誌,97, 205-215, DOI:10.3775/jie.97.205 (Technical Paper)

(11)Satoshi Nakano, Ayu Washizu,"Induced Effects of Smart Food/Agri-Systems in Japan: Towards a Structural Analysis of Information Technology", Telecommunications Policy, 2018, Volume 42, Issue 10, November, 824-835, DOI:10.1016/j.telpol.2018.08.001

(10)Satoshi Nakano, Ayu Washizu “Acceptance of energy efficient homes in large Japanese cities: Understanding the inner process of home choice and residence satisfaction”, Journal of Environmental Management, 2018, Volume 225, 1 November, 84-92, DOI:10.1016/j.jenvman.2018.07.082

 

(9)中野諭,鷲津明由『政府見通しに基づく大規模水素利用の波及効果の分析A Comprehensive Analysis of Induced Effects of Large-scale Hydrogen Utilization System Based on the Government Prospect』,2018,産業連関,26(1),35-49, DOI:10.11107/papaios.26.1_35 ※論文に使用した水素製造関連の投入係数Supplementary data for hydrogen production

(8)Satoshi Nakano, Sonoe Arai, Ayu Washizu “Development and Application of an Inter-Regional Input- Output Table for Analysis of a Next Generation Energy System”, 2018, Renewable and Sustainable Energy Reviews, 82, 2834-2842, DOI:10.1016/j.rser.2017.10.011

(7)Satoshi Nakano,Ayu Washizu “A Panoramic Analysis of Hydrogen Utilization Systems: Using an Input-Output Table for Next Generation Energy Systems”, 2016, Procedia CIRP, S2212-8271(16)31299-9,DOI:10.1016/j.procir.2016.11.139

(6)Satoshi Nakano, Sonoe Arai, Ayu Washizu “Economic impacts of Japan's renewable energy sector and the feed-in tariff system: Using an input-output table to analyze a next-generation energy system”,2016, DOI: 10.1007/s10018-016-0158-1

 

(5)Satoshi Nakano, Ayu Washizu “Changes in Consumer Behavior as a Result of the Home Appliance Eco-Point System ―An Analysis based on Micro Data from the Family Income and Expenditure Survey―,” Environmental Economics and Policy Studies, 2016, p.1~24, DOI 10.1007/s10018-016-0145-6

(4)中野諭,鷲津明由「微細藻類バイオマス燃料油利用の産業連関的評価:2つの事業モデルを中心に」,日本エネルギー学会誌,96,2016年1月,p.123~138

 

(3)中野諭,鷲津明由「太陽光・風力発電の大量導入時の次世代電力システムの構築に向けて-2つの系統安定化策がもたらす効果の産業連関分析-」環境科学会誌,28,2015年7月,p.291~303

(2)Satoshi Nakano, Akito Murano, Ayu Washizu,“Economic and Environmental Effects of Utilizing Unused Woody Biomass” Journal of Japan Institute of Energy,94, June 2015,p.522~531

(1) 小林直人,鷲津明由,澤谷由里子,本村陽一「再生可能エネルギー分野における構成型研究アプローチ」スマートグリッド,第4巻第2号,2014年4月,p.53~59

                          

3.その他論文

(13) 鷲津明由『スマート!』「エネルギー・資源」第40巻第10号(通巻779号),p.78,2019年7月

(12) 研究グループ紹介(早稲田大学 スマート社会技術融合研究機構 次世代科学技術経済分析研究所) 日本エネルギー学会機関誌 えねるみくす,第98巻4号,p.429,2019年7月

(11) 鷲津明由,中野諭『地域間次世代エネルギーシステム分析用産業連関表の応用分析:消費者視点からのスマートグリッド普及への期待An application of inter-regional input-output table for analysis of next-generation energy system: expectations for smart grid penetration from consumers' point of view』「スマートグリッド」第60巻第4号(通巻236号),p.26~29,2019年7月

(10) 鷲津明由,中野諭,新井園枝『地域間次世代エネルギーシステム分析用産業連関表の作成』「スマートグリッド」第58巻第10号(通巻745号),p.13~18,2017年7月

