presentations at conferences/meetings/workshops/seminars (since 2008)

 

2021
  1. 越原健太・湯浅一哉
    "量子系のマクスウェルの悪魔における量子測定とフィードバック制御の役割"
    第45回量子情報技術研究会 (QIT45) (オンライン開催) 2021.11.30
     
  2. 藤本大来・湯浅一哉
    "順序の量子重ね合わせによってノイズの影響を抑制する量子計測"
    第45回量子情報技術研究会 (QIT45) (オンライン開催) 2021.11.30
     
  3. 横山夏希・新徳誠也・湯浅一哉
    "線形光学回路による量子レザバー計算: 光の量子状態の特徴量推定"
    第45回量子情報技術研究会 (QIT45) (オンライン開催) 2021.11.30
     
  4. 横山夏希・新徳誠也・湯浅一哉
    "線形光学回路を用いる量子レザバー計算: 光の量子状態の特徴量推定"
    日本物理学会2021年秋季大会 (オンライン開催) 2021.9.22
     
  5. 藤本大来・湯浅一哉
    "順序の量子重ね合わせによってノイズの影響を抑制する量子計測"
    日本物理学会2021年秋季大会 (オンライン開催) 2021.9.22
     
  6. 越原健太・湯浅一哉
    "量子系の熱力学サイクルにおける量子測定とフィードバック制御の役割"
    日本物理学会2021年秋季大会 (オンライン開催) 2021.9.22
     
  7. Daniel Burgarth, Kazuya Yuasa, Paolo Facchi, Hiromichi Nakazato, and Saverio Pascazio
    "Eternal Adiabaticity and KAM-Stability in Quantum Mechanics"
    21th Asian Quantum Information Science Conference (AQIS 2021)
    Online (September 1-4, 2021)
     
  8. 藤本大来・湯浅一哉
    "順序の量子重ね合わせによってノイズの影響を抑制する量子計測"
    第66回物性若手夏の学校 (オンライン開催) 2019.8.2-5
     
  9. 横山夏希・新徳誠也・湯浅一哉
    "線形光学回路による量子レザバー計算: 光の量子状態の特徴量推定"
    第66回物性若手夏の学校 (オンライン開催) 2019.8.2-5
     
  10. Daniel Burgarth, Paolo Facchi, Saverio Pascazio, Hiromichi Nakazato, and Kazuya Yuasa
    "KAM-Stability for Conserved Quantities in Finite-Dimensional Quantum Systems"
    24th Annual Conference on Quantum Information Processing (QIP 2021)
    Online (February 1-5, 2021)

 

2020
  1. 持田稜介・湯浅一哉
    "未知のノイズパラメータの存在下における量子計測"
    第43回量子情報技術研究会 (QIT43) (オンライン開催) 2020.12.10
     
  2. 持田稜介・湯浅一哉
    "未知のノイズパラメータの存在下における量子計測"
    日本物理学会2020年秋季大会 (オンライン開催) 2020.9.11
     
  3. 今井智博・内野瞬・門内隆明・湯浅一哉
    "量子ドットを介して超伝導体間に流れるカレントに対する量子ゆらぎ定理"
    日本物理学会2020年秋季大会 (オンライン開催) 2020.9.8
     
  4. 今井智博・湯浅一哉・内野瞬・門内隆明
    "量子ドットを介して超伝導体間に流れるカレントに対する量子ゆらぎ定理"
    非平衡オンライン若手の会2020 (オンライン開催) 2020.8.17-19
     
  5. 持田稜介・湯浅一哉
    "未知のノイズパラメータの存在下における量子計測"
    非平衡オンライン若手の会2020 (オンライン開催) 2020.8.17-19
     
  6. 棚橋将・越原健太・湯浅一哉
    "量子測定の繰り返しによる熱流の誘起"
    日本物理学会第75回年次大会 (名古屋大学) 2020.3.19
     
  7. 越原健太・湯浅一哉
    "マクスウェルの悪魔による電流逆流モデル: 厳密解に基づく非マルコフ性の効果"
    日本物理学会第75回年次大会 (名古屋大学) 2020.3.16

 

2019
  1. Kazuya Yuasa
    "Quantum Zeno Dynamics and Adiabatic Theorem" (invited)
    Quantum Information Processing in Non-Markovian Quantum Complex Systems (QIPQC 2019)
    Nagoya University, Nagoya, Japan (December 9-12, 2019)
     
