最近の調査によれば、図書館でボランティアをしたいという人が大変たくさんいるそうです。図書館がこのように社会一般に浸透してきたことは誠にうれしい限りです。しかし、日本社会では図書館司書の認知度はまだ低く、図書館の仕事の内容が正確に把握されているわけではありません。 「図書館司書」とは図書館・図書室・資料室などの図書関連施設で資料と利用者とを結びつけることを主な任務とする職業をなりわいとする人たちのことです。
図書館司書の仕事は、これまで図書館の利用者と図書館に所蔵されている資料とを有機的に結びつけることでした。それは、資料の収集・組織化・利用提供・保存という資料のサイクルに携わり、利用者が図書館の資料に容易にアクセスできるようにする仕事でした。今日でもこのような仕事は司書にとって最も重要な仕事であることに変わりありませんが、それだけでは決して十分ではなくなってきています。
現代の高度情報社会では、司書の仕事は図書館が所蔵する資料ばかりでなく、さらにインターネット上に散在する情報など図書館外の情報へも利用者を導き、情報活用能力を育成・促進することがさらに求められるようになっています。もはや、司書にとってインターネット情報資源の検索・提供ばかりでなく、インターネットでの情報発信すらも重要な仕事になってきています。つまり、情報の専門家としての仕事が求められています。
しかし、このような仕事をしていれば誰でも「司書」というわけではありません。業務のアウトソーシングが進んだ現代の図書館ではそこで働いていてもそれを専業としている人ばかりではありません。司書とは、さらに正確に言えば、大学で図書館司書資格を取得し、図書施設で専任として働いた経験を持った人のことです。つまり、司書になるためにはまず司書資格を取得することが必要になります。司書の資格は国で定められたカリキュラムを受講し単位を修得することで得られますが、司書資格を取得したからといっても、司書として働くのは我が国では極めて狭き門であります。
我が国では公共図書館の司書採用では資格は特に重要ですが、私立大学図書館などでは必ずしも資格を条件としない図書館もあります。したがって、司書の資格はあまり役立たない場合があります。ところが、図書館司書関連科目は学習や調査研究の基礎となるような内容のものがいくつもあります。皆さんは、自分の調査研究に役立てるというつもりで授業に臨んでください。

参考:司書について(文部科学省)
    学校図書館司書教諭 よくある質問集(文部科学省)
    「司書教諭」と「学校司書」及び「司書」に関する制度上の比較(文部科学省)

司書募集情報:
  国立国会図書館職員採用情報
  国立大学法人等職員統一採用試験に関するお知らせ
  日本図書館協会「図書館関係求人情報」

トップへ