(9) 鷲津明由,中野諭『変動電源の出力抑制を考慮した地域間次世代エネルギーシステム分析用産業連関表と応用』,経済統計研究,46巻Ⅲ号,2018,p.13~28

(8) 鷲津明由,中野諭,平湯直子『住宅の省エネ改修がもたらす社会経済効果の分析―計量経済学的手法を用いて―ANALYSIS OF SOCIOECONOMIC EFFECTS FROM SPREAD OF SMART HOUSE-Using econometric methods -』,住総研研究論文集,44,2018, p.157~168

(7) 鷲津明由,中野諭,新井園枝『地域間次世代エネルギーシステム分析用産業連関表の作成』,「スマートグリッド」,第58巻第10号(通巻745号),2017年7月,p.13~18

(6) 鷲津明由,中野諭,新井園枝『再生可能エネルギーの高度利用に向けて―地域間次世代エネルギーシステム分析用産業連関表の作成と応用-』,「経済統計研究」,第44巻Ⅲ号,2016年12月,p.21~38

(5) 鷲津明由,中野諭,新井園枝『スマートエネルギー社会の産業連関分析に向けて―次世代エネルギーシステム分析用産業連関表の作成と応用―』,「経済統計研究」,第43巻Ⅲ号,2015年12月,p.12~31

(4)鷲津明由,中野諭,新井園枝,古川貴雄,白川展之,林和弘『拡張産業連関表による微細藻類バイオ燃料生産の経済・環境への波及効果分析』NISTEP DISCUSSION PAPER, No. 126, 文部科学省 科学技術・学術政策研究所,2015年11月,p.1~62

(3) 鷲津明由『風力発電の産業連関分析に向けて』「風力エネルギー」Vol.38,No.1(通巻109),p.19~23, 2014年5月

(2) 鷲津明由,巻頭言『地熱利用の産業連関分析に向けて』「日本地熱学会誌」Vol.36,No.1,p.1~2, 2014年1月

(1)鷲津明由,中野諭,朝倉啓一郎,高瀬浩二,古川貴雄,新井園枝,林和弘,奥和田久美 『拡張産業連関表による再生可能エネルギー発電施設建設の経済・環境への波及効果分析』NISTEP DISCUSSION PAPER, No. 96, 文部科学省 科学技術・学術政策研究所,2013年8月,p.1~56

4.学会発表

(51) 環境経済・政策学会2019年大会,2019年9月28日~29日,福島大学,鷲津明由・中野諭「2011年次世代エネルギーシステム分析用産業連関表の作成と応用分析:炭素税課税方法の検討An Analysis using 2011 input-output table for analysis of next-generation energy system: An examination of carbon taxation method」

(50)環境科学会2019年会,2019年9月13日~14日,名古屋大学東山キャンパス,鷲津明由・尾沼広基,有村俊秀「東京都オフィスビルにおける省エネ取組の効果推計An estimation of effects of energy saving measures in office buildings in Tokyo」

(49)第6回 BECC JAPAN 2019 気候変動・省エネルギー行動会議,2019年8月23日,東京大学生産技術研究所,鷲津明由・中野諭「社会生活基本調査を用いた節電ポテンシャルの推計」Estimation of electricity saving potential using 'Survey on Time Use and Leisure Activities'

(48)第28回日本エネルギー学会大会,2018年8月7日~8日,大阪(関西大学千里山キャンパス),鷲津明由・中野諭「2011年次世代エネルギーシステム分析用産業連関表による再生可能エネルギー導入効果の分析An analysis of effect of introducing renewable energy using the 2011 Input-output table for analysis of next generation energy system (IONGES)」

(47)Sustainable Built Environment Conference (SBE) 2019, August 6-7, 2019, The University of Tokyo Komaba Campus, Japan, A. Washizu, S. Nakano “Who can respond to Power Savings? Estimation of Energy Saving Potential Curves” (Poster)