  2. Kazuya Yuasa, Teruo Matsubara, Paolo Facchi, and Vittorio Giovannetti
    "Optimal Gaussian Metrology for Generic Multimode Interferometric Circuit"
    12th Italian Quantum Information Science Conference (IQIS 2019)
    University of Milan, Milano, Italy (September 9-12, 2019)
     
  3. 前田豊・新徳誠也・湯浅一哉
    "複数の量子チャンネルの順序の量子重ね合わせによる量子状態保持"
    日本物理学会2019年秋季大会 (岐阜大学) 2019.9.10
     
  4. 棚橋将・越原健太・湯浅一哉
    "量子測定の繰り返しによる熱流の誘起"
    第64回物性若手夏の学校 (岐阜) 2019.8.5-9
     
  5. 前田豊・新徳誠也・湯浅一哉
    "複数の量子チャンネルの順序の量子重ね合わせ: 量子状態保持への応用"
    第64回物性若手夏の学校 (岐阜) 2019.8.5-9
     
  6. 前田豊・新徳誠也・湯浅一哉
    "複数の量子チャンネルの順序の量子重ね合わせ: 量子状態の保持への応用"
    第40回量子情報技術研究会 (QIT40) (九州大学) 2019.5.20

 

2018
  1. 新徳誠也・松原輝王・湯浅一哉
    "バックグラウンドの存在下における量子計測"
    第39回量子情報技術研究会 (QIT39) (東京大学) 2018.11.26
     
  2. 越原健太・松原輝王・湯浅一哉
    "マクスウェルの悪魔による電流の制御: 量子マスター方程式による定式化"
    第39回量子情報技術研究会 (QIT39) (東京大学) 2018.11.26
     
  3. Kazuya Yuasa, Jukka Kiukas, and Daniel Burgarth
    "Remote Parameter Estimation Enhanced by Local Control"
    11th Italian Quantum Information Science Conference (IQIS 2018)
    University of Catania, Catania, Italy (September 17-20, 2018)
     
  4. 新徳誠也・松原輝王・湯浅一哉
    "バックグラウンドの存在下における量子計測"
    日本物理学会2018年秋季大会 (同志社大学) 2018.9.11
     
  5. 越原健太・松原輝王・湯浅一哉
    "マクスウェルの悪魔によるカレントの制御: 量子マスター方程式に基づく定式化"
    日本物理学会2018年秋季大会 (同志社大学) 2018.9.9
     
  6. 新徳誠也・松原輝王・湯浅一哉
    "バックグラウンドの存在下における量子計測"
    物性研究所短期研究会「量子情報・物性の新潮流」(物性研究所) 2018.8.2
     
  7. 越原健太・松原輝王・湯浅一哉
    "マクスウェルの悪魔によるカレントの制御: 量子マスター方程式に基づく定式化"
    物性研究所短期研究会「量子情報・物性の新潮流」(物性研究所) 2018.8.2
     
  8. 新徳誠也・湯浅一哉
    "バックグラウンドの存在下における量子計測"
    第63回物性若手夏の学校 (愛知) 2018.7.24-28
     
  9. 越原健太・湯浅一哉
    "マクスウェルの悪魔によるカレントの制御: 量子マスター方程式に基づく定式化"
    第63回物性若手夏の学校 (愛知) 2018.7.24-28
     
  10. 石川慧・門内隆明・湯浅一哉
    "エネルギー固有状態による熱平衡系の記述: 縮退の重要性"
    日本物理学会第73回年次大会 (東京理科大学) 2018.3.22

 

2017
  1. Shohei Morodome, Takaaki Monnai, and Kazuya Yuasa
    "Quantum Fluctuation Relation for Nonequilibrium Steady State: Analysis with an Exactly Solvable Model"
    YITP Workshop "Quantum Thermodynamics: Thermalization and Fluctuations"
    Yukawa Institute for Theoretical Physics (YITP), Kyoto University, Kyoto, Japan (September 27-30, 2017)
     
  2. Satoshi Ishikawa, Takaaki Monnai, and Kazuya Yuasa
    "Eigenstate Thermalization Hypothesis and Degeneracy of Hamiltonian"
    YITP Workshop "Quantum Thermodynamics: Thermalization and Fluctuations"
    Yukawa Institute for Theoretical Physics (YITP), Kyoto University, Kyoto, Japan (September 27-30, 2017)
     
  3. 石川慧・門内隆明・湯浅一哉
    "エネルギー固有状態による熱平衡系の記述: 縮退の重要性"
    第62回物性若手夏の学校 (岐阜) 2017.7.25-29
    優秀ポスター賞
     
