渡邊大志研究室
余暇論|Leisure-theory


近代的な余暇は労働のアンチテーゼとして定義される。
過剰な労働の対価としての資本と時間(休日)を喜捨する喜びが、大衆文化を生むからである。私も含めて資本主義の大量生産消費社会の住人はみな大衆である。
しかし、その表現にもまた一分の理があるはずだ。

Modern leisure is defined as anti-labor.
Because the fun of throw away money and time we get instead of our labor will make mass culture.
We, including me are already mass people accept rich-ness from mass production society.
However, such kind of expressions are also able to hold ideology too.


COOL JAPAN OSAKA
#02.耽読者の家
#03.酒井邸-街区境界線の竪穴式住居
#04.編集趣向シリーズ
#05.明治通りの計画
「(仮称)Setagaya S.T.ビル」


BACK

早稲田大学創造理工学部建築学科 Waseda University School of Creative Science and Engineering Architecture

Copyright (C) 2014 Watanabe Taishi Laboratory, Department of Architecture, Waseda University. All Rights Reserved.