草模様

草原考古学とは

 「草原考古学 Steppe Archaeology」という言葉はまだ生 まれて間もないために一般にはあまりなじみのない言葉です。そのため、どのような考古学の分野であるのかすぐにわかる人はそう多くはないでしょう。ここで少し説明しておきましょう。
 「草原考古学」と はユーラシア大陸中央部いわゆる中央ユーラシアに連綿と広がる大草原地帯に生起した文化につ いての研究分野です。この地域は古くから遊牧民が活躍する舞台であったため、定住農耕地域 に通例見られるような集落址はわずかで、たとえ存在してもその活動期が長くないため文化層は厚く堆積することなく、農耕地域の集落址のように何層もの層位は形成されませんでした。そのために集落址を基準とした年代学研究を困難なものにしています。したがって、この地域における編年研究は、主に埋葬址の形態、および埋葬址から出土した遺物あるいは埋葬址とは別に一括して埋納された遺物の型式などが最も重要な資料となっています。
 「草原考古学」の研究テーマは例えば、馬の家畜化の問題、遊牧の起源、動物文様、鹿石、古墳の形態、埋葬型式、武器、車馬具、工具、装飾品、銅フク(おかま)、宗教・神話・伝承、遊牧民の政治社会経済的問題などがあり枚挙に暇がありません。

トップへ


草模様