  4. 牛尾槙之介・湯浅一哉
    "緩和過程による量子ダイナミクスの射影と量子系制御"
    第62回物性若手夏の学校 (岐阜) 2017.7.25-29
     
  5. 鈴木貴大・湯浅一哉
    "リング干渉計による量子パラメータ推定の精度の向上"
    日本物理学会第72回年次大会 (大阪大学) 2017.3.19
     
  6. 松原輝王・湯浅一哉
    "ガウス型状態による線形光学回路の量子計測"
    日本物理学会第72回年次大会 (大阪大学) 2017.3.19

 

2016
  1. 鈴木貴大・湯浅一哉
    "リング干渉計による量子パラメータ推定の精度の向上"
    第35回量子情報技術研究会 (QIT35) (高エネルギー加速器研究機構(KEK)) 2016.11.24
     
  2. 松原輝王・湯浅一哉
    "ガウス型状態による線形光学回路の量子計測"
    第35回量子情報技術研究会 (QIT35) (高エネルギー加速器研究機構(KEK)) 2016.11.24
     
  3. 湯浅一哉
    "Quantum Control Induced by Measurement" (invited)
    第24回量子情報関東 Student Chapter (早稲田大学) 2016.10.28
     
  4. 千葉友広
    "網目状に配列されたビームスプリッターのパラメータの量子計測"
    第24回量子情報関東 Student Chapter (早稲田大学) 2016.10.28
     
  5. 鈴木貴大
    "リング干渉計による量子パラメータ推定の精度の向上"
    第24回量子情報関東 Student Chapter (早稲田大学) 2016.10.28
     
  6. 田中康就
    "補助系とのエンタングルメントによる量子ビットチャンネルのパラメータの推定精度の向上"
    第24回量子情報関東 Student Chapter (早稲田大学) 2016.10.28
     
  7. 松原輝王
    "ガウス型状態による線形光学回路の量子計測"
    第24回量子情報関東 Student Chapter (早稲田大学) 2016.10.28
     
  8. 諸留昇平
    "非平衡定常状態における量子ゆらぎ定理: 可解モデルによる解析"
    第24回量子情報関東 Student Chapter (早稲田大学) 2016.10.28
     
  9. Kazuya Yuasa, Daniel Burgarth, Vittorio Giovannetti, and Airi N. Kato
    "Quantum Estimation via Sequential Measurements"
    9th Italian Quantum Information Science Conference (IQIS 2016)
    University of Rome La Sapienza, Roma, Italy (September 20-23, 2016)
     
  10. 鈴木貴大・湯浅一哉
    "量子多重散乱効果による量子状態推定精度の向上"
    日本物理学会2016年秋季大会 (金沢大学) 2016.9.16
     
  11. 松原輝王・湯浅一哉
    "繰り返し測定による量子ビットチャンネルのパラメータの推定"
    日本物理学会2016年秋季大会 (金沢大学) 2016.9.16
     
  12. 田中康就・湯浅一哉
    "補助系とのエンタングルメントによる量子ビットチャンネルのパラメータの推定精度の向上"
    日本物理学会2016年秋季大会 (金沢大学) 2016.9.16
     
  13. 諸留昇平・門内隆明・湯浅一哉
    "非平衡定常状態における量子ゆらぎ定理: 可解モデルによる解析"
    日本物理学会2016年秋季大会 (金沢大学) 2016.9.15
     
  14. Kazuya Yuasa
    Seminar at Aberystwyth University, UK
    11:00-12:00, August 22, 2016 (Prof. Daniel Burgarth)
    "Bosonic Quantum Metrology for Generic Interferometric Circuit"
     
  15. Kazuya Yuasa
    "Universal Control Induced by Noise" (invited)
    Resonance and Non-Hermitian Quantum Mechanics 2016
    Osaka University, Osaka, Japan (August 3-5, 2016)
     
  16. 諸留昇平・門内隆明・湯浅一哉
    "非平衡定常状態における量子ゆらぎ定理: 可解モデルによる解析"
    第61回物性若手夏の学校 (志賀高原) 2016.7.29-8.2
     
  17. 鈴木貴大・湯浅一哉
    "量子多重散乱効果による量子状態推定精度の向上"
    第34回量子情報技術研究会 (QIT34) (高知工科大学) 2016.5.30
     
  18. 松原輝王・湯浅一哉
    "繰り返し測定による量子ビットチャンネルのパラメータの推定"
    第34回量子情報技術研究会 (QIT34) (高知工科大学) 2016.5.30
     