(46)第38回エネルギー・資源学会 研究発表会2018年8月5日~6日 東京大学生産技術研究所,鷲津明由・尾沼広基,有村俊秀「大規模オフィスビルにおける省エネ対策・技術の普及状況」Survey on energy saving measures and technologies of large office building in Japan

(45)International Conference on Economic Structures (ICES) 2019, March 18-19, 2019, Ritsumeikan university Osaka, Japan, A. Washizu, S. Nakano “Analysis of inter-regional effects caused by the wide-area operation of the power grid in Japan"

(44)第14回日本LCA学会研究発表会 2018年3月5日~3月7日 九州大学伊都キャンパス,鷲津明由,尾沼広基,有村俊秀「大規模オフィスビルにおける省エネの実態およびポテンシャル量の推計: カーボンプライシング制度への示唆Estimation of energy conservation and energy saving potential in large-scale office building: Suggestions for carbon pricing system」

(43)第34回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス 2019年1月29日~30日 東京大学生産技術研究所,鷲津明由,中野諭「消費者視点に立った次世代エネルギーシステムのサプライチェーンについての評価」Evaluation of a Next Generation Energy System Supply Chain from the Perspective of Consumer

(42)エコデザイン・プロダクツ&サービス2018シンポジウム 2018年12月5日 早稲田大学 西早稲田キャンパス,中野諭,鷲津明由「生活時間を考慮した家庭の省エネポテンシャルの推計:社会生活基本調査個票を用いた分析Estimation of household energy saving potential considering living time:An analysis using Survey on Time Use and Leisure Activities」

(41)環太平洋産業連関分析学会大会第29回(2018年度)全国大会,11月3日~4日,愛知学院大学 名城公園キャンパス,中野諭,鷲津明由「豊かさと便利さを兼ね備えた食卓の実現にむけて-スマートフードチェーンシステム構築のための一考察-」

(40)EcoBalance 2018, October 9-12, 2018, KFC Hall & Rooms, Ryogoku, Japan, A. WASHIZU, S. NAKANO, C. Chen, H. Ishii, Y Hayashi “Measurement of demand function for HEMS: comparison between Japan and the United States”

(39)環境経済・政策学会2018年大会,2018年9月8日~9日,上智大学 四谷キャンパス,鷲津明由,中野諭「電力システムの広域化とカーボンプライシング地域間次世代エネルギーシステム分析用産業連関表に基づく考察Broadening of Power System and Carbon Pricing: Consideration based on Inter-Regional Input?Output Table for Next Generation Energy System (IONGES)」

(38)第5回 BECC JAPAN 2018 気候変動・省エネルギー行動会議,2018年8月23日,一橋大学一橋講堂,鷲津明由,中野諭,石井英雄,林泰弘「機能別HEMS需要関数測定結果の日米比較Comparison of demand functions for HEMS between Japan and the US」

(37)第27回日本エネルギー学会大会,2018年8月8日~9日,東京(日大理工学部駿河台キャンパス),鷲津明由,中野諭「変動電源の出力抑制を考慮した地域間次世代エネルギーシステム分析用産業連関表の作成Inter-Regional Input?Output Table for Next Generation Energy System (IONGES) with output suppression of variable power」

(36)2018 IEEE PES General Meeting, August 5 - 10, Portland, OR, USA, X. Xu, C.Chen, A. Washizu, H. Ishii, Y. Hayashi, “Willingness to Pay for Home Energy Management System: A Cross-Country Comparison”

(35)Grand Renewable Energy 2018 International Conference, June 17-22, 2018, Pacifico Yokohama, Japan, A. WASHIZU, S. NAKANO “Analysis of regional induced effect caused by liberalization of the electricity market”

(34)第37回エネルギー・資源学会 研究発表会2018年6月11日~12日 大阪,鷲津明由,中野諭「大都市における高性能住宅の受容可能性についての一考察A Study on Acceptability of High Performance Houses in Metropolitan Area」

(33)第13回日本LCA学会研究発表会 2018年3月7日~3月9日 早稲田大学,鷲津明由,中野諭,Chien-fei Chen,石井英雄,林泰弘「HEMSに対する消費者受容性の日米比較:仮想評価法によるアプローチComparison of Consumer Acceptance to HEMS in the US and Japan: Based on Contingent Valuation Method」

