早稲田大学 予防医学    鈴木克彦研究室

 

   文部科学省 科研費

■現在、実施中の研究課題

基盤研究(A)、2020〜2023年度
 骨格筋由来の生理活 性因子による運動効果の機序究明とバイオマーカーの開発

国際共同研究強化(B)、2020〜2022年度
 運動により分泌され るエクソソームの機能解析と生理的役割の解明

■実験機器紹介

マルチプレートリーダー
 吸光、発光、蛍光を384プレートまで定量できるハイスループット測定システム。

蛍光顕微鏡
 組織・細胞の特定分子の局在等を形態学的に画像解析、細胞動態のビデオ撮影もできる。
フローサイトメーター
 細胞表面の特定分子や細胞機能について複数の測定変数を同時に解析できる。
フリーラジカル解析装置 F.R.E.E
 血液や唾液や溶液の酸化ストレスマーカー(過酸化物、抗酸化力)の測定に使用できる。
real-time PCR
 mRNAやmiRNAの発現量をcDNAに変換してPCRで増幅することで定量できる。

クライオスタット
 組織標本の作成装置(凍結ミクロトーム)で、免疫組織染色等の標本作成に使用する。