  19. 田中康就・湯浅一哉
    "補助系とのエンタングルメントによる量子ビットチャンネルのパラメータの推定精度の向上"
    第34回量子情報技術研究会 (QIT34) (高知工科大学) 2016.5.30

 

2015
  1. 門内隆明・湯浅一哉
    "ミクロカノニカル状態におけるKMS条件と熱力学極限"
    日本物理学会2015年秋季大会 (関西大学) 2015.9.17
     
  2. Kazuya Yuasa, Daniel Burgarth, Paolo Facchi, Vittorio Giovannetti, Hiromichi Nakazato, Davide Orsucci, and Saverio Pascazio
    "Exponential Rise of Dynamical Complexity in Quantum Computing through Projections"
    8th Italian Quantum Information Science Conference (IQIS 2015)
    Corvino Resort, Monopoli, Italy (September 10-12, 2015)
     
  3. Giuseppe Florio, Antonella De Pasquale, Paolo Facchi, Vittorio Giovannetti, Koji Matsuoka, and Kazuya Yuasa
    "Two-Mode Bosonic Quantum Metrology with Number Fluctuations"
    8th Italian Quantum Information Science Conference (IQIS 2015)
    Corvino Resort, Monopoli, Italy (September 10-12, 2015)
     
  4. 門内隆明・湯浅一哉
    "孤立量子系における典型的な非平衡定常状態"
    日本物理学会第70回年次大会 (早稲田大学) 2015.3.24
     
  5. 松岡耕司・湯浅一哉
    "光学位相シフトの量子計測に対する最適な多モードガウス型純粋状態"
    日本物理学会第70回年次大会 (早稲田大学) 2015.3.21

 

2014
  1. 門内隆明・Mauro Iazzi・湯浅一哉
    "典型的純粋状態と量子測定による対称性の破れ"
    日本物理学会2014年秋季大会 (中部大学) 2014.9.9
     
  2. 湯浅一哉
    セミナー @ 芝浦工業大学 システム理工学部 機械制御システム学科 量子情報研究室 木村研究室
    2014年6月23日 16:40-18:10 (木村元准教授)
    "対称性の自発的破れと量子観測"
     
  3. Kazuya Yuasa
    "Quantum Estimation via a Single Sequence of Measurements with a Quantum Mixing Channel" (invited)
    VII Workshop ad Memoriam of Carlo Novero: Advances in Foundations of Quantum Mechanics and Quantum Information with Atoms and Photons (Quantum 2014)
    Istituto Nazionale di Ricerca Metrologica (I.N.RI.M.), Torino, Italy (May 26-30, 2014)
     
  4. Kazuya Yuasa
    Qulink Seminar at National Institute of Informatics (NII), Tokyo, Japan
    15:00-16:00, February 12, 2014
    "Quantum Estimation via a Single Sequence of Measurements with a Quantum Mixing Channel"

 

2013
  1. 稲葉弘一・湯浅一哉
    "リング干渉計を用いて2量子ビット間に任意の初期状態から確率 1 でエンタングルメントを生成する方法"
    第29回量子情報技術研究会 (QIT29) (早稲田大学) 2013.11.18
     
  2. Airi Kato and Kazuya Yuasa
    "Estimation of a Parameter in a Quantum Relaxation Process via a Single Sequence of Measurements without State Re-Initialization"
    Frontiers of Statistical Physics and Information Processing (FSPIP: Satellite Meeting of STATPHYS25)
    Yukawa Institute for Theoretical Physics, Kyoto, Japan (July 11-14, 2013)
     
  3. Daniel Burgarth and Kazuya Yuasa
    "Algebraic Methods for Open System Identification"
    Open System Identification
    Aberystwyth University, Aberystwyth, UK (June 10, 2013)
     
  4. 新保厚
    "光の連続変数状態における量子-古典境界"
    第17回量子情報関東 Student Chapter (東京大学) 2013.3.15
     
  5. 加藤愛理
    "一試行の観測データ列から量子緩和過程のパラメータを推定する方法"
    第17回量子情報関東 Student Chapter (東京大学) 2013.3.15
     
  6. Kazuya Yuasa
    Seminar at Scuola Normale Superiore, Pisa, Italy
    11:00-12:00, March 6, 2013 (Prof. Vittorio Giovannetti and Prof. Rosario Fazio)
    "Interference of Two Independent BCS Gases of Fermionic Atoms"

 

2012
  1. 寺澤翔一郎・湯浅一哉
    "環境の影響下での繰り返し観測による2量子ビット間エンタングルメント生成"
    第27回量子情報技術研究会 (QIT27) (慶応義塾大学) 2012.11.27
     
