Watanabe Taishi Laboratory
Translationism|創造的翻訳主義


Computer and internet technology has let us indulge in much amount of informations.
To throw away garbage of information show expressions at that time.
Translation is that kind of attitude and all of fictions which has been gone by documents must be translation of all of documents as memories and history.

コンピュータとインターネットによって、私たちの廻りを日常的に取り巻く情報の総量は格段に増えた。
今は情報を得ることよりも、捨てる論理が表現を生む世紀を生きている。
有史以来、宗教を含むあらゆる思想は翻訳者の意訳によってその広がりがデザインされてきた。
異なる言語で意味を伝えようとする際の要は、いかに不明瞭な情報を捨てるかにクリエーティビリティが発揮されることである。
現実が現実とフィクションの間の臨界線を越えたとき、フィクション(想像)は全て現実の蓄積(記憶であり歴史)の翻訳なのだ。



パタンプロジェクト in ネパール
チェス・ボード アーキテクチャ
#07.246のキトラ計画
#08.Sechie-倉庫と舞台
レッドハウスプロジェクト "Red House"


BACK

早稲田大学創造理工学部建築学科 Waseda University School of Creative Science and Engineering Architecture

Copyright (C) 2014 Watanabe Taishi Laboratory, Department of Architecture, Waseda University. All Rights Reserved.