日本史攷究会 (にほんしこうきゅうかい)


『日本史攷究』40号 目次(2016年12月発行)

『日本史攷究』四〇号によせて  大橋 幸泰
「日本史攷究会」の誕生  浅沼 正明
「日本史攷究会」のことども  柴辻 俊六

〔論文〕
 平安京施薬院の整備と労働力編成
  ―九世紀前半を中心に―  岩本 健寿

 徳川将軍の浜庭園御成
  ―家斉期を中心に―  池ノ谷 匡祐

 社会科教員との地域巡検
  ―港区立港郷土資料館の博学連携の一事例―  竹村 到

 「ひめはじめ」考
  ―暦と日本の食文化との関わり―  松井 吉昭

〔史料紹介〕
 春城市島謙吉、若き日の政治論
  ―翻刻紹介・市島春城「還魂紙料」―  藤原 秀之

〔史跡めぐり〕
 史跡見学会「江戸城とその周辺を歩く」  清水 覧磨

 『日本史攷究』総目次(創刊号〜四十号)


日本史攷究会 2017年度大会・講演会・総会

日 時 12月2日(土) 13時30分より
場 所 早稲田大学早稲田キャンパス15号館02教室

研究発表(報告35分・質疑応答5分)
@ 中世における検注再考 橋 傑
A 近世朝廷における寺院参内と寺宝叡覧行事に関する基礎的考察 近藤 絢音
B 巴奈馬太平洋万国博覧会への日本の参加経緯について 加藤 絵里子

公開講演
講 師 紙屋 敦之
演 題 琉球館・江戸立・旅役所

総 会

●入場無料、事前申し込み不要。
●研究発表・公開講演のいずれも、非会員の方の参加を歓迎いたします。


事務局:早稲田大学教育・総合科学学術院大橋幸泰研究室

連絡先