  2. 松岡耕司
    "スクイーズド状態を用いた散乱ポテンシャル強度の推定"
    第16回量子情報関東 Student Chapter (NTT物性科学基礎研究所) 2012.10.12
     
  3. 稲葉弘一
    "リング干渉計を用いて2量子ビット間に任意の初期状態から確率1でエンタングルメントを生成する方法"
    第16回量子情報関東 Student Chapter (NTT物性科学基礎研究所) 2012.10.12
     
  4. 松岡耕司・湯浅一哉
    "同種粒子性を利用する量子計測と識別不可能性"
    日本物理学会2012年秋季大会 (横浜国立大学) 2012.9.19
     
  5. 稲葉弘一・湯浅一哉
    "マッハ・ツェンダー干渉計を用いて2量子ビット間に任意の初期状態から確率1でエンタングルメントを生成する方法"
    日本物理学会2012年秋季大会 (横浜国立大学) 2012.9.18
     
  6. 寺澤翔一郎
    "環境の影響下での2量子ビット間エンタングルメント生成"
    第15回量子情報関東 Student Chapter (日本大学) 2012.5.30
     
  7. Kazuya Yuasa
    "Estimation of a Parameter of a Quantum System by a Single Sequence of Repeated Measurements without State Initialization" (invited)
    VI Workshop ad Memoriam of Carlo Novero: Advances in Foundations of Quantum Mechanics and Quantum Information with Atoms and Photons (Quantum 2012)
    Istituto Nazionale di Ricerca Metrologica (I.N.RI.M.), Torino, Italy (May 21-25, 2012)
     
  8. 稲葉弘一・湯浅一哉
    "マッハ・ツェンダー干渉計を用いて2量子ビット間に任意の初期状態から確率1でエンタ ングルメントを生成する方法"
    第26回量子情報技術研究会 (QIT26) (福井大学) 2012.5.21
     
  9. 松岡耕司・湯浅一哉
    "同種粒子性を利用する量子計測と識別不可能性"
    第26回量子情報技術研究会 (QIT26) (福井大学) 2012.5.21
     
  10. 奥出淳也・湯浅一哉
    "複数の同種粒子の散乱によるポテンシャル強度の推定"
    日本物理学会第67回年次大会 (関西学院大学) 2012.3.27
     
  11. 安藤慧・湯浅一哉
    "エルゴード写像による量子パラメータ推定"
    日本物理学会第67回年次大会 (関西学院大学) 2012.3.27
     
  12. Kazuya Yuasa
    "Quantum Ergodic Channels and Generation of Quantum States" (invited)
    Research in Optical Sciences "Quantum Information and Measurement (QIM)" (2012 OSA Optics and Photonics Congress)
    Messe Berlin GmbH, Berlin, Germany (March 19-21, 2012)
     
  13. 稲葉弘一
    "マッハ・ツェンダー干渉計を用いて2量子ビット間に任意の初期状態から確率1でエンタングルメントを生成する方法"
    第14回量子情報関東 Student Chapter (東京理科大学) 2012.3.7
     
  14. 松岡耕司
    "同種粒子性を利用する量子計測と識別不可能性"
    第14回量子情報関東 Student Chapter (東京理科大学) 2012.3.7
     
  15. Kazuya Yuasa
    Seminar at Scuola Normale Superiore, Pisa, Italy
    11:00-12:00, February 15, 2012 (Prof. Vittorio Giovannetti and Prof. Rosario Fazio)
    "Measurement-Induced Relative Phase between Two Independent BCS States"

 

2011
  1. 湯浅一哉
    "観測による量子コヒーレンス" (invited)
    基礎物理セミナー合宿 (箱根太陽山荘, 箱根) 2011.12.3-5
     
  2. 湯浅一哉・Vittorio Giovannetti・ Daniel Burgarth・中里弘道・奥出淳也・寺澤翔一郎
    "量子エルゴードチャンネルによる量子状態生成"
    第25回量子情報技術研究会 (QIT25) (大阪大学) 2011.11.22
     
  3. 安藤慧・湯浅一哉
    "端点1量子ビットに対する1試行の繰り返し観測データ列から3量子ビット鎖の相互作用定数を推定する方法"
    第25回量子情報技術研究会 (QIT25) (大阪大学) 2011.11.21
     
  4. 寺澤翔一郎
    "観測とランダム操作の繰り返しによる2量子ビット間エンタングルメント生成"
    第13回量子情報関東 Student Chapter (国立情報学研究所) 2011.11.10
     