(32)第13回日本LCA学会研究発表会 2018年3月7日~3月9日 早稲田大学,中野諭,鷲津明由「スマートフード・アグリシステムの俯瞰的検証手法の提案A panoramic analysis of impacts of smart food /agri-technology」

(31)第34回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス 2018年1月25日~26日 砂防会館,鷲津明由,中野諭,Chien-fei Chen,石井英雄,林泰弘「HEMSに対する支払い意思額の日米比較:大規模日米共通アンケート調査結果をふまえてComparison between willingness to pay for HEMS in Japan and the United States: Based on the results of a large-scale Japan-US common questionnaire survey」

(30)環太平洋産業連関分析学会第28回(2017年度)大会 2017年10月21日~22日 立命館大学大阪いばらきキャンパス,鷲津明由,中野諭「スマートフード・アグリシステムの波及効果分析―情報化の産業構造分析に向けて―Induced Effects of Smart Food/ Agri-System - Toward Structural Analysis of Information」

(29)第4回Behavior, Energy & Climate Change Conference (BECC JAPAN 2017) 2017年9月5日 JA共済ビル カンファレンスホール,平湯直子,鷲津明由「社会生活基本調査に基づく家庭の省エネポテンシャル」

(28)第4回Behavior, Energy & Climate Change Conference (BECC JAPAN 2017) 2017年9月5日 JA共済ビル カンファレンスホール,鷲津明由,中野諭「省エネ住宅改修の費用便益分析―全国消費実態調査とエネルギー消費性能計算プログラム(住宅版)を用いて―」

(27)第26回日本エネルギー学会大会 2017年8月1日~2日 名古屋 ウィンクあいち,中野諭,鷲津明由「水素・燃料電池の政府見通しがもたらす効果の産業連関分析」

(26)第36回エネルギー・資源学会研究発表会 2017年6月7日~8日 砂防会館,鷲津明由,中野諭「省エネ住宅改修による消費者の便益分析―全国消費実態調査のマイクロデータを用いて―」

(25)The 24th CIRP Conference on Life Cycle Engineering, March 8-10, 2017, Kamakura Prince Hotel, Satoshi Nakano, Ayu Washizu: A Panoramic Analysis of Hydrogen Utilization Systems: Using an Input-Output Table for Next Generation Energy Systems

(24)第12回日本LCA学会研究発表会 2017年3月1日~3月3日 産業技術総合研究所 つくばセンター,平湯直子,鷲津明由「家庭における時間帯別省エネポテンシャルの推計-社会生活基本調査を用いて-」

(23)第33回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス 2017年2月2日~3日 砂防会館,鷲津明由,中野諭「大規模水素利用システムがもたらす波及効果の俯瞰的分析」

(22)第33回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス 2017年2月2日~3日 砂防会館,鷲津明由,中野諭,新井園枝「再生可能エネルギー利用がもたらす地域間波及効果分析」

(21) エコデザイン・プロダクツ&サービス2016シンポジウム 2016年12月7日 東京理科大学 森戸記念館,中野諭・新井園枝・鷲津明由「地域間次世代エネルギーシステム分析用産業連関表の作成と応用」

(20) EcoBalance 2016, the 12th Biennial International Conference on EcoBalance, October 3-6, 2016, Kyoto TERRSA, Ayu Washizu, Satoshi Nakano: Consumers’ acceptance of smart homes with new advanced technologies: Applying a social-psychological approach

(19) 環境経済・政策学会2016年大会 2016年9月10日~11日 青山学院大学青山キャンパス,鷲津明由・鷲津明由「水素利用システムの産業連関分析」

(18) 環境科学会 2016年会 2016年9月8~9日 東京都市大学 横浜キャンパス,鷲津明由,中野諭,新井園枝「再生可能エネルギー導入の地域間産業連関分析」

(17) 第3回Behavior, Energy & Climate Change Conference (BECC JAPAN 2016) 2016年9月6日 慶應義塾大学 三田キャンパス,鷲津明由・中野諭「環境性能を有する住宅の選択と居住者満足に関する研究」

