カーボンプライシング・環境税

Theme

カーボンプライシングを中心とした市場メカニズム(環境税や排出量取引)を用いた環境政策の研究をしています。排出量取引は温室効果ガス排出削減を実現する経済効率的で確実性の高い手法として、EUや中国で進められています。日本でも、東京都と埼玉県が実施しており、注目が集まっています。近年は、環境研究総合推進費(2-1707)を受託し、主に東京都と埼玉県に焦点を当てた政策効果検証の事後研究をしています。

また、企業の国際競争力に配慮したカーボンプライシングの制度設計の検討をしてきました。最近では二重の配当の政策も研究しています。

主要な関連活動・業績

①査読付き論文

A computable general equilibrium analysis of environmental tax reform in Japan with a forward-looking dynamic model

Sustainability Science, Sustainability Science, published online (open access), pp.1-19. (Coauthor, Shiro Takeda)

アジアにおける脱炭素社会に向けた国際協力の可能性 -カーボンプライシング・市場メカニズムの視点-

環境経済・政策研究, Vol. 13, No. 2, pp. 70-74. (有村俊秀・杉野誠)

Energy-Related Environmental Policy and its Impacts on Energy Use in Asia

Asian Economic Policy Review, published online. (2020), pp. 1-18, (Coauthor, Makoto Sugino)

The Impact of the Tokyo Emissions Trading Scheme on Office Buildings: What factor contributed to the emission reduction?

Environmental Economics and Policy Studies, published online. (2020), pp.1-17, (Coauthor, Tatsuya Abe)

Labor Market Distortions and Welfare-Decreasing International Emissions Trading

Environmental and Resource Economics. (2019) (Shiro Takeda, Toshi H. Arimura & Makoto Sugino)

Cost-efficient strategy for reducing PM 2.5 levels in the Tokyo metropolitan area: An integrated approach with air quality and economic models

PLOS ONE, Vol. 13 (11): e0207623,(2018) pp. 1-18. (Yushi Kunugi, Toshi H. Arimura, Kazuyuki Iwata, Eiji Komatsu & Yoshie Hirayama)

Output-based allocation of emissions permits for mitigating the leakage and competitiveness issues for the Japanese economy

Environmental Economics and Policy Studies, (16),(2014) pp. 89-110. (Shiro Takeda, Toshi.H.Arimura, Hanae Tamechika, Carolyn Fischer & Alan K. Fox)

The effects of alternative carbon mitigation policies on Japanese industries

Energy Policy, 62,(2013) pp.1254-1267. (Makoto Sugino, Toshi.H.Arimura & Richard D. Morgenstern)

炭素価格の二重配当 -環境と経済の同時解決に向けて-

『環境経済・政策研究』11(2),(2018) pp. 73-78. (有村俊秀・武田史郎・尾沼広基)

②レポート

International Cooperation on Climate Policy from the Japanese Perspective

International Cooperation in East Asia to Address Climate Change,Edited by Robert N. Stavins and Robert C. Stowe, Harvard Project on Climate Agreements with the support of The Harvard Global Institute,(2018) pp. 23-26.  (Shiro Takeda & Toshi H. Arimura)

The Potential of Carbon Market Linkage between Japan and China, Carbon Market Cooperation in Northeast Asia: Assessing Challenges and Overcoming Barriers

Asia Society Policy Institute (ASPI) report,(2018) pp. 1-11.  (Toshi H. Arimura)

③解説

EUが「輸入品に炭素税」日本製品にも影響する可能性

『週刊エコノミスト』(2020年3月17日号)pp. 70-71.

脱炭素社会への切り札:カーボンプライシング(第28回経済学者が読み解く現代社会のリアル)

『週刊東洋経済』第6871号(2019年8月3日号), pp. 114-115. (共著:武田史郎)

環境問題を経済学で解決:排出量取引って何?

『経済セミナー』No.701(2018.5)pp. 35- 39. (有村俊秀)

カーボンプライシングその課題と展望

『環境会議,』51号,(2019) pp. 44-49 (有村俊秀)

ノードハウス『温暖化の経済分析』CO2による損失をモデルに暗示

『週刊エコノミスト』2018/11/20 (2018) pp.68-70. (有村俊秀)

④書籍

Carbon Pricing in Japan (オープンアクセス)

Springer(2020年9月)(共著編:松本茂)

地球温暖化対策と国際貿易: 排出量取引と国境調整措置をめぐる経済学・法学的分析

東京大学出版会(2012). (有村俊秀・川瀬剛志・蓬田守弘)

排出量取引と省エネルギーの経済分析: 日本企業と家計の現状

日本評論社(2012) (有村俊秀・武田史郎)

温暖化対策の新しい排出削減メカニズム:二国間クレジット制度を中心とした経済分析と展望

日本評論社(2015) (有村俊秀)