  5. 奥出淳也
    "複数の同種粒子の散乱によるポテンシャル強度の推定"
    第13回量子情報関東 Student Chapter (国立情報学研究所) 2011.11.10
     
  6. Kazuya Yuasa
    "Generation of Quantum States by Quantum Ergodic Channels"
    Italy-TWIns-Waseda 2011 "Quantum Technologies: Information, Communication and Computation"
    Waseda University, Tokyo, Japan (November 7-8, 2011)
     
  7. 寺澤翔一郎・湯浅一哉
    "観測とランダム操作の繰り返しによる2量子ビット間エンタングルメント生成"
    日本物理学会2011年秋季大会 (富山大学) 2011.9.22
     
  8. 山本大人・湯浅一哉
    "少数の原子からなる2つの独立なボース凝縮体間の干渉とその揺らぎ"
    日本物理学会2011年秋季大会 (富山大学) 2011.9.21
     
  9. Kazuya Yuasa
    "Generation of Quantum States by Ergodic Maps"
    4th International Conference on Quantum Information (ICQI)
    University of Ottawa, Ottawa, Canada (June 6-8, 2011)
     
  10. Kazuya Yuasa
    Seminar at RIKEN, Wako, Japan
    10:30-11:30, May 9, 2011 (Prof. Franco Nori)
    "Generation of Quantum States by Ergodic Maps"
     
  11. Kazuya Yuasa
    "Generation of Quantum States by Ergodic Maps" (invited)
    Problemi Attuali di Fisica Teorica (17th ed.: 4th Italian Quantum Information Science Conference IQIS 2011)
    Lloyd's Baia Hotel, Vietri sul Mare, Italy (April 18-20, 2011)
     
  12. Kazuya Yuasa
    Seminar at Scuola Normale Superiore, Pisa, Italy
    14:00-15:00, March 15, 2011 (Prof. Vittorio Giovannetti and Prof. Rosario Fazio)
    "Interference of Cooper Pairs from Two Independent Sources"
     
  13. 湯浅一哉
    セミナー @ 東京大学 生産技術研究所 羽田野研究室
    2011年1月19日 10:30-11:30 (羽田野直道准教授)
    "Driving Two Fixed Qubits to a Maximally Entangled State by Repeated On- and Off-Resonant Scattering of Ancilla Qubits"

 

2010
  1. 安藤慧
    "状態の初期化,多数回試行の重ね焼きを必要としない2量子ビット間イジング相互作用定数の推定"
    第11回量子情報関東 Student Chapter (慶應義塾大学) 2010.12.2
     
  2. 奥出淳也
    "観測とフィードバックの繰り返しによるベル状態の生成と操作エラーの影響"
    第11回量子情報関東 Student Chapter (慶應義塾大学) 2010.12.2
     
  3. 安藤慧・湯浅一哉
    "状態の初期化,多数回試行の重ね焼きを必要としない2量子ビット間イジング相互作用定数の推定"
    第23回量子情報技術研究会 (QIT23) (東京大学) 2010.11.15
     
  4. Kazuya Yuasa
    Seminar at NTT Basic Research Laboratory, Atsugi, Japan
    13:30-14:30, November 1, 2010 (Prof. Kouichi Semba)
    "Entanglement of Electrons Emitted from a Superconductor and Interference of a Cooper Pair"
     
  5. 湯浅一哉・Mauro Iazzi
    "2つの独立な超伝導体から放出されるクーパー対の干渉"
    日本物理学会2010年秋季大会 (大阪府立大学) 2010.9.25
     
  6. 安藤慧・湯浅一哉・Mauro Iazzi
    "光学格子から解放されたボース凝縮体列の干渉とその揺らぎ"
    日本物理学会2010年秋季大会 (大阪府立大学) 2010.9.25
     
  7. 奥出淳也・湯浅一哉
    "補助系に対する観測とフィードバックの繰り返しによる2量子ビット間エンタングルメント生成"
    日本物理学会2010年秋季大会 (大阪府立大学) 2010.9.23
     
  8. Kazuya Yuasa, Daniel Burgarth, Vittorio Giovannetti, and Hiromichi Nakazato
    "Driving Two Fixed Qubits to a Maximally Entangled State by Repeated On- and Off-Resonant Scattering of Ancilla Qubits"
    10th Asian Conference on Quantum Information Science (AQIS'10)
    University of Tokyo, Tokyo, Japan (August 27-31, 2010)
     