(16) 第32回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス 2016年2月2日~3日 砂防会館,中野諭,鷲津明由,守口剛「スマートシティにおける居住者の満足度向上要因」

(15) Eco Design 2015, the 9th International Symposium on Environmentally Conscious Design and Inverse Manufacturing, December 2-4, 2015, Tokyo International Forum,Ayu Washizu, Satoshi Nakano, Sonoe Arai: Input-Output Analysis of Japan’s Use of Renewable Energy

(14) 環太平洋産業連関分析学会第26回(2015年度)大会 2015年10月31日~11月1日 明治大学,鷲津明由・中野諭・新井園枝・横橋正利・露木かおり「次世代エネルギーシステム分析用産業連関表の作成と応用」

(13) 環境経済・政策学会2015年大会 2015年9月18日~20日 京都大学,高瀬浩二・鷲津明由「スマート」消費技術のすすめ:時間と予算制約を考慮した消費モデルの開発」

(12) 第34回エネルギー・資源学会研究発表会 2015年6月9日~10日 砂防会館,鷲津明由,中野諭「再生可能エネルギー利用社会の産業連関分析」

(11) 第31回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス 2015年1月27日~28日 砂防会館,中野諭・鷲津明由「次世代電力システムの産業連関分析」

(10) 第31回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス 2015年1月27日~28日 砂防会館,中野諭・鷲津明由「消費者のHEMSの導入意向に関するアンケート調査分析」

(9) EcoBalance 2014, the 11th International Conference on EcoBalance, October 27-30, 2014, The Tsukuba International Congress Center, Akito Murano,Satoshi Nakano, Ayu Washizu: Ecological Effects from Operating a Biomass Power Plant

(8) EcoBalance 2014, the 11th International Conference on EcoBalance, October 27-30, 2014, The Tsukuba International Congress Center, Satoshi Nakano, Ayu Washizu: Input-output Analysis of Introducing Smart Grid Systems in Japan (Poster)

(7)環境経済・政策学会2014年大会 2014年9月13日~14日 法政大学多摩キャンパス,中野諭・鷲津明由「出力変動をともなう再生可能エネルギー大量導入時の次世代電力システムに関する産業連関分析」

(6)Grand Renewable Energy 2014 International Conference and Exhibition, July 27 ? August 1, 2014, Tokyo Big Sight, Satoshi Nakano, Akito Murano, Ayu Washizu: Economic and Environmental Effects of Utilizing Unused Woody Biomass

(5)第9回日本LCA学会研究発表会 2014年3月4日~3月6日 芝浦工業大学豊洲キャンパス,鷲津明由・中野諭・平湯直子「消費者の次世代技術の受容可能性―次世代自動車の利用意向に関するアンケート調査結果報告」

(4) 研究・技術計画学会第28回年次学術大会 2013年11月2日~3日 政策研究大学院大学,小林直人・鷲津明由・澤谷由里子・本村陽一「構成型研究と科学技術戦略~再生可能エネルギーを例として~」

(3)研究・技術計画学会第28回年次学術大会 2013年11月2日~3日 政策研究大学院大学,古川 貴雄・林 和弘・中野 諭・朝倉 啓一郎・鷲津 明由「拡張産業連関表による再生可能エネルギー発電施設建設の経済・環境への波及効果分析」

(2)環太平洋産業連関分析学会第24回(2013年度)大会 2013年10月26日~11月27日 中京大学,鷲津 明由・中野諭・朝倉啓一郎・古川貴雄・新井園枝・横橋正利・露木かおり「再生可能エネルギー発電とスマートグリッド分析用産業連関表の開発と応用」

(1)21st International Input-Output Conference & the Third Edition of the International School of Input-Output Analysis, July 7 - 12, 2013, Kitakyushu, Japan, Ayu Washizu, Keiichiro Asakura, Satoshi Nakano and Koji Takase:Input-Output Analysis of the Introduction of Renewable Energy and Smart Grid Systems