㈼.用語解説・利用法



㈼−1 注の付け方

論文が論理性・学術性を維持するためには各種の注記が必要であり,さらに注記の形式も整えなければならない.それらの注記の使い方を以下では説明する.なお,文献の具体的表記法は第㈽部㈽,㈿章を参照せよ.

㈰注の内容からみた種類・利用法

a.引用注

本文中に他人の文言を利用することで,論旨を補強したり,説得力を上げることができる.論文である限り,そのようなときにはどこから引用したかを絶対に明示しなければならない.引用した文言は「」で囲み,原則的には,本文中の引用文の箇所に(2) 等を記し,脚注あるいは論文末の後注に引用文献を明記する.

b.出所注

本文中で利用した各種資料の出所は,学術的論文である限り明示しなければならない.原則的には,それらの資料を記載した文章の末尾に注番号(3) 等を記し,論文末の後注に出所文献等を明記する.なお,本文中または注記中の文献名のところで著者名〔発行年〕,もしくは著者名〔文献番号〕の形式で記し,文献目録に通し番号をつける形式もある.詳細は㈽−3を参照せよ.

c.説明注

本文中で,論旨に直接関係はないが,内容の理解を補強させるためにつける.また,論旨がいたずらに複雑になるのを避けるためにも適宜利用される.

㈪注の形式からみた種類・利用法

a.割注

上記㈰の各注等を本文中で( )内に記す.外国語の原名,年や通称名など非常に簡単なものに限定した方がよい.

b.側注および脚注

上記㈰の各注等を原稿用紙の側部や脚部に記す.

c.後注

上記㈰の各注等を後部にまとめて記す.各章ごとにまとめる場合や,論文全体の末尾にまとめる場合などいろいろある.卒業論文の場合は,各章の末尾につけるのがよい.

㈼−2 文献目録のつけ方

ここでは各種文献の利用法からみた区別についてのみ説明する.具体的表記法は第㈽部㈽,㈿章を参照せよ.

㈰引用文献

本文中で引用した文献であり,引用ページまで正確に記す.

㈪参考文献

論文作成に際して,その基礎となるアイディアを提供した文献.

㈫参照文献

本文中の論旨を展開していく上で,直接的にその考えを提供したか,大枠としての資料を提供した文献.参考文献よりは直接的に内容に関連するが,引用文献のように厳密に内容に一致してはいない.原則的には,参照したページ(複数にわたることもある)や章なども記す.

㈬文献目録(文献リスト)

上記㈰,㈪,㈫の各文献を一括したリスト.ただし,上記㈰,㈪,㈫のようになんらかの意味で各自の論文作成に関係した文献とは別に,各自の論文に関連する分野について,文献群そのものを独立的に調査して文献目録を作成することもある.

㈭文献解題

各文献に説明を加えたもの.


ホームに戻る