  9. Kazuya Yuasa, Daniel Burgarth, Vittorio Giovannetti, and Hiromichi Nakazato
    "Driving Two Fixed Qubits to a Maximally Entangled State by Repeated On- and Off-Resonant Scattering of Ancilla Qubits"
    17th Central European Workshop on Quantum Optics (CEWQO2010)
    University of St. Andrews, St. Andrews, Scotland (June 6-11, 2010)
     
  10. 安藤慧
    "光学格子から解放されたボース凝縮体列の干渉とその揺らぎ"
    第9回量子情報関東 Student Chapter (東京大学) 2010.6.10
     
  11. 奥出淳也
    "補助系に対する観測とフィードバックの繰り返しによる2量子ビット間エンタングルメント生成"
    第9回量子情報関東 Student Chapter (東京大学) 2010.6.10
     
  12. Kazuya Yuasa
    "Interference of Bose Gases and Bose-Einstein Condensation" (invited)
    V Workshop ad Memoriam of Carlo Novero: Advances in Foundations of Quantum Mechanics and Quantum Information with Atoms and Photons (Quantum 2010: 3rd Italian Quantum Information Science Conference IQIS 2010)
    Istituto Nazionale di Ricerca Metrologica (I.N.RI.M.), Torino, Italy (May 23-29, 2010)
     
  13. 奥出淳也・湯浅一哉
    "補助系に対する観測とフィードバックの繰り返しによる2量子ビット間エンタングルメント生成"
    第22回量子情報技術研究会 (QIT22) (大阪大学) 2010.5.10
     
  14. 湯浅一哉
    セミナー @ 早稲田大学 基幹理工学部 電子光システム学科 山中研究室
    2010年4月26日 16:30-18:00 (山中由也教授)
    "2つの独立な理想ボース原子気体間の干渉とボース凝縮"
     
  15. Kazuya Yuasa
    Seminar at Dipartimento di Fisica, Università di Bari, Italy
    17:30-18:30, March 29, 2010 (Prof. Saverio Pascazio)
    "Driving Two Fixed Qubits to a Maximally Entangled State by Repeated On- and Off-Resonant Scattering of Ancilla Qubits"
     
  16. 湯浅一哉・Mauro Iazzi
    "2つの独立な理想ボース原子気体間の干渉パターンの揺らぎとボース凝縮"
    日本物理学会第65回年次大会 (岡山大学) 2010.3.22
     
  17. Kazuya Yuasa
    Seminar at Scuola Normale Superiore, Pisa, Italy
    11:00-12:00, February 17, 2010 (Prof. Rosario Fazio)
    "Interference of Bose Gases and Bose-Einstein Condensation"

 

2009
  1. Kazuya Yuasa
    "Interference of Cooper Pairs Emitted from Independent Superconductors"
    Waseda Meeting "Quantum Technologies: Information and Communication"
    Waseda University, Tokyo, Japan (December 9-11, 2009)
     
  2. Kazuya Yuasa
    59th Qulink Seminar at National Institute of Informatics (NII), Tokyo, Japan
    15:00-16:30, October 21, 2009 (Prof. Kae Nemoto)
    "Driving Two Fixed Qubits to a Maximally Entangled State by Repeated On- and Off-Resonant Scattering of Ancilla Qubits"
     
  3. 湯浅一哉・中里弘道・Vittorio Giovannetti・Daniel Burgarth
    "媒介系の共鳴散乱の繰り返しによる2量子ビット間のエンタングルメント生成"
    日本物理学会2009年秋季大会 (熊本大学) 2009.9.26
     
  4. Bruno Bellomo, Giuseppe Compagno, Hiromichi Nakazato, and Kazuya Yuasa
    "Extraction of a Squeezed State in a Field Mode via Repeated Measurements on an Auxiliary Quantum Particle"
    11th International Conference on Squeezed States and Uncertainty Relations
    Palacky University, Olomouc, Czech Republic (June 22-26, 2009)
     
  5. 湯浅一哉
    セミナー @ 日本原子力研究開発機構
    2009年6月11日 16:00-17:00 (日本原子力研究開発機構 システム計算科学センター マテリアルシミュレーション開発チーム)
    "超伝導体から電界放出される電子対のエンタングルメント"
     
  6. Kazuya Yuasa and Mauro Iazzi
    "Typicality of Interference Patterns between Independent Bose Gases"
    16th Central European Workshop on Quantum Optics (CEWQO2009)
    University of Turku, Turku, Finland (May 23-27, 2009)
     
