T.W.Lab. - Finlandia House    
 Xover Houses






Overview


About Xover Projects and Xover-Houses


 Generally, it is impossible that a house in a country is built by the existing production system in other countries, because the module of standard materials often varies from country to country. However, we have found a common module for Finnish and Japanese housing production systems. It is a size of 1200 x 2400 mm, which is called 4 x 8 size in Japan and standard size in Finland.
 We use the discovery for the Xover Project and design a house. The “Xover Projects” is a trial to design “obscure objects” which crossovers 1. National borders and nationalities, 2. Space modules, 3. Functions and 4. Technologies. By the scales, they are separated to Xover Architecture, Xover House, and Xover products.
 The “Xover Houses” is a housing series made up of four main crossovers . The crossovers are below.
1. The countries and the nationalities of t he designers.
2. Building material modules.
3. Units different from building materials such as columns and beams.
4. Technologies beyond the fields and the craftsmen.
The supporters are Aalto University, Alvar Aalto Foundation, Embassy of Japan in Finland, Embassy of Finland in Japan, Japan Finland Design Association, and Finland Design Centre.

 規格材の寸法モデュールは国によって異なる場合が多いので、一般的に、ある国の住宅が他国の既存の生産システムを利用することはできません。 しかし、私たちはフィンランドと日本の住宅生産システムに共通の寸法体系を発見しました。 それは、日本では4×8判と呼ばれ、フィンランドではスタンダードサイズとされる、1200×2400 mm のモデュールです。
 この発見をXover Projectsに取り込み、住宅をデザインしました。 Xover Projectsは、機能を帯びて道具になるギリギリ直前の「曖昧な立体」をデザインする試みです。 プロダクト(Xover-Products) 、住宅(Xover-Houses)、建築(Xover-Architecture)、の3つのスケールで展開しています。 この「曖昧な立体」は、1.国境・国籍、2.空間モデュール、3.機能、4.技術、の四要素のいずれかを横断するものと定義しました。
 Xover-Housesは、Xoverの条件を満たす住宅のシリーズです。 フィンランドと日本の二カ国を主なフィールドとしていきます。 上記のXover四要素において、それぞれ以下の特徴を持っています。
 1. 敷地とデザイナーの国籍を横断する
 2. フィンランドと日本の共通規格寸法である4×8工法を利活用してデザインされる
 3. 柱や梁のような単位を用いずに設計する
 4. 他分野の職人や技術を使用する
 また、このプロジェクトは、2021年に在日本フィンランド大使館にて開催される 『Unity Architecture - 3Exhibitions, 18 Objects, 3 Projects - 』展にて展示されます。 展覧会には、アアルト大学、アアルト財団、在フィンランド日本大使館、在日本フィンランド大使館、日本フィンランドデザイン協会、 フィンランドデザインセンター、の協力を頂いております。








Our Purpose


 In collaboration with designers, real estate agents (house developers), and contractors from both Japan and Finland, we will develop a series of low-volume housing. Specifically, we will devise a house with semi-prefabricated and semi-free construction for about 200 to 400 thousand euros per house.
 Henceforth, detached houses and multi-dwelling units of the developed housing estate in Finland and Japan will be in demand. This project creates such a new market. Cottages in campsites, clubhouses in marinas, and sauna facilities are also included in the market.

 日本とフィンランド両国のデザイナー、不動産会社(ハウスディベロッパー)、工務店、と協力し、国境を超えた小規模の住宅シリーズを開発します。 1軒あたり2000万円から4000万円程度の価格帯を想定し、半プレファブ、半現場打ちで施工されます。
 今後、フィンランドと日本両国において、郊外の小規模な週末住宅の需要が高まっていくでしょう。 Xover-Housesはそのような新たな市場を生み出す住宅としても位置付けています。 この市場には、キャンプ場のコテージ、ヨットハーバーのクラブハウス、サウナ施設なども組み込まれています。






Design


Space of 13℃


 In Xover Houses, the specific target of Xover is the design of indoor and outdoor temperature. By designing a region of 13 °C between 0 °C (outdoor) and 24 °C (indoor), Xover Houses are intended to emerge. The figure illustrates this idea.

 Xover Housesにおいて、Xoverの具体的な対象を室内外の気温のデザインとしました。 0℃(屋外)と24℃(屋内)の中間としての13℃の領域をデザインすることによって、Xover Housesが立ち現れることを意図しています。 下の図は、その考えを図示したものです。





 Today's urban housing, including Japan, is trying to level the indoor temperature in search of the average comfort of its living environment. On the other hand, many Finnish homes try to go out and live with nature as much as possible in the change of outside temperature from -20 ℃ to + 25 ℃ throughout the year. This is brought about by how district heating creates an abundant intermediate area between the indoor space and the outside, which is constantly maintained at 24 ° C throughout the year.
 Xover Houses pays attention to this point, and the core of the design is how to make 13 ℃ that can cross the climate of both Japan and Finland.

 日本をはじめとして、昨今の都市住宅は、その住環境の平均的な快適さを求めて、室内温度の平準化を図ろうとしています。 一方で、一年の中で-20℃から+25℃までの外気温の変化があるフィンランドでは、ディストリクトヒーティング(地域熱供給)によって室内空間が常時24℃に保たれている傍ら、 できる限り外に出て、自然とともに暮らそうとする人が多くいます。 これは、外部との中間領域を豊かにしようとする国民性によってもたらされています。  Xover-Housesは、この点に注目し、日本-フィンランド両国の気候を横断できる13℃の作り方をデザインの核としています。







1st Floor







1. Entrance 2. Restroom 3. Towel cabinet 4. Bedroom A 5. Back door 6. Closet






Left: View of the stairs from the entrance. / Right: Bedroom A in the morning.

左: 入口から階段を見上げる。 / 右: 朝の寝室A。









2nd Floor






7. Living Room 8. Kitchen 9. Cupboard 10. Shower Room 11. Sauna
12. Terrace 13. Bedroom B 14. Bookshelf 15. Closet 16. Storage






Left: The living room is composed of the kitchen dinning room in 24℃ area and the terrace in 13℃ area
Center: The 13℃ space is the optimum temperature for cooling off our bodies after sauna.
Right: Bedroom B in the evening. The sunlight is filtered in the 13℃ space and comes inside.

左: 居間は24℃のダイニングキッチンと13℃のテラスから構成されています。
中央:13℃の空間はサウナを出た後の身体を冷ますのに最適です。
右: 夕方の寝室B。13℃の空間で濾された日光が入ってきます。






Loft





AREA
1F 13℃:0㎡ 24℃:23.04㎡
2F 13℃:34.56㎡ 24℃:23.04㎡
Total: 80.64㎡ (+Loft 23.04㎡)


面積
1階 13℃:0㎡ 24℃:23.04㎡
2F 13℃:34.56㎡ 24℃:23.04㎡
合計 80.64㎡ = 24.4坪 (+ロフト 23.04㎡ = 6.97坪)






Section & Elevation









Published on June 27, 2021































 Please see the previous esquisse from here.
 これまでのエスキースについては、こちらをご覧下さい。


back

早稲田大学創造理工学部建築学科 Waseda University School of Creative Science and Engineering Architecture

Copyright (C) 2014 Watanabe Taishi Laboratory, Department of Architecture, Waseda University. All Rights Reserved.