  7. 小笠原敦・中里弘道・湯浅一哉
    "2次元散乱による2量子ビットエンタングルメント生成"
    第20回量子情報技術研究会 (QIT20) (広島大学) 2009.5.21-22
     
  8. Mauro Iazzi, Kazuya Yuasa, and Rosario Fazio
    "Density Correlations and Interference of Independent Bose Gases"
    Conference on Research Frontiers in Ultra-Cold Atoms
    The Abdus Salam International Centre for Theoretical Physics (ICTP), Trieste, Italy (May 4-8, 2009)
     
  9. Antonella De Pasquale, Kazuya Yuasa, and Hiromichi Nakazato
    "State Tomography of Qubits through Scattering of a Probe Qubit"
    QUROPE09 International School "Quantum Information and Many-Body Systems"
    Il Palazzone di Cortona, Cortona, Italy (May 3-16, 2009)
     
  10. Kazuya Yuasa
    "Entanglement Generation by Scattering an Ancillary Qubit in 3D"
    Problemi Attuali di Fisica Teorica (15th ed.)
    Lloyd's Baia Hotel, Vietri sul Mare, Italy (April 3-5, 2009)
     
  11. 湯浅一哉・大場一郎・田崎秀一・中里弘道・Paolo Facchi・Rosario Fazio・Saverio Pascazio
    "超伝導体から電界放出される電子対のエンタングルメント"
    日本物理学会第64回年次大会 (立教大学) 2009.3.27
     
  12. Kazuya Yuasa
    Seminar at Scuola Normale Superiore, Pisa, Italy
    11:00-12:00, February 27, 2009 (Prof. Rosario Fazio)
    "Entanglement Generation by Scattering an Ancillary Qubit"
     
  13. 湯浅一哉
    セミナー @ 産業技術総合研究所
    2009年1月7日 13:30-15:00 (産業技術総合研究所 ナノテクノロジー研究部門 川畑史郎主任研究員)
    "超伝導体から電界放出される電子対のエンタングルメント"

 

2008
  1. 湯浅一哉・大場一郎・田崎秀一・中里弘道・Paolo Facchi・Rosario Fazio・Saverio Pascazio
    "超伝導体から電界放出される電子対の非局所的相関"
    第19回量子情報技術研究会 (QIT19) (大阪府立大学) 2008.11.20-21
     
  2. 湯浅一哉
    セミナー @ 日本大学
    2008年11月10日 10:00-11:00 (日本大学 量子科学研究所 井上修一郎教授)
    "Nonlocal Correlation of Electrons Field-Emitted from a Superconductor"
     
  3. 湯浅一哉・肥田雄一郎・中里弘道
    "三次元散乱問題として捉えたエンタングルメント生成II"
    日本物理学会2008年秋季大会 (岩手大学) 2008.9.20
     
  4. Kazuya Yuasa
    "Correlation of Electrons Emitted from a Superconductor"
    Quantum Information, Quantum Coherence and Related Topics
    Waseda University, Tokyo, Japan (September 16-18, 2008)
     
  5. Kazuya Yuasa
    "Master Equation in the Presence of Initial Correlation with Reservoir"
    Quantum Entanglement and Decoherence: 3rd International Conference on Quantum Information (ICQI)
    Boston Marriott Copley Place Hotel, Boston, Massachusetts, USA (July 13-16, 2008)
     
  6. 湯浅一哉・大場一郎・田崎秀一・中里弘道・Paolo Facchi・Saverio Pascazio
    "粒子源から放出されるビーム中の2粒子量子干渉の場の理論的取り扱い"
    日本物理学会第63回年次大会 (近畿大学) 2008.3.26
     
  7. Kazuya Yuasa
    "(Anti-)Bunching of Fermions Emitted from Normal- and Superconductors"
    Problemi Attuali di Fisica Teorica (14th ed.)
    Lloyd's Baia Hotel, Vietri sul Mare, Italy (March 14-19, 2008)
     
  8. 湯浅一哉
    "射影演算子法によるマスター方程式の導出と初期相関" (invited)
    「量子応答・量子ダイナミックスの新展開」 (ホテル談露館, 甲府) 2008.2.16-18
     
  9. Kazuya Yuasa
    "Master Equation in the Presence of Initial Correlation with Reservoir"
    Workshop on Entanglement and Quantum Decoherence (EQD)
    Nara-Ken New Public Hall, Nara, Japan (January 28-30, 2008)
     
  10. Kazuya Yuasa
    "Introduction to the Activities of the Waseda Group"
    Decoherence and Field Emission
    Università di Bari, Bari, Italy (January 9-11, 2008)
     

 

[back to home]